[最新洋楽]Cardi B & Bruno Mars「Please Me」とZEDD & KATY PERRY「365」は802で1位を獲れるか?

スポンサーリンク

どうもです。今回は65週以上続く邦楽1位の連鎖に歯止めがかからない状況ということで、これを打破する洋楽曲を原則毎週取り上げていきます。第1弾は2曲ピックアップしました。

Cardi BとBruno Marsが再タッグ

Apple MusicへのリンクCardi B & ブルーノ・マーズ

まずは旬なコラボが再び実現。昨年、アルバム「24K MAGIC」がらみでグラミー賞主要3部門総なめしたブルーノ・マーズと、その収録曲「Finesse (Remix)」でコラボした女性ラッパー・カーディ・Bが再タッグを組んだ作品が15日にリリースされました。「Please Me=僕を喜ばせてくれ」という意味のエロいラブソングで、オンエアでは過剰なくらいボーカルが飛んだバージョンばかりが流れるでしょう。”Clean Version”ばかり聴かされると「この楽曲、本当はかけたくないんじゃ?」という不信感も生まれてしまいそう。

それはさておき、このミドルテンポでブルーノのボーカルもつややかなR&Bテイストのサウンドで、いかにも「That’s What I Like」のような曲だなあと思っていたら、プロデュース集団のThe Stereotypesとブルーノがプロデューサーを担当しているんですね。でこのThe Stereotypesはブルーノの作品を数多く手掛けており、それこそ「Finesse (Remix)」や、先述した「That’s What I Like」のプロデューサーでもあります。早い話、カーディ・Bがメインの曲ですが、実質ブルーノが主導権を握ってる作品ですね。

「Finesse (Remix)」も含めあと一歩で802では1位に届いていないブルーノですが、この曲で初の1位獲得なるでしょうか?

ZEDDはKATY PERRYと最強タッグ

Apple MusicへのリンクZedd & ケイティ・ペリー

世界的DJ・ZEDDの2019年第1弾シングルも発表となりました。その相手はなんとケイティ・ペリー。「世界で最も稼ぐ女性ミュージシャン」「公式ツイッターは世界の70人に1人がフォロワー」「オーランド・ブルームと先日結婚」と話題独占なわけですが、その新曲はラテンテイストもあるポップな曲で、ZEDDと言うよりはケイティ・ペリー寄りのサウンドと言った方がよいでしょう。タイトルの「365」はそのまま365日、24時間7日間、365日、つまりひねもすあなたと一緒にいたいという歌詞になっています。

これまで両者ともにヘビーローテーションになったことがあり、さらにケイティ・ペリーは「Carlifornia Gurls」と「Roar」の2曲で802では1位を獲得。久々の1位となる可能性もありそうです。

今回紹介したZEDD & KATY PERRY「365」、そしてCardi B & Brono Mars「Please Me」が1位を獲得することに期待しましょう。