[FM802]OSAKAN HOT 100 ~9/9付チャート振り返り!やっぱり星野源だった。「アイデア」があっさり1位を獲得。

スポンサーリンク

どうもです。先週は非常に強い台風が週の前半に日本列島を襲い、更に木曜日には北海道を大きな地震が襲いました。相次ぐ災害で気持ちも落ち着かない方もたくさんいると思われます。ホント日頃何不自由なく生活していることに感謝しなければなりません。そして日頃から備え、大切だと改めて実感しました。

では9/9付のチャートを振り返ります。

0909chart

OSAKAN HOT 100、今週のチャート

DoCoMoDoCoMo

当ブログでは各々楽曲のAPPLE MUSIC及びiTunes Storeへのリンクを貼っております。

曲名の後ろにが付いている場合はAPPLE MUSICへのリンク、が付いている場合はiTunes Storeへのリンク(APPLE MUSIC未対応)となっておりますので、ぜひご利用ください。

  1. LW:038010pt

    Apple Musicへのリンク星野源OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  2. LW:016330pt

    Apple MusicへのリンクあいみょんOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  3. LW:025840pt

    Apple Musicへのリンクback numberOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  4. LW:045130pt

    Apple MusicへのリンクsumikaOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  5. LW:124240pt

    Apple MusicへのリンククリープハイプOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

    クリープハイプ -「栞」(OFFICIAL VIDEO)
  6. LW:064030pt

    Apple MusicへのリンクサザンオールスターズOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  7. LW:053680pt

    Apple MusicへのリンクPerfume

  8. LW:103660pt

    Apple MusicへのリンクBUMP OF CHICKEN

  9. LW:073430pt

    Apple MusicへのリンクMrs. GREEN APPLE

  10. LW:083330pt

    Apple Musicへのリンクトロイ・シヴァン

はい、星野源が1位を獲得しました。以上。

そりゃあねえ、あれだけオンエアされたらねえ。もう平日の帯番組でもう必ずオンエアしないといけないような偏った使命感で異様なほどオンエアが増えています。ただ実際世間的な評判はそこまででもない感じがしますけどね。今週もデジタルセールスそのものはback numberがトップでした。ところがback numberのオンエアが抑え込まれ(突然前週から半減した)、1位どころかポイントを下げる事態になってしまいましたからね。一部のヲタによるリクエストのローラー掛けという圧力なのかもしれませんが、ホントチャートの私物化、オンエアが変に偏ってしまうからやめて欲しい。もっと選曲の多様化、もっと他の曲にあてて欲しい。アリアナ・グランデがアルバム出したのにTOP20に入れないのは、多分にこの意味不明なオンエアの一極集中にあるからでしょう。

曲自体もリリースをされるごとに余計ひどくなっているというか、やりたいことを詰め込み過ぎてどっちらけになってる印象がありますね。「ドラえもん」の時にも感じてたんですが、それがかなりこの曲ではひどくなっている。曲のクオリティが下がっているのに反比例してセールスは伸びるので余計に勘違いしてしまうんでしょう。だったらオンエアしなきゃいいのにね。

今週のTOP10入りは結局クリープハイプ「」が4週ぶりに戻ってきた1曲だけでした。トロイシヴァンが10位で粘り、OSAKAN J-HITS TOP10になることだけは避けられましたが、次週以降どうでしょう。全英チャート1位を獲ったことで14位まで上がってきたCalvin Harris & Sam Smithが更にオンエアを伸ばせればTOP10入りは十分ありそう。なんせ上位陣はほとんどがピークを過ぎてバテるだけですからね。

さらにMISIAの「アイノカタチ」もようやくのTOP20入り。この曲とか、DA PUMP「U.S.A.」とかデジタルセールスが高いのにオンエアで損している曲というのが多いですね。こっちにオンエアを少しでも回せばいいのに、なんで「アイデア」にこだわるのか、その辺りから変えていかないとでしょう。