#DEANFUJIOKA おせちは好きじゃない? #FM802 #tim802

OSAKAN HOT 100

チェケラ

スポンサーリンク



FM802「TACTY IN THE MORNING」、2018/1/2ディーンフジオカインタビュー。お正月の過ごし方は?作曲はいつやるの?

スポンサーリンク

おせち食べたりする?

ディーン「おせちはもう長いこと食べてないですね。そもそもおせちあんまり好きじゃなくて唯一お雑煮くらいですかね、好きだなと思うのは。」

日本以外でも正月のお祭りってあるの?

ディーン「国やコミュニティによっても違いますね。ウェスタンの国だと1月1日がニューイヤー。中華圏は旧正月を祝うから2月の上旬。ヒンズー系は多分3月だと思うんですよ。イスラム教は確か10月が新年だと思うんで。それこそインドネシアみたいな国は正月が何回もありますよね。ただ一番メインなのは、チャイニーズニューイヤーか西暦のニューイヤー。この2つがメインな気がしますね。」

いつ、どのタイミングで曲と向き合うの?

ディーン「2017年は完全にすべてラップトップパソコン1台でやってましたね。だから作曲するのも自分のマックブックで…13インチだから画面小さくてやりづらかったんですけど、15インチにアップデートしました。2017年にリリースしたEPの曲とかは基本的にコンピュータで全部やって、必要であれば生の音をレコーディングでボーカル録る時に一緒にという感じでやってました。何となーくこんな感じですみたいな。」

ドラマの撮影中もやってたの?

ディーン「そうですね。例えば『Let it snow!』とかは映画の撮影期間中に作曲して、トラックのデータも全部アレンジャーの方にお渡しして、その中から素材として使ってもらったものもあるし、とにかく懐かしさと新しさがループしてタイムレスになることが、『Let it snow!』で伝えたい物語の世界観に必須だったわけですよ。もちろんドラマの主題歌ということで、そちらとの相乗効果も立体的にしたかったので。」

ドラマも映画も撮影、ディーンフジオカは5人いる?

ディーン「いやあ、そうだといいすけどね。睡眠担当したいですね。」

全国ツアー決定!原点になったスペシャルソングも披露?

ディーン「自分がエンタメとかアートの世界の仕事に就いた原点ですかね。自分が香港でキャリアを始めた時に、音楽は切っても切れないものだったんですよね。世の中的には俳優として、モデルとして、見えるところでやらせてもらってたんですけど、そこには常に音楽があったり、音楽がきっかけで物事が進んでったりていうことがエピソードとしてあるので、そこを楽曲を絡めつつ、ライブでも昔のストーリーをみんなにシェア出来たらいいかなと思っています。」

DEAN FUJIOKA「Let it snow!」

Ituneより購入DEAN FUJIOKA