[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/02/10付チャート展望。チャート激変前夜、sumikaがとんでもない位置で登場か?

スポンサーリンク

どうもです。いやあ、あったかかったと思えば雪が降ったりとせわしないですね。春が待ち遠しいこの頃です。ではオンエアの傾向に参りましょうか。

sumika、WANIMA、ワンオク…解禁されたばかりの新曲が絶好調

さて、今週はオンエアの集計期間が1月と2月をまたいでいるため、オンエア数がばらけています、詳細は下記に記載しますが、開始数日間はルディメンタル「Walk Alone」よりEveの「僕らまだアンダーグラウンド」の方がオンエアが上回っていますね。両者とも2月6日にアルバムリリース(ルディメンタルは国内盤)となり、来週からポイントが加算されます。ルディメンタルは「BEAT EXPO」でも特集が組まれましたがどのようなチャートアクションを見せるでしょうか?

で問題はその次から。オンエア解禁されたばかりの新曲が軒並み大量オンエアを稼ぎました。

まずは3月13日にリリースされるsumikaの新しいアルバム「Chime」より「ホワイトマーチ」がオンエア解禁から1週間でなんと25回ものオンエアを記録。季節がらぴったりということでしょうがちょっとオンエアされ過ぎですかね。sumikaはここ最近の曲がTOP5に入りまくっており、順番的には今度こそ1位を獲ってもおかしくないでしょう。なんせバニラズまでもが先に1位獲っちゃいましたからね。アルバムのリリースまでにどこまで順位を伸ばせるでしょうか?。

続いて今月13日にアルバム「Eye of the Storm」がリリースされるONE OK ROCKは新たにリード曲「Wasted Nights」が2月1日から解禁され4日間で19回のオンエアを記録。こちらは4月上映の映画「キングダム」の主題歌に起用されています。ワンオクと言えばこのアルバムから「In the Stars」も映画主題歌に選ばれていますが、配信リリースで切ったのはこちらが先でした。

さらにWANIMAも3月にリリースされるEP「Good Job!!」より「アゲイン」が解禁され17回というオンエア数を記録しています。こちらはドラマ「メゾン・ド・ポリス」の主題歌ですね。今期は802がらみのアーティストが主題歌を多く手掛けていますがそのうちの一つがこのWANIMAとなっています。で、「メゾン・ド・ポリス」がどんなお話かというと、それはこちらのページを是非読んでみてくださいな。

加藤実秋「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」のあらすじ・人物相関図紹介。新人刑事と元敏腕刑事のおじさんたちがタッグを組むと?

なお、この3曲はいずれも2月1日に先行での配信リリースが開始となっております。このデジタルセールスが加算されるのは来週17日付のチャートから。特にワンオクとWANIMAは早速高得点をたたき出しそうな見込みで、上位に食い込むことも考えられますね。

上位陣のオンエアは?

さて上位陣のオンエアです。初の1位を記録したgo!go!vanillas「No.999」でしたがリリース日が過ぎたこともありオンエア数が前回の16回から8回まで半減しました。ポイントの増加はこれ以上望めないかも?

一方僅差2位まで上がってきた宇多田ヒカル & Skrillex「Face My Fears」は13回から11回と引き続きオンエア数はキープ。デジタルセールスも総合4位とまだポイントは上がる可能性があります。

さらに3位の星野源「Pop Virus」は12回のオンエア数をキープ。これは2日に京セラドーム大阪でツアーが開幕したこともあり、ライブリポートなどでオンエアを稼ぎましたね。まだポイントはキープできるかもしれません。

そのほかでは先週11位につけているNulbarich「Sweet and Sour」はオンエア数10回、今週アルバム「Blank Envelope」がリリースされましたがこのポイントが入る来週に向けてTOP10入りとなりそうです。

同じ週、8日にアルバム「thank u, next」がリリースのアリアナ・グランデは先週23位初登場の「7 rings」がオンエア11回、デジタルセールスも加算されこちらもTOP10入り確実でしょう。Nulbarichとアリアナ、来週のチャートではかなり熾烈を極めたチャートバトルを繰り広げそうですね。

また、先週20位のDEAN FUJIOKA「Maybe Tomorrow」はアルバム「History In The Making」のセールスポイントが今週から加算、オンエアも9回まで伸ばしており、こちらもTOP10入りがあるのかどうかといったところでしょう。

今週以降チャートインしそうな注目曲

Suchmos約7分間のアニバーサリーソング

Apple MusicへのリンクSuchmos

3月にアルバム「THE ANYMAL」(これで”アニマル”って読むんだそう)がリリースされるSuchmosですがそのリード曲が先行配信されています。「あれ?どっかで聞いたことあるぞ」と思ったあなたはJ-WAVEリスナーですね。実はこの曲、昨年10月に30周年を迎えたJ-WAVEのアニバーサリーソングとして書かれたもので今年1月1日の12時にJ-WAVEで初オンエアとなりました。約7分におよぶプログレッシブロックな作品でアニバーサリー感が無いんですが、これもSuchmos的かっこいいお祝いソングなんでしょう、きっと。

ラウヴとトロイ・シヴァンのコラボ

Apple Musicへのリンクラウヴ & トロイ・シヴァン

「I LIKE ME BETTER」が2017年10月のヘビロだったLAUVと「Bloom」が昨年8月のヘビロだったTroye Sivanのヘビロコンビがコラボシングルをリリースしました。「i’m so tired…」、”僕はとても疲れた”という今の自分の気持ちを代弁しているかのようなタイトルですが、歌詞の中身は肉体的疲れというよりかは”ラブソングはもうこりごり”という内容の曲で、サウンドもEDMチックなポップスとなっております。Tiredな感じの曲ではなさそうですね。

ブライアン・アダムス新作はあの人との共作

Apple Musicへのリンクブライアン・アダムス

「18 til i die(一生18歳)」という曲も懐かしい現在59歳のロックスター・ブライアン・アダムスの新曲がリリースされました。3月にアルバムが出るのですがそのタイトル曲となっています。エド・シーランとの共作ということでどことなくポップな感じが出ていますね。見た目はだいぶ老けましたが渋みのあるハスキーなボーカルは相変わらずです。

要注目、ビリー・アイリッシュ

Apple Musicへのリンクビリー・アイリッシュ

ラストに今年ブレイクするのでは?と言われているビリー・アイリッシュの新曲がこちら。MVといい、曲といいどことなく異質な雰囲気、怖さを漂わせた1曲ですね。「bury a friend」、つまり友達を埋めるという意味なのですが、どうもこの場合は自分の中に潜む怪物ということらしい、自分の中の恐怖といったものと対峙するということがテーマになっているようで、とくに心が病んでいる現代社会人の方、特に若い方が聴くとよさそうな感じがします。これから徐々にオンエアが増えていきそうな感触もありますね。

この人はbbc sound of 2018のロングリストに入ったわけですが、その1位だったのがSigrid。こちらも新曲「Don’t Feel Like Crying」がリリースされていますのでこちらもぜひ聴いてみては?

最後に、今週のオンエア上位20曲を載せておきますので、是非とも予想の参考に。来週も土曜と日曜でまとめてブログ更新になるかもしれません、悪しからず。

今週のオンエア上位20曲

Title
Artist
オンエア回数
僕らまだアンダーグラウンド
Eve
25回
ホワイトマーチ
sumika
25回
Alright
Jain
22回
パレイドリア
須田景凪
20回
Walk Alone
Rudimental
20回
Wasted Nights
ONE OK ROCK
19回
アゲイン
WANIMA
17回
ら、のはなし
あいみょん
13回
Pop Virus
星野源
12回
Face My Fears
宇多田ヒカル & Skrillex
11回
7 Rings
Ariana Grande
11回
Sweet and Sour
Nulbarich
10回
Harmony Hall
Vampire Weekend
10回
WATER
Suchmos
10回
Stand Out Fit In
ONE OK ROCK
9回
Maybe Tomorrow
DEAN FUJIOKA
9回
Slumberland
King Gnu
9回
No.999
go!go!vanillas
8回
やたらとシンクロニシティ
YUKI
8回
HAPPY BIRTHDAY
back number
8回
I’m so tired…
LAUV & TROYE SIVAN
8回