ラスト2回! #ディーンフジオカ「興味をそそられたもの…あのゲームですかね。”ンー・サップ”ってやつで」#fm802 #fmcocolo765 #sm765 #DEANFUJIOKA

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

DEAN FUJIOKA x マーキーによるFM COCOLO「DEAN FUJIOKAのCh-Ch-Ch-Check it Out!!!」多忙のディーン。体作りは最近してる?最近興味をそそられたものは?&重大発表も。

DJ:マーキー x DEAN FUJIOKA

スポンサーリンク

ディーンに時間を!

マーキー:まあ、日がどんどん過ぎてっておりますけども、ライブモードも終わってドラマモード突入中ということですけどもね。音楽制作は継続中というディーンですけども、いろいろネクストレベルのディーンですから、いろんなサウンドにチャレンジすると言いますか、取り入れようとは思っているんですけども、気になる音もいろいろ引っかかったりしたらそれを入れようかなあみたいな風に思ったりしてるんですか?

ディーン:そうですね…。まあ、どっちかっていうとコンセプト次第でこういうサウンドが必要だからその分野でのアップデートはどんなものがあるのかなあみたいなのを引っ張ってくる感じですかね。だから音先行ではあんまり考えないようにしてるっていうか、それだとファッションになっちゃうから。”なぜこの曲を作るのか”みたいなものをまず大事にして、それでゆえにこういうサウンドの世界にするのが、ストーリーを伝えて行く上で一番効果的だなって思うものを選択している感じですかね。

マーキー:効果的かどうかって言うところでいろんな音やアイディアが出てくるんでしょうね、きっとね。

ディーン:基本、普段何も考えずに聴いてるっていうのが大事ですよね。「これ、いいなあ」とか思うものが自分の中でデータベース化されて、「今度はこういう曲を作らないと」っていう風になった時に、じゃあ歌詞がこういう風な感じになったとしたら、BPMがどんくらい、スローなのか速いのかみたいのとか、コードの進行の感じがメジャーからなのか、マイナーからになるのかとか、そういうのと一緒ですよね。どういうサウンドのチョイスがストーリーテリングをする上で背景の絵にピッタリハマってくるかっていうのをトライして、ハマればその方向で行くし、ハマんなかったら別の方法考えるしっていう。

マーキー:必ずハマるやつが現れるっていうことやんね。

ディーン:そうですね…。まあトライしてみないと分かんないですねそれは。

体動かしてますか?

マーキー:逆に体動かす方は?スポーツの方はどう?

ディーン:そうですね…。とにかく時間が欲しいすね。時間がなさ過ぎてちょっとおろそかになっちゃってるから。

マーキー:ディーンに時間を。そうやなあ。

ディーン:運動したい物事を高めてくって、集中してガッてやることも大事なんですけど、定期的にやり続けるってことを大事じゃないですか。特に運動とかに関しては、休みってのもすごく大事だし、サイクルの中で休息ってのが大事なんですよね。そこでもともとなかった筋肉繊維が生まれたりとか。食べることも大事だし。そういうのを戦略的に考えてルーティーンを組んでいくっていうことの方が大事だと思うんで、ちゃんと1日最低睡眠時間が〇時間あって、こういう時間帯でこういうものを食べるとか、このタイミングで運動だったりだとか練習だったりだとか、そういう組み方ができないと進歩はないですね。

マーキー:なるほど。

MUSIC:DEAN FUJIOKA「Let it snow!」

リリース:2017/12/20

iTunesにて購入DEAN FUJIOKA