[FM802]OSAKAN HOT 100 ~8/5付チャート展望、Years & Yearsはどこまで上がるか?

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

どうもです。「フジロック」に行かれた方、お疲れ様です。時折スコールみたいな雨が降ったものの(これは毎年よくあること)、好天と猛暑の中3日間無事に開催されたようですね。FM802でもライブ音源がオンエアされていて臨場感を少しでも味わっている方もいらっしゃることでしょう。毎年恒例となっている振り返りスペシャルですが、8/19と26日の「BINTANG GARDEN」で放送されます。そしてこちらも恒例となっているライブ音源のオンエア祭りは、19日の深夜0時から5時まで「FREE SPIRIT」と呼ばれるひたすら音楽がかかりまくる時間帯での放送となります。ちなみに19日というと当日はサマソニの最終日。各自サマソニに参戦して、帰ってからフジロックを振り返ることになるのでしょうか。

スポンサーリンク

オンエア解禁後即かかりまくるラジ友が好きなバンドたち

onair

ではオンエアの傾向です。8月のチャートとなりますが、集計期間は7月いっぱいということで依然7月のヘビロがオンエアを稼いでいます。今週最もオンエアされたのは洋楽ヘビロだったジョルジャ・スミスの「Blue Lights」で45回、次いで邦楽ヘビロだったSUNRISE IN MY ATTACHE CASEの「Tell Me Why」が39回となっています。

で、その次にオンエアが多い曲となると新曲が続々と続きます。「ROCK KIDS 802」でリクエスト上位になりそうな、常連バンドたちの曲がずらりと揃ってますね。

まずはBUMP OF CHICKENの新曲「望遠のマーチ」。スマホ用ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」のCMソングとして起用されています。802では23日のオンエア解禁から正味8日間で29回というべらぼうなオンエア数を稼いでいます。しかもいきなり今週から総合2位のレコチョクデジタルセールスも加算され、初登場でのTOP10入りが有力視されていますね。まあ最近のバンプはタイアップものが多くてあまり面白味がないですね。「妖怪ウォッチ」だったらキングクリームソーダを使えばいいじゃんと思うのですが。

続いて「MEET THE WORLD BEAT」への出演もあったsumikaも新曲を8月にリリース。両A面となる「ファンファーレ/春夏秋冬」から「ファンファーレ」が7月25日0時にオンエア解禁になり、さっそく1週間で21回とオンエアを稼ぎました。なんでも映画主題歌となっているということで15回も書き直した力作をアピールしているようですが、こういう時ってえてして外す場合が多かったりするというのがね。逆に10分でサクッと作った曲とか、書き下ろしじゃなくてストックを出したら高評価されたりとかが多かったりするのが音楽界ではよくあること。ちなみにこのあおりを受けて、先週8位まで戻ってきた「フィクション」はオンエアが3回まで急降下。お疲れさまでした。

ドームツアー中のback numberも新曲を出しました。「銀魂2」の主題歌となっている「大不正解」がオンエア数19回。これで5作連続?という映画主題歌。どうせ今回もラブストーリーに女々しいラブバラードなんだろう、と思いきや、なんとビックリ、バラードじゃないんですよ。そもそも「銀魂2」ってラブストーリーなのか?今回のプロデューサーは蔦谷好位置氏ですね。直近だと「僕の名前を」でタッグを組んでいましたか。ただ蔦谷氏プロデュース作ではback numberはまだ1位を出してないんですよね。今回もリリース的にはかなり強豪が上位に居座っているでしょうし、厳しいでしょうね。

ではチャート上位陣のオンエア数です。先週1位に上り詰めたあいみょん「マリーゴールド」は16回と相変わらずの好調さ。今週からはデジタルセールスも少しは入ってくるでしょうしまだポイントは伸びそうですね。

変わって先週2位のクリープハイプ「栞」は9回、3位のSuchmos「VOLT-AGE」は意外にもフジロック特需とはいかずに8回、4位に上がってきた[ALEXANDROS]「Mosquito Bite」が5回、更にTOP5入りしたJustin Timberlake「SoulMate」が4回、6位の宇多田ヒカル「初恋」も4回とこの辺りオンエアが伸びていません。

これと対照的にオンエアが絶好調なのが2週目で7位に入ってきたMrs. GREEN APPLE「青と夏」で18回。映画の宣伝もありオンエアが伸びました。さらに8月マンスリーで「ZOOM!802」のDJを担当することが決まり、まだオンエアを稼ぎそうです。

以下9位GENERATIONS from EXILE TRIBE「F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS」が5回、10位山下達郎「ミライのテーマ」は11回。デジタルセールスが引き続き好調でポイントをまだ伸ばしてきそうですね。

またTOP10圏外に目を向けてみると、先週12位のサザンオールスターズ「壮年JUMP」がオンエア11回。さらにデジタルセールス総合6位が加算されTOP10入りは確実でしょう。何と言っても12日付のチャートではアルバムのセールスがえげつないくらい入ります。1位は間違いないでしょう。あとはフジロック特需を一番受けたのがYears & Years。「If You’re Over Me」はライブ音源込みで11回とオンエアを回復させています。TOP10カムバックは間違いないか?