#ディーンフジオカ 音楽制作&リリースの裏側を暴露 #sm765 #fmcocolo765 #fm802

OSAKAN HOT 100

チェケラ

スポンサーリンク



マーキー x DEAN FUJIOKAによるFM COCOLO「DEAN FUJIOKAのCh-Ch-Ch-Check it Out!!!」2018年初回は新年の目標&ディーンが語る音楽制作とリリースまでの裏側。ベストな制作スケジュールは?

DJ:マーキー x DEAN FUJIOKA

マーキー:さあ2018年1回目のチェケラ!今年もディーンよろしくお願いします。

ディーン:よろしくお願いしまーす

マーキー:本年もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ディーン、2018年のネクストレベル

マーキー:まあまあ、年末年始皆さんも休んだり遊んだりしたと思うんですけどもねえ、新年というのはみんなね、”一年の計は元旦にあり”っていうことでね、いろいろ一年こういうイメージでいこかとかいろいろ計画を立てたりするんですけども、ま、”ネクストレベル”が口癖のディーンのとってはですね、やっぱり常に”ネクストレベル”、2017年から”2018年、もうどんな年にしようか、新たにチャレンジしたいこととか”っていうのを聞いてみたいなと。

ディーン:うーん、まあとにかくもっと音楽やるって感じですかね。

マーキー:おお、音楽増強、確かにライブもツアーもひかえてますしね。

ディーン:やっぱ何かこう、2017年は音楽に触れてる時間が少ない中で結構切り詰めていろいろ作ったりやったりしてきたから、2018年はもう少し

マーキー:腰据えてというか?

ディーン:腰据えてというかもう、ちゃんと音楽と向き合っていろいろ、じっくりやりたいっすね。

マーキー:ああ、その”向き合う”という作業の中には例えば誰かのライブに行ってみるとか、そういうのも含んでるってこと?

ディーン:そうっすね、この前平井堅さんのライブ、見に行ったんすけどもうハンパなかったですね。

マーキー:ええ、すごかった?

ディーン:すごかった。あまりに素晴らしすぎてライブ終わった後に悲しくなっちゃって。

マーキー:何で終わるの?みたいな?

ディーン:いやあもう、すごかったです。

マーキー:ええ。ライブ後に挨拶に行った?

ディーン:そうですね。そういう機会を作ってくださって。ま、その前日とかその後とかも歌番組で平井さんと現場で一緒だったりもして、なんかすごく不思議な

マーキー:他に知り合ったミュージシャンはいる?

ディーン:ゴールデンボンバーさんかもしれない…。前何か一回イマキョウ(「今からあなたを脅迫します」)のことをネット上で結構面白いとかいろいろ言ってくれて、その後何か別の歌番組ですれ違いになった時に、ライブ見ていただいて、それイマキョウ撮ってる時…ちょうど5話とか6話だったかな…移動中にライブ…さいたまスーパーアリーナの見せてもらって、すっごい面白くて、爆笑しながらイマキョウの待ち時間とかに見させてもらった思い出があって。

マーキー:じゃあ音楽の現場から結構ネットワーク広がったりそういう感じはするよね。

ディーン:音楽だけじゃなくて、バラエティとか全部つながってますよね。連ドラやったりバラエティ出たり、歌番組とか、いろんなジャンルの仕事をやってるともう、結局同じメンツが違う場所にいるみたいな感じなんだなあと思って。例えばヘイセイジャンプの皆さんとはホントにいろんなところで…映画でもご一緒させてもらったり、バラエティだったり歌番組だったりね。おっきい奴だと大体ご一緒させてもらうし、TOKIOさんたちもそうだし。同じアミューズでも福山さんだったりperfumeさんだったりね。いろいろアドバイスをいただいたり。

マーキー:perfumeからどんなアドバイスもらうの?

ディーン:いや、なんかすごい3人ともすごい優しくて、何か僕、初めてのイベントとか多いじゃないですか。でっかい年末のフェス系の流れって。いろんな人が出てるから次どうなるのかっていちいち一人一人1アーティストずつに丁寧に説明がやっぱり難しかったりするじゃないですか。あんだけ人が集まっちゃうと。そういう時に「次はこっちですよ」みたいなこと教えてくれたりしてすごい素敵な…優しいアドバイスを先輩からいただいております。

マーキー:いやあ、そうか。先輩からいただいておりますか。

ディーン:だからもっとパフォーマンスする機会を増やしたいですね。なるべくライブの本数増やしたいと思うし、更に2019年に向けてもそこを通って行かないとなかなか難しくなってくるなと思うから。なのでお客さんがいてくれての成立するライブだと思うんで、一人でも多くの人に、自分の今まで作ってきた1曲1曲を届けるっていうことをしたいですね。2018年は。

MUSIC:DEAN FUJIOKA「Let it snow!」

Ituneより購入DEAN FUJIOKA