[FM802]OSAKAN HOT 100 ~11/18付チャート展望。アリアナ、カーリー、THE 1975。洋楽勢の反撃開始。

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

どうもです。11月も半ばになりますがいやあすっかり寒くなりましたね。こういう時には「寒すぎす(サムスギス)」というダジャレを言ってみましょう。もっと寒くなりますから。

さてあと1か月もすると2018年の年間チャートの発表シーズンとなります。果たしてエド・シーランの2年連続年間1位があったりするのでしょうか。それ以前に洋楽勢が今年まだ1位を獲れてない状況が続いていますが、何とか年間チャート前には1位取る曲が出てきてほしい。そんな中、期待を抱かせる曲が続々と入って来そうです。それは後ほど。

では今週のオンエアの傾向です。

11/11付FM802・OSAKAN HOT 100チャート振り返り。1位はあいみょんか?back numberか?そして洋楽が1位を明け渡して53週。THE 1975などの動向は?
スポンサーリンク

なんでまたあいみょんが…

今週のオンエア上位一覧

先週のチャート上位陣のオンエア数

今週からは11月のデータがまるまる入ってきます。まず洋楽ヘビロで先週65位に初登場のElla Mai「Boo’d Up」は37回、対してチャートイン4週目、早くもTOP20入りしたRei「Silver Shoes」は45回と結構差がついています。これは「BEAT EXPO」でプッシュしているのが大きいですね。ちなみにReiはアルバムが11月7日にリリースされており、今週付からセールスポイントが加算されます。早くもTOP10近辺まで上がってくるのでしょうか。それよりもElla Mai、TOP20に入れるのか?今週。

で例によって本題はここから。その次に多くオンエアされた曲はというとだ…。先週1位のあいみょん「今夜このまま」でオンエアは先週からさらに上がって22回。また20回を超えてきましたわ。しっかし何か理由でもあるんですかね。「RADIO CRAZY」に出るとか、「MUSIC FREAKS」のDJだとか、公開収録があったとか言いますけど。

「RADIO CRAZY」に出るの、あいみょんだけなんですか?

「MUSIC FREAKS」のDJって、あいみょんだけなんですか?

公開収録っていつの番組ですか。今週やるわけじゃないでしょう?

とあまりにも露骨なゴリ押しに辟易してしまいますね。まあこれをやるのが802と言えば802なんですがね。以前にも802にプロモーションするわけでもない星野源の曲をこれでもかとかけまくって選曲差別をやってたわけですが、こういうのってファンは喜んでもねえ。

その他上位陣のオンエアです。先週2位のback number「オールドファッション」はオンエア数18回と依然好調。こちらは11月9日に先行で配信リリースされました。よって来週のチャートからこのポイントが加算されます。デジタルセールスはまず間違いなく高いと思われるので、あとはオンエアがどこまで持つかでしょう。今週の水準をキープすれば、返り咲きの可能性はかなりありそうです。

そして3位に浮上した米津玄師「Flamingo」はこの週からデジタルセールスが加算、ちなみにレコチョクランキングでは総合1位でした。ということでかなりポイントを上乗せできそう…なのですが、肝心のオンエア数が10回とあまり伸びません。一方先週18位初登場の両A面曲「TEENAGE RIOT」はオンエア数5回とこちらも下落、デジタルセールスは総合4位に入ったもののオンエア数を考えると厳しいところがあります。

ちなみに先週レコチョク総合3位に入ったあいみょん「今夜このまま」は1週で11位に後退。勢いは完全に米津玄師の方が上なのに、オンエアの差別によって逆転させない方針を取るということなのでしょうか?

以下4位バンプ「話がしたいよ」はオンエア数10回、デジタルセールスが総合19位と伸び悩み。5位にセカオワ「イルミネーション」はオンエア数12回と安定も、デジタルセールスは24位に後退しています。

6位ナオト・インティライミ「Start To Rain」はオンエア数4回と息切れ、7位に上がってきた[ALEXANDROS]「アルペジオ」はオンエア数15回と倍増しました。まだポイントを伸ばしそうです。8位ミスチル「Your Song」は5回、9位阿部真央「変わりたい唄」は10回、10位SUPER BEAVER「予感」は6回となっています。

そしてTOP10圏外を見ると、11位につけているTHE 1975「It’s Not Living (If It’s Not With You)」が12回と盛り返してきました。日曜と月曜の2日間だけで7回のオンエアを稼いでいます。これはTOP10入り確実でしょう。何と言ってもまだアルバムという切り札を持っているだけにこのまま上がって行けば今年初の洋楽1位の可能性はかなりありそうです(バクナン、あいみょんの謎の大量オンエアがない限り)。このほかにもカーリーレイジェプセン「Party for one」も今週だけで10回と稼いでおり、これも初登場で好位置につけて来そうですね。

洋楽ファンの皆様、次のページでは今後チャートインしそうな注目曲のご紹介です。今週は間違いなくチャートを賑わせる、あの曲を紹介します。