続・「非ストリーミング派」最後まで貫くアーティストは誰?最新情報も

スポンサーリンク

本項目で記されている内容は、最新のものとは限りません。サブスクリプションサービス解禁最新情報につきましてはこちらを参照ください。

どうもです。先日、「非ストリーミング派」を最後まで貫くアーティストについての展望を投稿しましたが、

「非ストリーミング派」がレアになる中、日本人アーティストで最後までストリーミングに乗り出さないアーティストは誰?皆さんもこれを見て予想してみては?

あの後で星野源が全曲解禁など刻一刻とサブスク解禁をめぐる状況が変化しつつあります。そこで今回はその最新情報と前回の記事の不備を踏まえ、改めて最後まで貫きそうなアーティストを展望していきたいと思います。

2019年度のサブスク解禁タイムライン

初めに今年度に入ってからのサブスクリプションサービスへの配信が解禁されたタイムラインをまとめてみます。

4月5日
小沢健二が全カタログ解禁。
4月17日
BUCK-TICKが未配信だった過去の全カタログを解禁。
4月26日
平井堅がデビューシングルからアルバム「THE STILL LIFE」までの楽曲を配信解禁(2018年以降リリースのシングル曲は未配信)。
5月10日
ゆずがApple Music先行で全カタログを解禁。そのほかのサブスクリプションサービスは5月15日に配信が解禁された。
5月14日
小田和正が全カタログ解禁。
6月7日
LAMP IN TERRENが未配信だった過去の全カタログを解禁。
6月12日
eastern youthが未配信だった過去のカタログを一部除いて追加解禁。
6月16日
安室奈美恵がApple Music先行で過去カタログの配信解禁。
6月21日
WANIMAがこれまでの全カタログを解禁。同時に5枚目のシングル収録曲「夏のどこかへ」を先行で配信。7月17日にはそのシングルも配信。
6月24日
10-FEETがこれまでの全カタログを解禁。
6月28日
BUMP OF CHICKENがメジャーデビューシングルからアルバム「Butterflies」までの隠しトラック、期間限定盤、初回限定盤、廃盤を除く全カタログを解禁。その後、最新アルバム「aurora arc」のリリースと同時に収録曲全曲を配信スタート。
7月1日
クリープハイプがインディーズ時代のカタログを解禁。
7月17日
水樹奈々がこれまでのカタログを一部除いて解禁。
8月1日
爆風スランプがこれまでの全カタログを解禁。
8月16日
the HIATUSが未配信だった過去のカタログを解禁。
8月19日
ウカスカジーがミニアルバムリリースと同時に過去のカタログを解禁。
8月21日
攻殻機動隊シリーズのカタログが解禁。
8月21日
須田景凪が最新EPリリースと同時に”須田景凪”名義でリリースした過去の全カタログを解禁。
8月30日
星野源がこれまでの全カタログを解禁。Apple Music限定のラジオ番組を担当。
9月18日
Perfumeがベストアルバムリリースと同時にメジャーデビュー後の全カタログを解禁。
9月20日
安室奈美恵がApple Music以外でのサブスクリプションサービスで配信解禁。
10月1日
植田真梨恵がインディーズ時代からの全カタログを解禁。
10月2日
レミオロメンが全カタログを解禁。
10月8日
スピッツがアルバム「見っけ」リリースと同時にこれまでの全カタログを解禁。
10月9日
嵐がジャニーズ事務所所属アーティストとして初めてサブスク解禁。楽曲は「A・RA・SHI」、「Love so sweet」「Happiness」「truth」「Monster」。
10月11日
UNISON SQUARE GARDENがニューシングル「Phantom Joke」を含めた過去のシングル、アルバムの代表曲をセレクトしたプレイリストの形式でサブスク解禁。
10月18日
BEGINがこれまでの全カタログを解禁。
10月18日
超能力戦士ドリアンが新曲の配信と同時にこれまでの全カタログを解禁。
10月21日
LiSAがシングル「unlasting」の先行配信と同時にこれまでの全カタログを解禁。

こうしてサブスクリプションサービスへの配信状況をいろいろ見た結果、おおよそ以下のように分類していくことにしました。なおこれはあくまでも日本国内でのものです。海外やApple Music、Spotify以外のサブスクサービスでは事情が異なる場合もありますのでご注意ください。

1.デビュー時からの直近の楽曲までの全カタログを配信済み(この場合メジャー、及びインディーズ時代は問わない)

このケースが最近は主流になりつつありますね。PerfumeやWANIMA、BUMP OF CHICKENがアルバムリリースのタイミングで、星野源も全曲配信と同じタイミングでApple MusicでのBEATS1のホストを務めるなど、最近は合わせ技での解禁も多いようです。

2.直近の音源は配信されているが、デビューシングルなどそれ以前の楽曲が未配信のアーティスト

アーティストによっては直近の作品から配信を開始して、アルバムリリースのタイミングで過去の全タイトルを解禁するという方法を取っている場合もあり、9月6日に全カタログの配信を解禁したTHE ORAL CIGARETTESもこのパターンになっています。また、サービスによって全作品解禁していたり、過去作が未配信だったりというのが混在しているものもあり、例えばGLAYはApple Musicではほぼ全カタログ網羅しているが、Spotifyでは直近のアルバムやシングルのみで90年代~2000年代前半の曲が聴けない状態となっています。

3.直近にフィジカルリリース、またはダウンロード配信された楽曲がストリーミング配信はされていないアーティスト

ある時点までのシングルとアルバムを解禁したけど、最新のアルバムはまだ解禁しないよというパターン。「Reflection」までは解禁したが、「重力と呼吸」は解禁してないMr.Children、「アンコール」までは解禁したが「MAGIC」は解禁していないback numberなど。あと直近のシングル「イコール」は出しているのにアルバム「Chime」は解禁していないsumika、ファーストアルバムの「レキシ」以降未配信状態のレキシもこのパターンに当てはまります。

4.シングルタイトル曲、アルバムリード曲限定で配信されているアーティスト

シングル曲5曲限定で配信を開始した嵐、全シングルタイトル曲と一部のアルバム収録曲のみ配信開始のUNISON SQUARE GARDENがこのパターンに当てはまります。

以上の4パターンについては限定的、または日本だけでの配信であっても、国内のサブスクリプションサービスで”解禁”されているくくりとなります。一方で

5.海外では配信されていて、日本で未配信のアーティスト

海外での配信はすでに行われているものの、日本では未配信の場合でも、非サブスク派にくくられるのが基本です。このパターンが米津玄師になります。Spotifyのディベロッパー用のコンソールがあって、その中の情報で”available_markets”=音源が聴ける国を見ることが出来るのでそれを調べてみると、最新作の「馬と鹿」では

available_markets”:[”AD”,”AE”,”AR”,”AT”,”AU”,”BE”,”BG”,”BH”,”BO”,”BR”,”CA”,”CH”,”CL”,”CO”,”CR”,”CY”,”CZ”,”DE”,”DK”,”DO”,”DZ”,”EC”,”EE”,”EG”,”ES”,”FI”,”FR”,”GB”,”GR”,”GT”,”HK”,”HN”,”HU”,”ID”,”IE”,”IL”,”IN”,”IS”,”IT”,”JO”,”KW”,”LB”,”LI”,”LT”,”LU”,”LV”,”MA”,”MC”,”MT”,”MX”,”MY”,”NI”,”NL”,”NO”,”NZ”,”OM”,”PA”,”PE”,”PH”,”PL”,”PS”,”PT”,”PY”,”QA”,”RO”,”SA”,”SE”,”SG”,”SK”,”SV”,”TH”,”TN”,”TR”,”TW”,”US”,”UY”,”VN”,”ZA”]

このアルファベット2文字はISO 3166-1の国際規格になっているカントリーコードで、アメリカは”US”、イギリスはグレートブリテンなので”GB”、フランスは”FR”、中国は”CH”、そして日本は”JP”となりますが…。これを見ると、”JP”だけがないのが分かると思います。この場合、仮にSpotifyでこの曲のIDを探しても”国内”では灰色の表示となって再生できないことになるわけですね。

6.そもそもサブスクリプションサービスにおいて全く配信されていないアーティスト

そして依然として国内外を含めてサブスクリプションサービスへの配信が行われていないアーティストというのも根強く存在しています。

今回このような分類をもとに”非サブスク派”のアーティストを抽出しました。前回書いた時には多少不備があったので再度検討し直し、”過去5年のOSAKAN HOT 100にチャートインしていて、かつApple MusicとSpotifyにオリジナル楽曲・アルバムが国内で1曲も配信されていないアーティスト(今回の分類でいうところの5番と6番)”という条件で調べました(SpotifyにあってApple Musicにない場合、あるいはその逆の場合は”配信済み”としています)。

2019年10月20日現在で非サブスク派のアーティスト

分類5のパターンに該当

  1. 米津玄師
  2. l'arc~en~ciel
  3. マキシマム ザ ホルモン
  4. HI-STANDARD
  5. Ken Yokoyama
  6. BEADY EYE
  7. 西内まりや

分類6のパターンに該当

  1. B'z
  2. 稲葉浩志
  3. サザンオールスターズ
  4. 桑田佳祐
  5. Hump Back
  6. My Hair is Bad
  7. aiko
  8. EVISBEATS
  9. 久保田利伸
  10. 倉木麻衣
  11. INABA/SALAS
  12. ALA-UMI-DOSS
  13. 電気グルーヴ
  14. ザ・クロマニヨンズ
  15. 小泉今日子
  16. 味噌汁'S
  17. BIGNOUN
  18. the 野党
  19. THE PREDATORS
  20. SAKEROCK

分類5の場合、時間の問題のようなアーティストが多いですね。l'arc~en~cielの場合、HYDEのソロ及びOblivion Dustのギタリスト・K.A.Zとのユニット、VAMPSの作品は解禁されています。あとHI-STANDARDやKEN YOKOYAMAはPIZZA OF DEATH RECORDSの所属で、KEN YOKOYAMAはその社長でもあります。PIZZA OF DEATHはサブスクリプションサービスへの解禁に乗り出しており、その第1弾がWANIMAでした。と考えれば次のリリース辺りでHI-STANDARD辺り解禁があるかも?ちなみにボーカル難波さんの別バンド・NAMBA69はすでに配信済みですね。

そのほか西内まりやは現在休業中で海外に行っていますが復帰後は歌メインに動きたいと言っているらしい?しその時にサブスク解禁があるかな。あとはBEADY EYE…。もう解散してるやん。これOASISが解散した後にノエルギャラガー抜きのメンバーで構成していたバンドですね。OASISもノエルもリアムギャラガーも楽曲は配信済みなのに、なぜかBEADY EYEは国内で聴けない。これは厳しいかもですね。

分類6を見るとB'zとそのプロジェクト、サザンと桑田ソロのようにグループで未配信のアーティストはソロでも未配信になっている場合、あとTHE PREDATORSやthe 野党、味噌汁'S、ALA-UMI-DOSSのようなサブプロジェクト的なバンドの場合、SAKEROCKのようにもう解散しているバンドの場合が未配信状態になっています(諸事情で配信を停止した電気グルーヴは割愛)。ちなみにTHE PREDATORS、the 野党、ALA-UMI-DOSSを構成しているバンドはすでに配信済み、味噌汁'SはRADWIMPSの別形態なのでこれも限定的ではあるものの配信済み、SAKEROCKにいた星野源もグッドラックヘイワも在日ファンクも配信済みとなっています。

なので限定的な活動だったり解散しているアーティストを除くと、高い壁はサザン&桑田、aiko、B'zの3トップが最後まで残ってしまいそうな気がしなくはないですね。と言いながら前の星野源のようにサプライズでの解禁があったりして?

定額制音楽ストリーミングサービスの話題が相次いで発表されました。今回はそのニュースをまとめて紹介し、改めてサブスクリプションサービスが今の時代の主流になっていることをお伝えします。
今回は今月に入り、続々と発表されたサブスク関連の話題に触れてみます。当ブログ独自のプレイリストも公開しますので、興味のある方は是非ご覧ください。
どうもです。今回はこの半月で続々と発表されたストリーミングサービスに関連する話題に触れてみます。サブスクリプション型のサービスはどこまで成長...
今回はサブスクリプションサービスに関する大きな話題もあったということで、久々にこのネタで行きたいと思います。ぜひご覧ください。