[FM802]OSAKAN HOT 100 ~9/2付チャート展望。星野源「アイデア」がやばい位置で入ってくるぞー。

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

どうもです。まだまだ蒸し暑い日が続きます。熱中症にならないよう気を配るので精一杯ですね。

ということで早速ですがオンエアの傾向、行ってみましょう。

スポンサーリンク

星野源「アイデア」の獲得ポイントを徹底検証する!

onair

ではオンエアの傾向です。洋楽ヘビロのトロイ・シヴァン「Bloom」が42回、邦楽ヘビロSHE’S「歓びの陽」が39回となっています。先週はそれぞれ12位と11位、9月一発目のチャートでおそらく最初で最後のTOP10入りとなるでしょう。

で、問題はここからです。その次に多くオンエアされたのが、8月20日に解禁されたこの曲でした。

朝ドラ「半分、青い。」の主題歌となっている星野源「アイデア」がやっぱり断トツのオンエア数を稼ぎました。その数29回。これは解禁初日の8月20日分を除いたもので、この日も含めると合計36回となります。8日間でこの数字。つまり1日4~5回かかったことになりますね。やりすぎくらいがちょうど良くないぞ、802。

しかも、解禁と同時にデジタル配信も始まっており、レコチョクデジタルセールスも総合1位と好スタートを切っています。このポイントもいきなり加算されるわけですよ。一体どれくらいのポイントになるのか。この1年間で初登場TOP10入りした楽曲をもとに検証してみましょう。

まず、2017/12/3付でB’z「DINOSAUR」が6位に初登場。この時の獲得ポイントが4450ptでした。月曜オンエア解禁だったので、8日間での週間オンエア数が34回を記録。オンエアのみでのポイントでこの得点でした。この2週後にアルバムセールスが入って初の1位獲得となったわけですね。

その次が2018/1/28付で星野源「ドラえもん」が7位に初登場。この時の獲得ポイントが3900ptでした。この曲は水曜解禁で6日間での週間オンエア数が27回でした。

2018/2/25付では今年のOSAKAN HOT 100上半期チャート1位となっている米津玄師「LEMON」が6位に初登場。獲得ポイントが4400pt。こちらは月曜解禁でオンエア数は8日間で25回。ただし解禁と同時にデジタル配信されており、こちらがデジタルセールスでトップになったためポイントが更に上乗せされました。

2018/6/10付ではSuchmos「VOLT-AGE」が10位に初登場。獲得ポイントが3400pt。こちらは水曜解禁でオンエア数は6日間で23回でした。

そしてもっとも最近では2018/8/5付のBUMP OF CHICKEN「望遠のマーチ」が記録した5位。獲得ポイントが4600pt。月曜解禁で8日間でのオンエア数は29回。さらにこの曲も解禁と同時にデジタル配信が始まり、デジタルセールスポイントが加算されポイントが跳ね上がりました。

とまあこの8か月で初登場TOP10入りが5曲もあるのか。時代は変わったなあ。としみじみしている場合ではない。「アイデア」の獲得ポイントを考える上でこれらの曲がモデルケースになりそうですね。例えばB’z「DINOSAUR」と同じ月曜解禁で8日間のオンエア数が若干上回っている(「アイデア」は36回)。ということを考えると4500ポイントは越えるということになるでしょう。これは先週で言うと8位相当の順位になります。

さらにここが重要。その上で米津玄師「LEMON」やBUMP OF CHICKEN「望遠のマーチ」のように、初登場でいきなりデジタルセールスのポイントが加算されるわけです。オンエア数で言えばこの2曲を上回っています。特に米津とは10回以上の差が、つまりこれだけでも4600ポイントは軽く越えると考えていいでしょう。

つまり、B’z「DINOSAUR」以上の高いオンエア数と米津玄師「LEMON」ばりの高いデジタルセールスが合わさると果たして何ポイントとなるのか。今までに無いケースということで、正直想像がつきません。獲得ポイントもそうですが、現在上位にいる面々がここからポイントがどうなるのかというのも、初登場で何位になるのかというカギになるでしょう。

上位陣のオンエア~back numberが怖い!

チャート上位陣

まず先週1位に返り咲いたあいみょん「マリーゴールド」は19回。「Mステ」出演時のデジタルセールスが反映されこちらが総合8位と上昇。オンエアの安定とともにポイントの大きな下げもないでしょう。

アルバムセールスが依然好調な2位サザン、3位Perfumeはともにオンエア数8回となっています。

変わって4位に浮上したback number「大不正解」は更にオンエアが増えて20回と絶好調です。デジタルセールスが加算されるのは次週、9/9付からとなります。これまで1位を獲得したのがすべて冬場、コバタケプロデュース、バラードと決まっていましたが、初の夏場、ナイスポジション、ロックな1曲で1位となるのでしょうか?

5位sumika「ファンファーレ」がはまたオンエアが19回と増えてきました。こちらは両A面となっている「春夏秋冬」も解禁となっています。今後は票割れが起きる可能性が高いでしょうね。

6位のBUMP OF CHICKEN「望遠のマーチ」は8回、7位Mrs. GREEN APPLE「青と夏」は10回とペースダウンしていますね。

以下8位DJ KhaledはTOP10キープが絶望的なオンエア数2回、9位Little Glee Monster「世界はあなたに笑いかけている」は8回となっています。

あとTOP10圏外ではクリープハイプ「」がまたオンエア数を上げてきています。9月にアルバムがリリースされますが、秋に桜の歌が1位となる…わけはないか。

ということで星野源「アイデア」がどのくらいのポイントを上げ、何位につけるのか。TOP20想定は金曜日に更新いたします。