大激戦!#BrunoMars 「#FINESSEREMIX」VS 「#瞬き」VS #WANIMA VS #ユニゾン #FM802 OSAKAN HOT 100 2/4付チャート展望 #802HOT100

OSAKAN HOT 100

チェケラ

スポンサーリンク

どうもです。1/29、第60回グラミー賞が行われました。いやあ、意外な結果になりましたねえ。

As the world's leading society of music professionals, the Recording Academy is dedicated to celebrating, honoring, and sustaining music's past, prese...

主要3部門をブルーノマーズが総取りするという結果になりました。コアなグラミー通からは「なんでケンドリックラマーじゃないんだ」というブーイングも聞かれてるようですが…。なんか現地の方々だと予想を超えて「○○が取らないのはおかしい」「なんで○○なんだ」という論争がきまってネット上に湧き起っちゃうんですよね。まあ日本でも同じようなことは他の賞レースであったりもするんですが。ただ、日本では4月の来日に向けてこれで大きく盛り上がることでしょう。ライブには定評のあるアーティストですからね。かなり楽しみになってきました。楽しみといえば、現在「FINESSE(REMIX)」が3位ということで、初の1位が目前ですね。先週はどうだったのでしょうか?

それでは先週のチャートから紹介していきましょう。

スポンサーリンク

先週のチャート

  1. LW:01位6640ptItunesより購入back number
  2. LW:03位5570ptiTunesより購入ブルーノ・マーズ
  3. LW:44位5180ptItuneより購入WANIMA
  4. LW:02位5100ptItunesより購入宇多田ヒカル
  5. LW:08位4300ptItunesより購入Little Glee Monster
  6. LW:04位4060ptItunesより購入エド・シーラン
  7. LW:–位3900ptNO_IMAGEドラえもん星野源
  8. LW:11位3680ptiTunesにて購入カミラ・カベロ
  9. LW:19位3600ptNO_IMAGEいいのにSUMIKA
  10. LW:05位3290ptItunesより購入[Alexandros]

「なんでバクナンなんだ?」とは言わない(笑い)。いやあ、back numberがV6、ポイントが落ちません。2位以下にまだ1000ポイント以上の大差をつけています。そしてブルーノ初の1位達成はまたも持ち越しとなりました。そんな中、チャートイン2週目のWANIMAがアルバムセールスが絶好調ということで44位からのジャンプアップでTOP3へ。こちらも初の1位に向けてチャンスが出てきましたねえ。

さらに初登場で7位に星野さん、12位にユニゾン、33位にミスチルとチャートをにぎわせそうな強豪が続々と入り込んでにわかに激戦の様相を呈してきました。

TOP10入りは星野さんのほかに今月のヘビロ、カミラカベロがチャートイン。今週プロモーション来日でMステに出演されるそうです。でも歌うのは「HAVANA」ね。アルバムのセールスポイントは今週から加算されどこまで上げるか注目ですね。また9位にはsumikaの「いいのに」が入っています。この曲はJ-WAVEでの12月のキャンペーンのために制作された1曲で、リリース未定となっています。

異常なオンエア数、ドラえもん

オンエア上位一覧はこちらから

ではオンエアの傾向です。ヘビロ勢に次いで多くオンエアされたのは…もうお分かりですね。先週に続き星野さんの新曲「ドラえもん」でした。オンエア数は断トツの28回。…てか一言言ってもいいですか?

いくらなんでも多すぎだろ、これ。

「FOR THE NEXT」キャンペーンソングの「FREAK IT!」よりオンエア数を稼ぐという謎の状況になっております。これが「スピッツ川柳キャンペーン」とか「3日連続生番組ジャック」とか「レディクレ、MTWB出演」とか802がらみの大々的なプロモーションをやってるならまだしも、そういうの一切関係ないですからね。勝手に802内でひたすらかけまくってるわけですよ。それも1日4回以上。これだけオンエアされればファンは大喜びでしょうが、他のリスナーにとってはたまったもんじゃない。さすがにやりすぎだとは思います(なお過去のブログを読んでいただければ私がアンチ星野ではないことは分かると思います。「Family song」はガチで名曲ですよ)。でこの2週間のオンエアペースはB’z「Dinosaur」やaikoさん「予告」に匹敵する多さ。この2曲は2週目で6500ポイントを超えました。となるとアルバムやデジタルセールスも好調で満遍なくポイントを伸ばしているバクナンなど上位曲に対し、オンエアだけで並ぶ、あるいは抜くという可能性もあり得るわけです。アルバムやデジタルセールスとは何だったのか、意味がなくなってしまう。これでいいのか、そういう事態は避けたいですね。

グラミー賞開催でブルーノオンエア上昇か?

これに続くのが今週アルバム「MODE MOOD MODE」の絶好調なセールスが加算されるユニゾン「君の瞳に恋してない」が先週と同じく21回と稼ぎました。更なるポイント上昇でTOP3入りできるかどうか。先週TOP3入りのWANIMAはオンエア数15回、アルバムセールスもやや下降気味ですが、こちらはデジタルセールスが今週から新たに加算、こちらが絶好調ということでまだまだポイントを伸ばしそうです。また33位初登場だったミスチルは12回。デジタルセールスが絶好調ということでTOP10も狙えるか?

全店総合アルバム 2018/01/22~2018/01/28 - タワーレコード

そして何と言ってもグラミー主要部門圧勝のブルーノマーズ。パフォーマンスした「FINESSE (REMIX)」のオンエア数は17回。集計期間にグラミー賞当日が入っているのが大きかった。この日だけで4回オンエアを稼ぎましたからね。さらにグラミー受賞ともなるとオンエア数がけた違いに増えるというのがお決まりのパターン。「THAT’S WHAT I LIKE」や「24K MAGIC」などの受賞曲にオンエアが流れるのを最小限に抑えられれば、デジタルセールスもこれからまた上がると考えられるので1位の可能性が更に広がると思います。

上位陣のオンエアです。V6のバクナンは12回、デジタルは依然好調、ただポイントダウンは避けられません。1000ポイント差の貯金はどこまで生かせるでしょうか。4位の宇多田さんは4回、5位LGMは1回。デジタルは安定していますがオンエアが息切れしてきました。6位エドちゃんは5回、「Perfect」ともどもオンエア、デジタル安定しています。グラミー賞では最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞など2部門を獲得。なぜ主要部門でノミネートされなかったんでしょうね。9位SUMIKAは12回。10位アレキサンドロスは3回でさすがにTOP10アウトでしょうね。

今週の注目曲

では今週の注目曲はHOTTEST ENTRY確実なこの曲を。

「MUSIC FREAKS」のDJを務めているベリーグッドマンですが、1/21の放送でオンエアを解禁した新曲「世界中のどんなラブソングよりも FEAT.ERICA」がこちら。2/14リリースの配信シングルでフィーチャリングアーティストのERICAさんというのは告うたのカリスマとか言われてるみたいですね。いわゆるスイーツ受けする楽曲というんでしょうか。この系統の楽曲は根強い人気がありますからね。SPICY chocolateとかソナーポケットとかね。

ということで今週こそブルーノが初の1位でしょう。こうなったら1位取るまで1位予想しますよ。さすがにオンエアポイントだけの星野さんには勝たないとね。

TOP3見解

  1. BRUNO MARS FEAT. CARDI B「FINESSE (REMIX)」
  2. WANIMA「シグナル」
  3. BACK NUMBER「瞬き」