[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2018年間チャートデータ分析

スポンサーリンク

どうもです。さて、今週の日曜日に「OSAKAN HOT 100」の2018年年間チャートの発表があります。今回はこのブログでもチャートの1位が何になるのか、展望してまいりたいと思います。

集計期間は昨年の年間チャートが発表された2017年12月17日の翌週、つまり2017年12月24日から年間チャート当日の2018年12月16日までの52週となります。

データ1:期間内の1位獲得楽曲は?

まずはこの52週間で1位を獲得した楽曲を上げてみました。こちらのページでも1位獲得楽曲のリストを紹介しています。ぜひご覧ください。

FM802「OSAKAN HOT 100」で1位を獲得した楽曲のリスト。チャート予想と懐かしの楽曲検索にぜひご活用ください。
日付
楽曲
アーティスト
2017/12/24~2018/1/28
瞬き
back number
2018/02/4~2018/2/11
シグナル
WANIMA
2018/02/18
君の瞳に恋してない
UNISON SQUARE GARDEN
2018/02/25~2018/3/11
サザンカ
SEKAI NO OWARI
2018/03/18
ドラえもん
星野源
2018/03/25~2018/4/22
LEMON
米津玄師
2018/04/29~2018/5/6,2018/5/20
ストロー
aiko
2018/05/13
Radio Bestsellers
2018/05/27~2018/6/03
Play A Love Song
宇多田ヒカル
2018/06/10~2018/6/24
ノーダウト
Official髭男dism
2018/07/01
闘う戦士たちへ愛を込めて
サザンオールスターズ
2018/07/8~2018/7/22
VOLT-AGE
Suchmos
2018/07/29~2018/8/5,2018/8/26~2018/9/02
マリーゴールド
あいみょん
2018/08/12~2018/8/19
壮年JUMP
サザンオールスターズ
2018/09/9~2018/9/30
アイデア
星野源
2018/10/07
クリープハイプ
2018/10/14~2018/10/21
Your Song
Mr.Children
2018/10/28
イルミネーション
SEKAI NO OWARI
2018/11/04
オールドファッション
back number
2018/11/11~2018/12/9(継続中)
今夜このまま
あいみょん

これが今年ここまでの1位獲得アーティスト。ね、J-POPばっかりでしょ。更に赤で塗りつぶしたのはこの期間に複数の曲で1位を獲得したアーティスト。赤囲みは過去にこのチャートで1位を記録したアーティスト。これを見ると…やけにリピーターが多いのがよく分かると思います。

その一方で番狂わせというかダークホース的アーティストがほとんど出なかった。この期間で初めてチャート1位を記録したのがACCESS!キャンペーンソングのユニットだったRadio Bestsellersを除くとWANIMA、Official髭男dism、あいみょんの3組のみ。このうちあいみょんはこの1年に2曲が1位に、WANIMAは「ともに」や「やってみよう」の2位を含めすでにTOP10の常連だったことを考えると、Official髭男dismだけなんですよ。これまでTOP10入りもなく、チャート下位からじわじわと上がってきたダークホースって。ちなみに「ノーダウト」は初登場78位、チャートイン9週目での1位でした。

この間に1位を獲った20曲の平均初登場順位は21.05位、1位獲得までの所要週は4.65週となっています。「アイデア」の初登場3位をはじめ、「ドラえもん」7位、「Lemon」6位、「V0LT-AGE」や「Your Song」10位、「オールドファッション」「今夜このまま」が5位など初登場からTOP10につけていた曲も去年と比べ目立ちました。ある意味最初からチャートの流れが決まっていたような感じですね。

1位獲得までに要した週も全体的に少なく、5週を超えたのも去年を大きく下回る5曲(去年は9曲)でした。最も要したクリープハイプ「」が13週と平均を引き上げていますが、この曲でも2週目に2位まで行ってましたからね。アルバムが出たらある程度1位を獲るだろうと読めちゃっていたわけです。

これまでもリピーター、常連が当たり前のように1位を獲るということはあったんですが、以前の場合、洋楽がストッパー役になっていたわけです。いいタイミングでアルバムのセールスポイントが入ってきて邦楽勢を阻止するというか。ところが今年の場合は、洋楽が1位を獲れず歯止めがかからなかった。例年だと1位獲れそうな「THIS IS ME」などをもってしても敵わなかった。邦楽にオンエアが偏ってしまったがためにある程度のデジタルセールスだけでも十分1位を獲れちゃう状況が作られてしまった…というのが今年の特徴ではないでしょうか。

データ2:期間内で最もチャートインしていたのは?

では続いてこの52週間で最もチャートインしていた楽曲の上位10曲をご紹介します。(12月9日現在でチャートインしている「SHAPE OF YOU」「Lemon」「ストロー」の3曲は年間チャート当日の16日付でもチャートインしていると仮定して計算。)

チャートイン
アーティスト
52週
SHAPE OF YOU
ED SHEERAN
43週
LEMON
米津玄師
42週
FAMILY SONG
星野源
41週
CHANGE
ONE OK ROCK
41週
ドラえもん
星野源
36週
ストロー
aiko
33週
CUT TO THE FEELING
CARLY RAE JEPSEN
32週
イト
クリープハイプ
30週
No Tears Left to Cry
Ariana Grande
30週
ノーダウト
Official髭男dism

去年年間1位のエド・シーラン「Shape of You」が100週連続のチャートイン、ということでこの1年間パーフェクトに入っています。ついで上半期1位の米津玄師「LEMON」が43週、他にも上半期TOP10入りの「CHANGE」や「ドラえもん」、TOP20入りの「ストロー」辺りもロングチャートインしていますね。

ちなみに上半期7位「Finesse(Remix)」、8位「HAVANA」が次点の28週となっています。

データ3:この1年間のTOP10入り回数

さらにこの52週間でTOP10、TOP20入りが多かった曲も上げてみましょう。

なぜこのデータを出すか?それは、このHOT100で過去2回、週間チャートで1位を獲れなかった曲が年間チャート1位になったことがあるからです。最初は2006年のDaniel Powter「Bad Day」、これが週間では最高位2位でしたが、長くTOP10…というか1年以上のチャートインで気が付くと年間1位になっていたというのがありました。その後、2012年にもCARLY RAE JEPSENの「CALL ME MAYBE」が最高位2位ながら年間1位を獲得しています。この時も実にTOP10入りが15週以上というロングランを記録していましたからね。

更に1位ではありませんが、2016年は年間2位にこれまた1位を獲得したことの無いJUSTIN BIEBER「WHAT DO YOU MEAN?」が、年間3位にはFIFTH HARMONY「WORK FROM HOME FEAT.TY DOLLA $IGN」が入るなど、1位を獲得しなくとも、長くTOP10、TOP20に居座れば年間でも上位に来ることが出来るのです。

したがって1位を獲っていない洋楽にもチャンスがある。とは言え夏以降、OSAKAN J-HITS TOP10状態が常態化していただけにどうなんやろ?

TOP10入り
アーティスト
16回(1位5回、TOP20入り21回)
LEMON
米津玄師
14回(TOP20入り17回)
フィクション
sumika
12回(1位1回、TOP20入り18回)
クリープハイプ
12回(1位1回、TOP20入り14回)
ドラえもん
星野源
11回(TOP20入り21回)
SHAPE OF YOU
ED SHEERAN
11回(1位3回、TOP20入り15回)
ノーダウト
Official髭男dism
10回(1位4回、TOP20入り14回)
マリーゴールド
あいみょん
10回(1位3回、TOP20入り12回)
VOLT-AGE
Suchmos
10回(TOP20入り11回)
CHANGE
ONE OK ROCK

やはりここでも「Lemon」と「Shape of You」が顔を出していますね。さらに上半期19位の「フィクション」や「ノーダウト」、下半期に1位を獲得した「VOLT-AGE」、「マリーゴールド」辺りもTOP10に長く居座りました。

ちなみに洋楽勢でTOP10入りが多かった曲、次点は「No Tears Left to Cry」、「THIS IS ME」、「Finesse(Remix)」でそれぞれ6週となっています。このことからもエド・シーランはかなり上位に来るのではないでしょうか?。

以上のデータをもとに、次回のブログでは年間チャートのTOP20を想定してみます。え?やっぱり「Lemon」が1位だって?果たしてどう想定するか、こうご期待。