#ディーンフジオカ 渾身のツアーグッズ「今回僕が作ったやつ、これでフォーを食べてください。」#sm765 #fmcocolo765 #fm802

スポンサーリンク



マーキー x DEAN FUJIOKAによるFM COCOLO「DEAN FUJIOKAのCh-Ch-Ch-Check it Out!!!」ツアーグッズにもディーンのこだわり。フォーのボール&レンゲセットはこれを使え。

DJ:マーキー x

スポンサーリンク

“History In The Making 2018″名古屋公演無事終了しました。

所属事務所アミューズによるDEAN FUJIOKA公式ウェブサイト

マーキー:ということで元気そうな声をしておりますディーンですけどもね、よかったよかったツアー始まりましたあ。初日の名古屋も終わりました。

ディーン:ついに、History in the making

マーキー:初日、どんなスタートでしたか?

ディーン:そうっすね。もうホント楽しみにしてたんで、

マーキー:皮切りやしねえ。

ディーン:すごいアドレナリンが出まくってって感じですね。

マーキー:出まくるやろなあ。今から行くぞっていう、リハも重ねてきてさあ、ここから本番って感じやもんなあ。

ディーン:もちろん、去年のツアーの時と内容だいぶ違うんですけど、同じタイトルをつけてるっていう、2017と2018の違いがだいぶ大きいんで、それを早く見せたいっていう。誰かに伝えたい…気持ちが前に走っちゃうみたいな時あるじゃないすか。早く教えたい。

マーキー:早く教えたい、伝えたいわあ。

ディーン:その気持ちで前のめりなのがいい感じでバンド、スタッフみんな一丸となって初日、無事楽しく終えることができたと思いますね。

マーキー:じゃあまあいいスタートを切ってこの後ツアーが続いていって大阪フェスティバルホールへと流れ込んでいくというような?楽しみですねこれは。

ディーン:楽しみですね。

マーキー:やっぱりツアーとか重ねていくとバンドのメンバーとか他のスタッフとかもいろいろ現地でもの食べたりしながら時間を共有していくわけで、そこには何かまた化学反応とか起こってきたりとかもするかも分からないすね。

ディーン:そうですね、一緒にいる時間が長ければ長いほど、余分な時間て言うんですか、余った時間がすごく意味が出てくるっていうか、アイドリングしてる時間がすごくそこから新しいコミュニケーションが生まれたりとか、今まで自分が気付かなかったことのヒントになったりとか、意外となんかこれやりますっていうリストをクリアしていくことももちろん大事なんですけど、その合間合間のコミュニケーションがすーごい充実してるのを同時に感じながらリハもやってたし、今回の名古屋もそうだし、1回1回、1日1日、1曲1曲がすごい吸収率ですよ。いろんなことをみんな多分そういう熱量みたいなものをお互いに感じてるんじゃないかなあって思いますね。

東京での大雪の中、ディーンは…

マーキー:熱と熱がぶつかってるっていう感じやね、もう。それはもうどの会場でもみんな楽しみに待っていただきたいなって思いますけども、東京は雪が大変でホントに「Let it snow!」。もうこの曲作ったから東京雪だらけになってるっていう感じですけどもね。

ディーン:(笑い)ええ、そうなんです。

マーキー:結構積もったんですけどユキムシさんがね、”その日ディーンはどんな1日過ごされたんですか?”ていうね、雪が降ってる日に表歩いたとかあった?

ディーン:あの日は…そうすね、ずーっとリハやってて、地下のスタジオで。で結構丸1日ずっといたから、気づいたら、外出たらめっちゃ雪積もってるっていう。で帰り、車が動かなくなっちゃって、結構3、4人に押してもらって、車…やっとこう、おっきな道に出られたっていう。

マーキー:結構ちゃんと大変なことになってるやん。

ディーン:そうですね、それでなんか久しぶりに東京で雪観たなあと思って、「Let it snow!」を歌いながらインスタにアップしちゃって。すごかったですねえ。意外と歩いてる人と雪に対するテンションが違うっていうか、車の中にいる人の方が怖いですよね。それこそケガさせちゃったらどうしようとかあるじゃないですか。歩いてる次の日だったかな、

マーキー:ようコケとったでみんな。ツルッと横断歩道の手前くらいで。

ディーン:危ないですね。危ないけれど結構雪を楽しんでる人とかもちらほら見かけて、「Let it snow!」が合う季節になったなあと思いました。

マーキー:どっかではスキーとかスノーボードやってるやろね。公園とかの坂で。結構「シュッ」とだけでもええやん。大阪で滑った、東京でスキー滑った。っていう記憶、そのためだけにみたいな。そんなことやってる人もおるのかなと思ってね、

ディーン:いそうですね。

マーキー:いてるわ絶対。

ディーン:結構積もってたから。

MUSIC:DEAN FUJIOKA「Let it snow! YUC’e Remix」

リリース:2018/02/04

iTunesにて購入Let it snow! YUC’e RemixDEAN FUJIOKA¥250

フォーにこれを使え!オフィシャルのボール&レンゲセット

マーキー:さて今回ね、前回か、ツアーグッズの話をしたときに、”ディーン顔のついたフィンガーボールが欲しい”みたいなこともあったりしながら、”そんなものはツアーグッズにないやろ”とか言ってたら、ホンマに何か「フォーのボウル&レンゲセット」言うのがあったん?

ディーン:そうなんですよ、作ったんですよ。

マーキー:大爆笑してたらしいですよ皆さん。

ディーン:いやあこれ、めっちゃ使いやすいの作って、かなりこれ研究に研究を重ねて、デザインもそうだしボディーの各形状もそうだし

マーキー:あるの?そういう形状というのは。

ディーン:結構ありますね。いろいろ種類があって、レンゲも。

マーキー:レンゲも小さいの大きいのてのはあるなあってのは思うんですけどね。

ディーン:そうですね。後はフックがついてるかどうかとか。

マーキー:フック?

ディーン:あれって、中に沈んじゃう時あるじゃないですか。そういう風になんないように。

マーキー:なるほど、最後にクルっと周ってるところね。あれがついてるかついてないか。なるほど、ボールの深さがあるんかな?

ディーン:そうですね、丸もあれば楕円ぽいのもあればより四角に近い…角はついてないですけど、深さとかスロープの形が違うじゃないですか。

マーキー:急斜面か緩斜面かみたいな?フォーは一番どれがいいと?

ディーン:今回僕が作ったやつを見ていただければこれが答えです。これでフォーを食べてくださいっていう

マーキー:もうすべての角度、すべての傾斜具合もこれがもうバッチリやと。

ディーン:これがフォーを食べる、オフィシャルのボールとレンゲのセットです。

マーキー:フォーオフィシャルのボール&レンゲセット。これ欲しいなあ。すぐ売り切れてるん違いますか?これか、見て…ああ、可愛い。めっちゃ可愛いやん。

ボールとレンゲセット

ディーン:色とかもめっちゃこだわって。

マーキー:色もいいなあ。色大好きや、この色。俺この色のね中華料理屋さん、この食器使ってるからだけ行くとこあるんですよ。

ディーン:へええ。

マーキー:このブルー。

ディーン:いいですよね。

マーキー:エメラルドブルーって言うのかな。

ディーン:ティファニーブルーというか、ちょっと「靛」(diàn、ディーン)という中国語の色をちょっとだけいじった感じのニュアンスにしてますね。

マーキー:いいっすね、これは。こういうものだったのか。フォーのボール&レンゲセット、今ならお買い上げの方、もう一つついてみたいな。そんなものはないか。

ディーン:現場で、どういう状況かライブやってたから分かんないんですけど、物販のところにはまだどういう状況か

マーキー:行かな、行かなて。

ディーン:いろいろと他にやることがあって。

マーキー:みんなもう大爆笑でそれを楽しんでたそうですけども、ファン版の限定グッズだけはディーンのイラストがついてるということなんですけれども、そのイラスト見たんですけどもこれが「誰描いたん?」て言ってみんな結構話題になってんですよ。この可愛らしい、道頓堀にありそうな。

ディーン:いいっすねえ。

マーキー:これ何?ディーンが描いたわけじゃないよね。誰かが描いてくれたんですよね。

ディーン:もちろんです。イラストレーターの方がニムラさんって方が描いてくれて

マーキー:ライブのステージだけじゃなくてこうやってグッズの方もいろいろ楽しい展開でいいっすねえ。

ディーン:いろいろ一アイディア詰め込んでますね1個1個に。

マーキー:このTシャツがカタカナで”ディーン”て書いてある(笑い)。可愛らしい

4月からのドラマに主演します。

マーキー:そんな中、ディーンさん。主演ドラマの情報が発表されました。これまた、ツアーが終わればドラマですか?

ディーン:そうなんです。ホントにもう…

マーキー:4月スタートの新ドラマ、毎週木曜午後10時~10時54分。「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐~」。主演・ディーンフジオカ、関ジャニ∞大倉忠義さん、山本美月さん、新井浩文さん、高橋克典さんといったメンバーで。これは何ですか、「モンテクリスト伯」っていうのは聞くところによると「巌窟王」という小説のドラマ化ということですかね。

○タイトル○ - オフィシャルサイト。毎週○曜よる○時放送。番組紹介文、出演者、キーワードなど。

ディーン:その通りでございます。ま、現代の日本に舞台を変えて、復讐劇ですね。

マーキー:復讐。これはこれでまた今はとにかくツアーということで、ドラマはそれが終わってから集中するというような。

ディーン:そうですね。多分ツアー後半になってくるといろいろとフィッティングとかいろいろ打ち合わせとかなんちゃらあると思うんですけど、でも基本2月はツアーずっとやって、3月からドラマのスタートって感じですね。

マーキー:今やっぱ頭の中、現在は音楽という。

ディーン:そうすね、新曲の制作とかも何個か同時進行でやってるんで。

マーキー:かなり音楽エネルギー。

ディーン:あと、CMの撮影、昨日もCMの撮影やってたりとかいろいろ何か他の報道の仕事とか、俳優以外の仕事が2月はドバっと。

マーキー:すごいねと思うね。みんなは、俺も含めてそうですけども、ディーンの持ってるエネルギーが自分に使えるというんですかね、いただいてるというんですかね、そういうように思うんでね、「がんばれー、ディーンがんばれー」みたいな感じで。

ディーン:そう言っていただけることが一番エネルギーの元になりますね。。

マーキー:細かいことは分からないすけど、みんなねいろんなことが発信されてもディーンの持ってるエネルギー自体をいただくっていうか、いただくって言ったらおかしいですけどね。

ディーン:曲を作る時にも魂を込めて作ってるんで、届くといいなと思って。

マーキー:よく伝わっております。4月からもドラマが始まってますます…ということです。

MUSIC:MICHAEL JACKSON「Billie Jean」

リリース:1982/11/30

iTunesにて購入Billie Jeanマイケル・ジャクソン¥200

その他の記事は人気ブログランキングから

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。