#JUSTINTIMBERLAKE 「#FILTHY」 & #brunomars 「#finesseremix」大ヒットか? #fm802 注目洋楽紹介 #802HOT100 #cardib

OSAKAN HOT 100

チェケラ

スポンサーリンク

どうもです。FM802・OSAKAN HOT 100にチャートインしそうなこれから注目される洋楽をピックアップ。今年から趣向を変えまして、チャートの上位に入れるかという見立てと、個人的満足度を星マークで表しております。かなり主観が入ったものになっていますがよろしければ参考にしていただけると幸いです。また試聴もできるようにしておりますので、ぜひ確かめていただいたうえで見ていただければと思います。

スポンサーリンク

「Filthy」JUSTIN TIMBERLAKE

Ituneより購入ジャスティン・ティンバーレイク

チャート上位:

個人的満足度:

前作「CAN’T STOP THE FEELING!」が802の2016年間チャート6位、さらに2016年度唯一の週間チャートでの洋楽1位曲、もっと言えば現DJ・西田新担当になってから約9か月目にして初の洋楽1位と2016年の洋楽シーンで気を吐いたJTことジャスティンティンバーレイク。そんなJTが2013年の「20/20 EXPERIENCE」以来となるオリジナルアルバム「MAN OF THE WOODS」を2/2にリリースすることを発表しました。このアルバムからのリード曲がこちら。全体的にはエレクトロファンクになっていますね。その中でイントロからロック的アプローチを見せたり、3分を過ぎてからの構成がロックだったり音飛びが入ったりするなどかなりトリッキーなサウンドに仕上がっています。これは何回か聴いてみないと良さが分からないかもしれない。ただ聴けば聴くほどクセになる曲。もしかするとそこを狙っているのかもしれません。

「FINESSE (REMIX)」BRUNO MARS FEAT. CARDI B

Ituneより購入ブルーノ・マーズ

チャート上位:

個人的満足度:

こちらも2018年にいきなりリリースされたブルーノマーズの新曲。と言ってもグラミー賞主要3部門にノミネートされている「24K MAGIC」に収録されていたナンバーのリミックスですね。80年代~90年代のディスコソウルやR&Bへのオマージュが感じられるアルバムの中でもこの曲はかつてボビーブラウンがやっていた”ニュージャックスウィング”を取り入れたゴージャスな作品でしたが、今回のリミックスでは2017年に「BODAK YELLOW」が全米No.1を記録した女性ラッパーのカーディBを迎え、またこのコラボが絶妙にマッチした逸品になっております。さてブルーノと言えばこの2018年、ツアーで来日も決定。4/11、12、14、15とさいたまスーパーアリーナで4日間開催。ですが、チケットはすでに完売となっております。10万もするVIP席があっても…すごいですね。

ブルーノ・マーズ 待望のワールドツアー日本公演が開催決定!2018年4月12日(木)14(土)さいたまスーパーアリーナ

「All the Stars」KENDRICK LAMAR & SZA

Ituneより購入ケンドリック・ラマー & SZA

チャート上位:

個人的満足度:

日本では3月に公開となるアメコミの実写化「ブラックパンサー」。このサウンドトラックをグラミー賞主要2部門でノミネートされているラッパー、ケンドリックラマーがプロデュースしていることが分かりました。その中の1曲がレーベルメイトであり、こちらもグラミー賞の最優秀新人賞のノミネートされているSZAとのコラボ。とはいえ、構成的にケンドリックラマーがあまり生きてないような作りになってしまってるかなという印象も。1番目のヴァースしかラップしてないし。フックも2番目のヴァースもずっとSZAが歌っているので、SZA目当てで聴きたい人はトラックも奇麗なので聴いてみては?

「FOR YOU」Liam Payne x Rita Ora

Ituneより購入リアム・ペイン & リタ・オラ

チャート上位:

個人的満足度:

映画サントラのコラボつながりで。こちらはフィフティシェイズシリーズの最終章「フィフティシェイズフリード」のサントラに収録される1Dのリアムペインとリタオラのコラボ曲。去年の「ダーカー」では”I Don’t Wanna Live Forever”が全米2位まで上がりましたがその曲と比べ、かなりポップで聴きやすい雰囲気になっている印象です。で、リアムペインも来日が決定。3月開催の”POPSPRING 2018″に出演だそうですよ。

洋楽アーティストを中心とした日本最大級のポップ・ミュージック・フェス 「ポップスプリング」!

「God Save Our Young Blood」BØRNS & Lana Del Rey

Ituneより購入BORNS & ラナ・デル・レイ

チャート上位:(入らないかもしれない)

個人的満足度:

ミシガン州出身、26歳のシンガーソングライター、ボーンズがリリースするアルバム「Blue Madonna」からのリード曲で、暗い歌を歌わせたら右に出る者はいないというラナ・デル・レイとのコラボ曲。若者同士の初々しい恋愛を歌った曲で独特の浮遊感と神秘的な歌詞が印象的ですね。ただフックで唐突な転調、あれはやめてほしい。意味が分からない。以前のブログでShishamoの「明日も」が2017年ワーストソングと言った訳にも重なるんですけど、意味不明な強引な移調は曲の雰囲気を損なってしまうので良くないですね。

「IF YOU LEAVE ME NOW」CHARLIE PUTH FEAT.BOYZ II MEN

Ituneより購入チャーリー・プース

チャート上位:

個人的満足度:

ラストはチャーリープースの新曲。伝説的コーラスグループ、BOYZ II MENをフィーチャーしたアカペラソング。2018年初頭から切ないラブバラードを素晴らしいハーモニーで綴っていく、なんとも美しい1曲です。なお、残念な話題としては1月19日リリースだったアルバム「VOICENOTES」が「まだ完全ではない」との理由で延期となりました。5月ごろの予定だそうですね。

以上注目の洋楽新譜をご紹介しました。2018年前半はアルバムリリースや来日で洋楽勢が活躍しそうな感じですね。