[FM802]OSAKAN HOT 100 ~11/25付チャート展望。back number「オールドファッション」に1位のデジタルセールスが加算されるが…

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

どうもです。いやあ、サムスギス。こういう時にはほっこりするサム・スミスの歌声が恋しくなりますね。「STAY WITH ME」がヘビロだったのも確か冬だったと思います。

本題に入る前にヘビロのオンエア数から。先週30位のElla Mai「Boo’d Up」は39回、対してチャートイン5週目、もうTOP10入りしたRei「Silver Shoes」は43回となっています。Ella Maiは今週付でTOP20に入れるでしょう、多分。

では今週のオンエアの傾向です。

スポンサーリンク

バクナンにデジタルセールスポイントが入りますが…。

で、今週はまず現在2位につけているback number「オールドファッション」から取り上げてみます。今週付からいよいよレコチョクデジタルセールスのポイントが加算されます。今回はフィジカルより2週早い配信リリースといういつもとは違った作戦に出たわけですが、さすがバクナン。こちらも総合で1位を獲得しました。「ハッピーエンド」、「瞬き」、「大不正解」同様、かなり稼いできそうです。そして肝心のオンエア数も15回と何とか高いレベルをキープしています。これはかなりポイントを伸ばすはずです。バクナンファン、そして予想屋サンデー出演を目指す皆さん。これで1位はバクナンだと思うでしょ?思うでしょ?ところが、次のデータを見ると、その期待が絶望へと変わります。

まさに意図的なオンエアの偏り、ゴリ押しあいみょん

そんなバクナンファンの期待を打ち砕くかのようにあいみょん、いやごりみょんと言った方がいいでしょう。2週連続1位独走中「今夜このまま」のオンエア数はなんと28回。先週の22回をも大きく超えてしまいました。これはフィジカルのリリース週だったことも考えられますが、何と言ってもリリース当日のあの話題。某公共放送で大晦日に行われるイベントに出演が決まったということで更にオンエアが大きく伸びました。例年「RADIO CRAZY」の話題に終始してこの某公共放送のイベントなど全く眼中にないよと言い続けている802ですが、今年に”限って”はゆかりのアーティストが出演ということで、そういったメッセージをリスナーがまた送るんだ。でそれを読みつつリクエストにも答えつつオンエアしまくるという始末。あのさあ、802関係ないじゃん。レディクレの話題だけやってればいいじゃん。あの某公共放送のイベントなんて今じゃ若者からはそっぽ向かれてるよ。それだったらカウントダウンのロックフェスってあるじゃん?あれに行く人が多いし。

なんでそこまでして話題にしたいのか。それは「今夜このまま」をフィジカルでもヒットさせるため。今のままだとヒット曲なし(一応「マリーゴールド」などはロングヒットと謳っているが実際にフィジカルのパフォーマンスはイマイチ)で、なぜあのイベントに出られるのか納得いかない人も多いだろうしそもそも「あいみょんて誰?」という人もいるだろう。そこで人気をでっち上げたついでに、この話題で新曲をヒットさせて「でっち上げてないよ」的なアピールをもくろんでいるんじゃないか?と怪しんでいるのが何を隠そう、私です。

ちなみに今週23日放送の「HOLIDAY SPECIAL」では先日の公開収録の模様が放送される予定で、まだまだ露骨なゴリ押しオンエアは続くかもしれません。これがレディクレまで続くのかなあ。しかもレディクレの後も後夜祭でライブ音源がかかりまくるし、ああどうなってしまうんやろ、憂鬱やあ。

年末に向けての惑星、RADWIMPS

今週のオンエア上位一覧

さて2016年に「前前前世」が年間チャート1位を記録したRADWIMPSですが、その年にリリースされた「人間開花」以来となるオリジナルアルバムが12月12日に発売されます。その名も「ANTI ANTI GENERATION(アンティアンタイジェネレーション)」。802でも1位を獲得した「サイハテアイニ」や今年出た「Mountain Top」「カタルシスト」といったシングル曲が収録される中、リード曲となる「そっけない」が12日のオンエア解禁から実に24回(うち今週の集計期間では18回)を記録しています。アルバムのセールスポイントが入るのは12月23日付のチャートからですがその前にTOP10には入れそうな勢いですね。”ごりみょん後”のチャートを占う上でもカギを握る1曲となりそうです。

先週チャート上位のオンエア数

その他上位陣のオンエアです。先週3位の米津玄師「Flamingo」はオンエア数12回と横ばい、デジタルセールスは4位に後退しています。ちなみにごりみょんのデジタルセールスは上がったとはいえ9位止まり。これだけゴリ押ししてもバクナンはおろか、「U.S.A.」すら抜けません。いい加減にしてほしいものです。

以下4位UNISON SQUARE GARDEN「Catch up, latency」は12回、11月14日にレコチョクでの配信が開始されデジタルセールスが加算されるのは来週の12月2日付から。レディクレ出演もありますがそれまでオンエアは持つのでしょうか。5位セカオワ「イルミネーション」はオンエア数13回と安定しています。ただしデジタルセールスは下がる一方。6位[ALEXANDROS]「アルペジオ」もオンエア数13回と安定。こちらは今週アルバムがリリース、12月2日付よりセールスが加算されます。7位BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」はリリース週でもあり17回までオンエアが回復しました。デジタルが後退していますがオンエアでポイントを上げられるか?以下8位Dream Ami「Wonderland」は8回、9位阿部真央「変わりたい唄」は4回にとどまっておりTOP10キープ厳しいか?

そしてTOP10圏外を見ると、先週52位で初登場したAriana Grande「thank u,next」が13回までオンエアを上げてきました。更にレコチョクのデジタルセールスでも洋楽3位(1位と2位が現在映画大ヒット中、ただしチャートには絡まないQUEEN関連)まで上がっており、いきなりの上位進出が確実でしょう。全米と全英で初登場1位を記録するなどアリアナにとっての過去最高のヒット曲になる見通しもあり、まだまだオンエアは増えそう。そして年内にはアルバムも出るのでごりみょんを押しのけての1位も十分にあるはずです。

洋楽ファンの皆様、次のページでは今後チャートインしそうな注目曲のご紹介です。