[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/03/31付チャート振り返り、盤石のsumikaに付け入るスキはあるのか。2018年度最後のチャート。

スポンサーリンク

どうもです。明日からは2019年度に入ります。802でも番組がちらっと変わります。その改編の中身はこちらで紹介していますので是非参考になさってください。

FM802の2019年4月改編、ここまで分かった。「WONDER POP」開始、新人DJ登場…。

では今週のチャート結果です。

OSAKAN HOT 100、今週のチャート

これまでのOSAKAN HOT 100チャート1位獲得曲はこちらをご覧ください。

FM802「OSAKAN HOT 100」で1位を獲得した楽曲のリスト。チャート予想と懐かしの楽曲検索にぜひご活用ください。
  1. LW:016190pt

    Apple Musicsumika

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  2. LW:475150pt

    Apple MusicBUMP OF CHICKEN

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  3. LW:044300pt

    Apple Musicaiko

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  4. LW:174160pt

    Apple Music秦 基博

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  5. LW:274140pt

    Apple Musicgo!go!vanillas

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  6. LW:023730pt

    Apple MusicTHE ORAL CIGARETTES

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  7. LW:033720pt

    Apple MusicONE OK ROCK

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  8. LW:123680pt

    Apple Musicビリー・アイリッシュ

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  9. LW:083580pt

    Apple Musicback number

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  10. LW:153560pt

    Apple MusicDYGL

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから

sumika「10時の方角」がアルバムポイントの好調さでV2達成です。正解率は79%でした。どんだけsumikaファン多いんだこの番組は?

今週のTOP10入りは5曲。まず2位には47位からのHighest Jump Upを獲得したバンプの新曲「Aurora」。先週も書いた通りデジタルセールスとオンエアポイントをガッツリ稼いでの予想通りのTOP3入り。これはドラマ主題歌だった曲ですね。7月リリースのアルバムにも入るであろう曲ですが、それにしても、タイアップものばかりになりそうで…どうなのかねえ。

4位は秦基博の3月13日配信リリースとなった「仰げば青空」。秦さんと言えば「REQUESTAGE」への出演もありますが、なんと今年のアクキャン、RADIO DARLINGSの歌う「メロンソーダ」にコーラスとして参加していることが分かりました。同じくコーラスには「愛は勝つ」が歴史的大ヒットを記録したKANも参加しているという802とは切っても切れない二人がバックに入っていることで注目度も更に上がることでしょう。

5位はバニラズ5月リリースのアルバムからの先行配信曲「Hey my bro.」。オンエアだけでここまで持ってきました。

8位と10位は3月のヘビーローテーションですね。ビリーアイリッシュは今週アルバムがリリースになりました。どこまで人気が出るでしょうか。

今週の11位から20位は?

今週の11位以下は次の通りです。マシュメロ「Here with me」が13位で止まりましたね。来日公演があったが「Happier」との票割れが痛かった。あとは映画「スパイダーマン」の公開後からオンエアがまた増えてきたPost Malone & Swae Lee「Sunflower」が10週ぶりのTOP20、しかも22週目で最高位を更新しました。全米でもまだTOP3に入ってますし、しぶといですねえ。

あとは20位にあいみょんの4月リリースのシングルが初登場で入ってきました。これあれですね。映画「クレヨンしんちゃん」の主題歌になっている曲。あいみょんのルーツともなっている岡本太郎氏などはこの映画を見て知ったというくらいクレしんとは切っても切れない縁となっています。公開当週にシングルも出るということで、おそらく4月に入ってから、オンエア数がかなり伸びてくると思われます。これは要注意ですね。

RANK
Title
Artist
11位
白日
King Gnu
12位
ら、のはなし
あいみょん
13位
Here With Me
Marshmello feat.CHVRCHES
14位
THE GIFT
平井大
15位
ミライ
JUJU
16位
LOVE SONG
SEKAI NO OWARI
17位
Sunflower
Post Malone & Swae Lee
18位
Now That I Found You
Carly Rae Jepsen
19位
Please Me
Cardi B & Bruno Mars
20位
ハルノヒ
あいみょん

今週のNew Entry

Apple MusicGus Dapperton

今週98位に滑り込んだのがニューヨーク出身のインディーズアーティスト、ガス・ダパートンの1曲。なんでもニューオーダーなどのニューウェーブ的ロックや去年フジロックにも出演したマック・デマルコのようなサイケデリックなポップに影響を受けたと語るこれから注目のポップアイコン。この曲はアコギが気持ちいいゆるい感じのポップでサーフミュージック的なアプローチも見せていますね。デビューアルバム「Where Polly People Go to Read」は4月19日リリース。そこからの先行シングルとなっています。ちなみにこれ、3月の「EXPO HITS」になっていますね。「Beat Expo」1押しということでオンエアも割と多かったようです。

そのほかの初登場曲は以下の通り。50位LSD、58位アンダーソンパーク、67位カリードとこの辺り、4月にアルバムリリースを控えたアーティストの先行曲が入ってきていますね。TOP20辺りまで上がってくる可能性も十分にあります。カリードのこの曲も「EXPO HITS」になってましたね。

あとはやっと85位にレゴムービー2のサントラに入るベックの新曲がエントリーしてきましたよ。ZIP-FMではもう1位になってるというのにこの遅さ。ポップで乗れる曲なのでここからぐんぐん上がってもらいたいものです。

RANK
Title
Artist
50位
No New Friends
LSD feat.Sia,Diplo,Labrinth
58位
King James
Anderson .Paak
67位
Talk
Khalid
70位
Breath
Keishi Tanaka
74位
PRISM
Friday Night Plans,JJJ,STUTS
85位
Super Cool
Beck feat.Robyn & The Lonely Island
88位
スパイラル
ストレイテナー
98位
My Favorite Fish
Gus Dapperton

今週のサヨナラHOT100

今週、OSAKAN HOT 100のチャートから姿を消した楽曲を紹介します。今週はチャートアウトしたのは9曲でした。

entrydate
Title
Artist
2019/01/13
Maybe Tomorrow
DEAN FUJIOKA
2019/01/27
Giant
Calvin Harris,Rag’n’Bone Man
2019/03/03
雨のように泣いてやれ
NakamuraEmi
2019/02/17
逃避行
フレデリック
2019/01/27
スキライズム
フレデリック
2019/02/03
GOOD NIGHT BABY
あいみょん
2019/03/10
Summertime
RIRI,KEIJU,小袋成彬
2019/02/17
Got To Keep On
The Chemical Brothers
2018/12/09
Imperfection
THE CHARM PARK

sumika逃げ切るか?

さて次週のプチ展望ですが、sumikaが2位との差を1000ポイントと依然断トツのポイントを稼いでいますが、焦点はアルバムのポイントが入るback numberがどこまで差を詰めるかになるでしょうね。現在9位の「HAPPY BIRTHDAY」はデジタルセールスもかなり稼いでおり、オンエア数いかんによってはsumikaとの差をひっくり返すくらいのポイントを稼ぐ可能性もあり、sumika絶対とは言い切れないかもしれません。

あとはじわじわと上がってきている8位のビリーアイリッシュも今週アルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」がリリース。このポイントも次週は加算されます。果たしてどこまで上げてくるのでしょうか?

と、いうことで現時点での来週の1位を想定しているのは

back number「HAPPY BIRTHDAY

ということで振り返りと次週展望でした。2019年度は洋楽、頑張ってもらいたいですね。