[FM802]ついに判明、ACCESS!2019キャンペーンソング「メロンソーダ」の歌詞&パート分け分析

スポンサーリンク

どうもです。2019年ACCESS!キャンペーンソング、Radio Darlings「メロンソーダ」のMVが公開となりました。今回は歌詞とパート分けを分析していきます。興味を持たれた方は是非ご覧ください。

FM802 × TSUTAYA ACCESS! 『メロンソーダ』Radio Darlings Music Video

DoCoMo DoCoMo

“Radio Darlings”。参加アーティストは?

FM802が毎年、春を彩るオリジナルキャンペーンソングを802とゆかりの深いアーティストと制作するドリームプロジェクト「FM802 30PARTY FM802 × TSUTAYA ACCESS!」

今年のユニット名はRadio Darlings(レディオ・ダーリンズ)という、歌詞からインスパイアされたんでしょうか、2年連続で”RADIO”を冠した名前となっています。

3月25日に今年のキャンペーンソングの作者と曲名が発表になりました。で今年の作詞作曲はaiko。802では非常によくかかるアーティストでもあります。安定のaikoと呼ばれるくらい、「OSAKAN HOT 100」では曲を出せば必ずと言っていいほどTOP10に入ってきますね。

一方で、デビュー前にFM OSAKAでレギュラー番組を持っていたという印象があったり、あまり802のイベントに出演しているイメージはなく、今回満を持しての登板と言えるのではないでしょうか?

そして、曲を歌う参加アーティスト、こちらは3月30日の「Saturday Amusic Islands-moring edition-」で発表になりました。当日は仁井聡子が大役?を放棄?してスペインに旅行に出かけ、西田新様が代打DJで一気に発表していましたね。そのラインナップはaikoのほかに

  • 上白石萌歌
  • 谷口鮪(KANA-BOON)
  • 橋本絵莉子(元チャットモンチー)
  • はっとり(マカロニえんぴつ)
  • 藤原聡(Official髭男dism)
  • KAN(コーラス)
  • 秦基博(コーラス)

1年前のRadio Bestsellersがラジ友歓喜なラインナップ、”ROCK KIDS 802″ゆかりのアーティストで固めたのに対して、今年はいろんな方向からキャスティングしたという感じがしますね。ちなみに今回のキャンペーンソング制作の主導者もどうやら去年同様、「ROCK KIDS 802」や「RADIO CRAZY」を手掛けているイマエモンらしいです。

まず802とのゆかりの深いアーティストとしてヘビーローテーションになっていた秦基博(2013年「スプリングハズカム」の作者、2008年の「僕の今いる夜は」にも参加)とKANがコーラスとして(一部メインパートあり)参加、同じくチャットモンチーとしてヘビロになっていた橋本絵莉子、ラジ友歓喜なキャストとしてはKANA-BOONの谷口鮪が2014年「春の歌」、2015年「Music Train-春の魔術師-」に続く三度目の参加、「MUSIC FREAKS」のDJ、Official髭男dismの藤原聡が入っています。

更に次世代ロックバンドの一角を担うマカロニえんぴつのはっとりを抜擢。ヘビロにもなっていないインディーズバンドを持ってくるのはかなり異例ですね。

異例と言えば女優の上白石萌歌を持ってきたというのも意外。「歌手なの?」「そもそも802と縁があるの?」という疑問がわかずにはいられないのですが…。姉の上白石萌音も「REQUESTAGE」に出たことがあるのですが、それぐらいの「なぜ?」感があります。

「メロンソーダ」の歌詞&パート分け分析

それではお待たせしました。「メロンソーダ」のパート分け分析です。

[Verse 1]

あっという間に想像してたより ずっと春は早く過ぎる

きっとまたすぐに暑くなって 次は肩をすぼめて マフラーを巻くんだ(谷口鮪)

最初はそう とっつきにくくってさ 卒業してから仲良くなった

メロンソーダがビールになって ハンバーガーはハンバーガーのまま(藤原聡)

ああこういうの 何て言うんだっけ(橋本絵莉子)

[Chorus 1]

ねえ今日も 少し不安だよ(aiko)

だったら見える糸 君に巻いてあげる(aiko、谷口鮪)

電話の向こうでラジオが 「ベイベーダーリン」(aiko)

繰り返す日々にもらった(橋本絵莉子)

プレゼントは君だ ある日突然(aiko、橋本絵莉子)

心に灯る想い(橋本絵莉子)

[Verse 2]

洋服についたシミで思い出した 情けない嘘の話(上白石萌歌)

戻れないあの唇は恥ずかしいし 胸の裏側 少しくすぐるんだ(KAN・秦基博)

大きく手を振った後もまた すぐに逢いたくなるから

他愛もない事は いつかのとてつもない 幸せの積み重ね(はっとり)

一人で泣いたりしないでね(上白石萌歌)

[Chorus 2]

朝起きて割れた前髪 どこへ行くんだよ戻っておいでと(aiko)

ひねった蛇口が鳴いたよ 「ベイベーダーリン」(橋本絵莉子)

繰り返し始まる続きを この手で作るの つまずいて転んでも 桜は綺麗だよ(上白石萌歌)

[Bridge]

特別な春の日差し(aiko)

さようならも 愛しているのよ(橋本絵莉子)

今頃君は目を覚ましているかな(藤原聡)

おやすみとおはようが重なる(aiko)

[Chorus 2]

ねえ今日も 少し不安だよ(上白石萌歌)

だったら見える糸 君に巻いてあげる(藤原聡)

電話の向こうでラジオが 「ベイベーダーリン」(橋本絵莉子)

繰り返す日々にもらった プレゼントは君だ ある日突然 心に灯る想い(aiko)

作詞・作曲:aiko、アレンジ・サウンドプロデュース:トオミヨウ、プロデュース:FM802

出だしからコテコテのaiko節が炸裂、もう一人で歌った方が良かったんじゃないか?と思えるほど色が濃く出ております。ただ一部では「サビが盛り上がらない」とか「一部活舌がよくないから歌詞が分からん」とかいう批評もあるようですね。それにしても、はっとりのパートが1か所だけって…。

歌詞は相変わらず抽象的で遠まわしな言い方も多く難しい。「メロンソーダがビールになって ハンバーガーはハンバーガーのまま」っていうところの意味が分からなかったのですが、どうやらファミレスとかファーストフードのシチュエーションのようですね。ハンバーガーと飲み物で何を注文するのかと。なお、去年の「」ではラジオ関係の歌詞が一切登場しなかったのに対し、今回はちゃんとラジオのフレーズを入れているのはよかったかな?

とまあ、一部のリスナーからは批判も出ているようですが、それをよそにDJ陣はこぞって「メロンソーダ」の写真をしきりにアップしたりと露骨な宣伝を欠きません。これがまだもうしばらくは続くことになりそうです。こんな風に「メロンソーダ」と「ストロー」の合わせ技だったり。

恒例のスペシャルも放送

毎年ゴールデンウィークに9時間のACCESS!特番を放送するのが恒例となっていますが、今年も放送されることが決まりました。

FM802が毎年、春を彩るオリジナルキャンペーンソングを802とゆかりの深いアーティストと制作するドリームプロジェクト「FM802 30PARTY FM802 × TSUTAYA ACCESS!」

タイトルはFM802 HOLIDAY SPECIAL FM802×TSUTAYA ACCESS! 「メロンソーダ」。5月6日の10時から9時間のスペシャル。こうご期待。

歴代キャンペーンソング一覧

リンクをクリックすると、それぞれの歌詞とパート分け、チャート推移が見られます。

タイトル
初登場日
最高位
チャートイン回数
僕の今いる夜は(2008年 M&THE RADIODOGS)
2008/04/13
6
13回
OH! RADIO(2009年 RADIO SOUL 20)
2009/04/12
2
8回
開花宣言(2010年 J.K.RADIOFISH)
2010/03/07
1
14回
春のせい(2011年 RADIO BLOSSOMS)
2011/03/20
4
15回
RADIO GOO! GOO!(2012年 RADIO MONKEES)
2012/04/01
2
11回
スプリングハズカム(2013年 RADIO KAMONES)
2013/03/10
3
13回
春の歌(2014年 POSSESSION=80.2 POR CENTO)
2014/02/09
1
12回
MUSIC TRAIN-春の魔術師-(2015年 SUGAR & THE RADIO FIRE)
2015/03/29
1
14回
HELLO RADIO(2016年 ザ・プールサイド)
2016/04/10
1
12回
STAY TUNE(2017年 Buzz Connections)
2017/04/16
1
12回
栞(2018年 RADIO BESTSELLERS)
2018/04/08
1
15回
ACCESS!キャンペーンソングを振り返る~M&THE RADIODOGS「僕の今いる夜は」、ラジオ愛に満ちた2008年
FM802・ACCESS!キャンペーンソングを振り返る~2009年・RADIO SOUL 20「Oh! RADIO」、清志郎、音楽人生最後のメッセージ。
FM802・ACCESS!キャンペーンソングを振り返る~J.K.RADIOFISH「開花宣言」、1からのスタートを後押しする2010年。
ACCESS!キャンペーンソングを振り返る~RADIO BLOSSOMS「春のせい」、浮かれるどころじゃなかった2011年。
FM802・ACCESS!キャンペーンソングを振り返る~RADIO KAMONES「スプリングハズカム」、言葉遊びが妙な2013年。
FM802 ACCESS!キャンペーンソングを振り返る~Sugar & The Radio Fire「Music Train ~春の魔術師~」、爽やかなスガ節炸裂の2015年。
ACCESS!キャンペーンソングを振り返る~ザ・プールサイド「Hello Radio」、謎に満ちた歌詞の2016年。
FM802 ACCESS!キャンペーンソングを振り返る~BUZZ CONNECTIONS「STAY TUNE」、清水翔太によるエールソングの2017年。
FM802春のキャンペーンACCESS!2018年キャンペーンソング「栞」の歌詞とパート分け分析。
2019年ACCESS!キャンペーンソング、Radio Darlings「メロンソーダ」のMVが公開となりました。今回は歌詞とパート分けを分析していきます。興味を持たれた方は是非ご覧ください。