[FM802]OSAKAN HOT 100 ~6/10付チャート振り返り~祝1位・Official髭男dism

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

どうもです。いやあ梅雨ですね。なんでも今年はいきなり大雨で始まるとか言われてますね。台風も近づいてますし。一気にジメジメとした季節になりそうです。

そんな中、FM802はスペシャルウィーク中。6月11日からは恒例となったMEET THE WORLD BEATのキーワード発表があります。耳をダンボにして聴かないとですよ。

グラフ

では6/10のチャートを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

6/10のチャート

これまでのOSAKAN HOT 100チャート1位獲得曲はこちらをご覧ください。

Osakan HOT 100 No1リスト
  1. LW:026190→5290pt

    Apple MusicOfficial髭男dism

    チャート推移はこちらから
  2. LW:063990→5210pt

    Apple MusicWANIMA

    チャート推移はこちらから
  3. LW:034320→4580pt

    Apple Musicsumika

    チャート推移はこちらから
  4. LW:016210→4430pt

    Apple Music宇多田ヒカル

    チャート推移はこちらから
  5. LW:20圏外→4410pt

    NO_IMAGEハナガサイタaiko

  6. LW:16圏外→3900pt

    Apple MusicRADWIMPS

    チャート推移はこちらから
  7. LW:044200→3760pt

    Apple Musicアリアナ・グランデ

    チャート推移はこちらから
  8. LW:054190→3490pt

    Apple Musicaiko

    チャート推移はこちらから
  9. LW:103470→3430pt

    Apple Music米津玄師

    チャート推移はこちらから
  10. LW:–圏外→3400pt

    Apple MusicSuchmos

    チャート推移はこちらから

一転して上位陣のポイントの下げあいとなった今週。Official髭男dismがポイントを下げながらもどうにか5000ポイント台をキープして初のNo.1となりました。これもひとえに樋口DJの力ですね。しかし1位で5200ポイント台になってしまった辺り、来週以降のチャートの入れ替わりがすさまじくなりそうな雰囲気がしてきました。なんせaikoにラッド、サチモスと安定の常連アーティストがあっさりとTOP3をロックオンする位置につけています。このうちのどれかが1位になることでしょう。多分。

それでは上位アーティストのトリビア情報です。

その他上位アーティストの小ネタ情報

第10位にはSuchmos「VOLT-AGE」がオンエアポイント高得点で初登場にしてTOP10入り。6月14日よりFIFAワールドカップロシア大会が始まりますが、このイベントを盛り上げる一曲となっています。現在Suchmosは対バンツアー「Suchmos The Blow Your Mind TOUR」を開催中。キーボードのTAIHEIさん、遠征先で新たな鍵盤を購入したそうで、今後のライブやレコーディングでお披露目する予定だ、とのことです。

第7位のアリアナ・グランデ。7月にリリースされるニューアルバム「Sweetener」の概要が判明しました。それによると、ファレル・ウィリアムス、ミッシー・エリオット、そして相性抜群のニッキー・ミナージュとのコラボチューンが収録されます。特にニッキー・ミナージュとの共演作がアルバムのリード曲になるのでは、そしてチャートを賑わすのでは、と予想されております。

第6位はRADWIMPS「カタルシスト」が2週目でTOP10入り。いったい「Mountain Top」は何だったのか?曲は2000年代初頭のDragon Ashぽいミクスチャーロックな作品。「Fantasista」を出した頃の感じがしますね。ボーカルの野田洋次郎さんが「スポーツ」をテーマに曲を作り始めてみたら面白くなってきた、とスタッフに伝えたのがきっかけで出来た1曲。この作品の初回限定盤は世界初の「汗ジャケ」仕様となっています。

第5位はaiko「ハナガサイタ」。6月6日にアルバム「湿った夏の始まり」がリリースされました。今作品では2001年の6月にリリースした「夏服」を出した時のことを思い出し、aiko本人の過ごしてきた夏のことを今回の収録曲に込めた、とのことです。

第2位に上がってきたWANIMA。先日この曲のミュージックビデオが公開となりました。ロードムービーチックな仕上がりとなっており、広大な砂漠の中で3人が演奏するシーンが必見です。

以上が今週の振り返りでした。次回のOSAKAN HOT 100ブログでは、2018年上半期チャート展望をお届けします。