[FM802]OSAKAN HOT 100 ~12/9付チャート展望。今年初の洋楽1位をめざせ!第1章「THE 1975アルバムリリースで逆転なるか」。

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

Thumb

どうもです。いやあ、サムスギス。でもないか。今日あたりはやたらあったかかったですね。でも今週末はいよいよ雪が降るとか何とか。

さて今年の年間チャート発表が12月16日に迫ってまいりました。思えばこの1年、洋楽はまだ…まだ1位を獲れていません。惜しい曲もあった。注目曲もいっぱいあった。でも、及ばなかった。そうこうしているうちにもう残すところ2週間で年間チャートの集計期間が終わります。果たしてこの2週で洋楽は1位を獲れるのか?いや、獲るに違いない。そこで今週からはあくまで洋楽が1位を獲るという前提で進めてまいります。なので、「どうせあいみょんだろ?」とか「星野源だろ?」とか冷静な目で見られる方は、添付したデータをもとに冷静な展望をして、予想屋サンデーに応募してみてください。

では今週のオンエアの傾向です。

スポンサーリンク

アルバムリリースのTHE 1975、オンエア爆増!

なんといってもTHE 1975のアルバム「A Brief Inquiry Into Online Relationships(邦題・ネット上の人間関係についての簡単な調査)」が先週11月30日にリリース、これを受けて各々収録曲のオンエアが大きく増えました。実質リードとなった先週17位の「It’s Not Living(If It’s Not With You)」はオンエア数10回と先週の6回から大きく伸びています。同じく「Sincerity Is Scary」は2回から6回と急増。欲を言えば票割れが無ければよかったんですけどね。それはともかく、アルバムリリースでセールスポイントが加算されるほか、リリース週特有のオンエア数増加効果もあり、チャートを大きく上げる可能性大です。さらにこのアルバム、かなりの評判、有力なレビューサイトのNMEやピッチフォークなど軒並み高得点を与えているため、今後もオンエア、セールスがかなり安定しそう。伸び悩む上位陣を尻目にあれよあれよという間のNo1奪取の可能性がありそうですよ。

アリアナ・グランデもオンエア安定

そしてデジタルセールスが好調で先週6位まで上がってきたAriana Grande「thank u,next」は引き続きオンエア数が9回と好調、一方デジタルセールスは洋楽12位にダウン。これはTOP10中7曲をクイーンが占めている(更に言うとTOP5独占状態)ためで、新曲限定で言えば3位くらいなんですけどね。エド・シーラン「Shape Of You」より下になっちゃったのが痛いですけど、それでも上位陣が軒並みポイントを下げそうですからね。こちらも更にチャートを上げる可能性大です。しかし、アルバムリリースはいつになるんだ?

それでも邦楽が1位だろうと思うあなたへ

と、おそらくはこの2曲が1位と2位になるでしょうが、それでも「あいみょんだ」とか「星野源だ」とか思うあなたにはこちらのデータを添付しますので是非参考にしてみてください。

オンエア上位

先週のチャート上位陣

これだけ見てもTHE 1975の1位獲得はかなりありそうですけどね…。