#ユニゾン か #セカオワ か? #GreatestShowman 今週は入る? #FM802 OSAKAN HOT 100 2/25付チャート展望 #802HOT100

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

どうもです。今回は2回に分けてOSAKAN HOT 100の先週の振り返りと今週の展望をお届けしております。今回は展望編です。先週の振り返りはこちらからご覧ください。

スポンサーリンク

チャートがガラッと変わるか?

今週のオンエア上位一覧はこちらから

では今週のオンエアの傾向です。先回から”TOP10常連アーティストの新曲目白押し”と書いた通り、オンエアもその新曲が圧倒しています。今後1位がコロコロと変わる可能性もありますので要注意ですよ。

さて、ヘビロとキャンペーンソング以外で最もオンエアされたのは、SUCHMOSの新曲「808」でなんと25回。先週は正味オンエア2日で91位に。ここから一気のTOP10入りはほぼ確定でしょうね。

これに続くのがおそらくかなりの高位置で初登場しそうな米津玄師「LEMON」が20回。先週月曜日だけで5回、さらに絶好調なデジタルセールスもいきなり今週から加算されるため、これもTOP10入りが有力でしょう。もう初登場のTOP10は珍しくもなんともないですね。

さらにタイムリーな楽曲となっている先週4位セカオワ「サザンカ」が19回と依然好調、デジタルも好調でまだまだポイントを積みそうですよ。

上位陣のオンエアです。初のV2を狙うユニゾン「君恋」は15回。オンエアは依然高水準ですがデジタルとアルバムが下がっており、全体的なポイントはピークを過ぎた印象です。2位WANIMAは12回。こちらも全体的にポイントが下がってますね。以下、3位星野さんは11回。5位ブルーノは9回、6位ミスチルは2回、7位カミラカベロも2回、8位JTは6回、9位TWICE9回、10位ベリーグッドマンは5回となっています。カミラは13位の「HAVANA」との入れ替えもありそうですね。

今週の注目曲

では注目曲です。先週20位に上昇中のこの曲を。

リリース:2018/02/14

iTunesにて購入Mrs. GREEN APPLE

MRS.GREEN APPLEの「LOVE ME,LOVE YOU」。実はこれ、初めて聴いた時から「あれ?よくね?」と思った曲ですね。「WanteD! WanteD!」までに見られた、度を越したにぎにぎしさやうるささが影を潜め、それでいてポップな楽曲になっています。こういう曲も作れるんだなと感心しましたね。サウンドに幅が広がりまた一歩大人な感じへと進化した印象を受けます。これで「WanteD! WanteD!」の方がチャートが上だったら、ドラマ主題歌とかそういうタイアップでしかものを見てない人が多いんでしょうね。「分かってないなあ」と言ってやりたい気分です。

なお、MGAはROCK KIDS 802春のイベント「ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!- ラジ友 春のオト祭り!〜Spark-Ring LIVE〜」に出演が決まっています。2018年3月23日の18:00開場、19:00開演。会場はZepp Osaka Baysideとなっています。この曲も春にピッタリだし、きっとやるでしょうね。

あと、アルバムではSCANDALの「HONEY」が好スタート。このリード曲「プラットホームシンドローム」がオンエアを14回まで上げており、先週の58位からTOP20に入りそうな感じですね。

全店総合アルバム 2018/02/12~2018/02/18 - タワーレコード

リリース:2018/02/12

iTunesにて購入SCANDAL

ということで、ユニゾンとまだまだポイントを上げるであろう、セカオワとのマッチレースになると思います。どっちかというとセカオワ有利だとは思いますがどうでしょうか。

最後に、先週から日本でも公開になった「グレイテストショーマン」の主題歌、「THIS IS ME」のオンエア数は11回。これ、アルバム(サントラ)もデジタルも軒並み上位に入っています。なのにまだHOT100にチャートインしていないというのが謎ですね。もうTOP20にいてもおかしくないんですよ。今週こそ入らなかったらクレームの嵐ですよ。某ちりんの口イントロなんてもんじゃなくて。裏があるんじゃないのかと勘繰りたくなってきますよね。今後のチャートのカギを握るダークホース的存在なのにね。

リリース:2017/12/08

iTunesにて購入Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble

TOP3見解

  1. SEKAI NO OWARI「サザンカ」
  2. UNISON SQUARE GARDEN「君の瞳に恋してない」
  3. WANIMA「シグナル」