[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/05/26付展望。Taylor Swiftピンチ?追いかける髭男とEd Sheeran。このオンエア差をどう取る?

スポンサーリンク

どうもです。2019/05/26付チャートの展望です。Taylor Swiftの新曲「ME!」のV2なるか。オンエア数はどうだったのか、これを見ると一目瞭然。ぜひご覧ください。

それではギフトカード2000円分とアーティストグッズが欲しいあなたへ、今回のオンエアの傾向、の前にまずはデジタルセールスから確認してみましょう。今週もオンエアの潮目がはっきりと変わっています。それくらいの異変が起きています。がその前にレコチョクのダウンロードセールスから。

今週のデジタルセールス上位曲

デジタルセールス・総合(5/1~5/7)

RANK
Title
Artist
1位
まちがいさがし
菅田将暉
2位
Remember Me
MAN WITH A MISSION
3位
SEIMEI
ゆず
4位
Lemon
米津玄師
6位
ハルノヒ
あいみょん
7位
紅蓮華
LiSA
10位
Wasted Nights
ONE OK ROCK
11位
白日
King Gnu
12位
Pretender
Official髭男dism
13位
HAPPY BIRTHDAY
back number
17位
Pray
[Alexandros]
18位
BLUE SAPPHIRE
HIROOMI TOSAKA

デジタルセールス・洋楽(5/1~5/7)

RANK
Title
Artist
1位
I Don’t Care
Ed Sheeran & Justin Bieber
2位
ME! feat. Brendon Urie of Panic! At The Disco
TAYLOR SWIFT
3位
SHAPE OF YOU
ED SHEERAN
4位
Bohemian Rhapsody
Queen
9位
If I Can’t Have You
Shawn Mendes
10位
SOS FEAT.ALOE BLACC
Avicii
11位
bad guy
Billie Eilish
15位
Earth
Lil Dicky
17位
A WHOLE NEW WORLD
ZAYN & ZHAVIA WARD
18位
TOUGH LOVE
AVICII FEAT.AGNES,VARGAS & LAGOLA
19位
Sucker
Jonas Brothers

エドちゃんとジャスティンビーバーのコラボがデジタルではテイラーを抑えて1位となっています。ショーン・メンデスやビリー・アイリッシュが上がってきていますね。さあ、そしてオンエアの方はどうなったでしょうか?

テイラーと髭男に明暗。微妙すぎるオンエアの差

5/13から5/19までのオンエア数

Title
今週
先週
switch / CHELMICO
42回
37回
ZORA / Jamila Woods
40回
41回
メロンソーダ / RADIO DARLINGS
38回
47回
Pretender / Official髭男dism
27回
21回
I DON’T CARE / Ed Sheeran & Justin Bieber
23回
11回
Ambitious / Superfly
19回
0回
Boy With Luv / BTS feat.Halsey
16回
12回
ME! / Taylor Swift feat.Brendon Urie
14回
20回
HELP / flumpool
13回
17回
パラノーマルワンダーワールド / go!go!vanillas
13回
12回
まちがいさがし / 菅田将暉
13回
9回
Pray / [ALEXANDROS]
12回
12回
Now That I Found You / Carly Rae Jepsen
12回
3回
Dororo / ASIAN KUNG-FU GENERATION
11回
7回
君の唄(キミノウタ) / 阿部真央
10回
9回
SEIMEI / ゆず
10回
8回
If I Can’t Have You / Shawn Mendes
9回
19回
ハルノヒ / あいみょん
9回
11回
まっさら / KANA-BOON
8回
14回
Breath / Keishi Tanaka
8回
5回
Blame It On My Youth / blink-182
8回
0回

気が付いたら「メロンソーダ」のオンエアが間引きされ始めてますね。ついにヘビーローテーションにオンエア数が抜かれました。個人的におススメのジャミーラ・ウッズ「Zora」もさすがに今週でTOP20入りでしょう。

さあそして問題はその次。今週も髭男「Pretender」が大量オンエア。前回の21回を大きく上回る27回を記録しています。リリース週、更に映画公開週で予想通りに集中オンエアされてきましたねえ。デジタルが総合12位とまだ伸びきれていませんが、ポイントは確実に伸ばしてくると思いますね。

これに対してV2を狙うテイラー・スウィフト「ME!」はオンエアの勢いが若干鈍ったか、14回と減っています。デジタルセールスも2位ということでポイントを下げてしまいそうですね。どこまでポイント減を抑えられるでしょうか。

テイラーに変わってオンエアを稼いだのが、先週29位に初登場したエドちゃんとジャスティンビーバーのコラボ「I Don’t Care」で23回、正直テイラーの2週目ほどではなかったですが(なぜ?)、オンエアを稼いできました。更にデジタルセールスは1位。ポイントを大きく伸ばすことはもう間違いありません。テイラーにどこまで迫れるか?

上位のオンエアは?

では先週の上位陣のオンエア数です。3位の「メロンソーダ」は38回、4位あいみょん「ハルノヒ」は9回と一桁に落ちました。これと10ポイント差まで迫ってきた5位のビリー・アイリッシュ「bad guy」は前回の16回から一転、5回と大きくオンエアを減らしています。

以下、6位ONE OK ROCK「Wasted Nights」はオンエア数が7回のデジタル総合10位、今週のチャートからアルバム「The World」のセールスが加算される7位go!go!vanillas「パラノーマルワンダーワールド」はオンエア数13回、アルバムリリース週でしたが若干他の曲にオンエアが割れてしまった感じがしますね。ただポイントは結構上げてきそうです。

8位[ALEXANDROS]「Pray」はオンエア数12回のデジタル17位、9位KANA-BOON「まっさら」はオンエア数8回。10位菅田将暉「まちがいさがし」はオンエア数が13回と増えただけでなく、デジタルセールスも総合1位に入ってきており、まだまだポイントを伸ばしてくるでしょうね。

TOP10圏外を見ると、先週12位まで上がってきたBTSの「Boy With Luv」が更にオンエアを伸ばし16回としてきております。アルバムセールスもいいのでTOP10入りは間違いないでしょう。7月に日本でシングルが出るためか、なぜかここにきてオンエアがうなぎ登りなんですよね。あとは先週15位初登場のショーン・メンデス「If I Can’t Have You」がオンエア数9回もデジタルセールスが9位につけているため、これもTOP10あるかな?それと17位のFlumpool「HELP」もオンエア数13回なのでこれもTOP10かな?でもそうなるとTOP10入り間違いない「I Don’t Care」を入れるとTOP10入りが4曲か。TOP10から落ちそうな曲って4曲もあったかな?

あと今週はCarly Rae Jepsenのアルバム「Dedicated」のセールスも加算されますね。「Now That I Found You」はオンエア数が12回まで伸ばしてきましたが、さあTOP20に戻ってくるでしょうか?

今週以降チャートインしそうな注目曲

ではここからは今週以降チャートインしそうな注目曲紹介です。

blink-182 – Blame It On My Youth

久々に名前を聞いたような気がする。日本でもおなじみのポップパンクバンド・ブリンク-182の新曲がリリースされました。タイトルは「若気の至り」とでも言うんでしょうか。初夏に聴くのにはピッタリの疾走感ある、それでいてさほどうるさくないパンクナンバーになっています。それにしても一時期、数字を入れたパンクバンドって結構いましたよね。

Of Monsters and Men – Alligator

Apple Musicへのリンクオブ・モンスターズ・アンド・メン

アイスランドのインディーロックバンド・Of Monsters and Menの4年ぶりとなる新曲がこちら。初夏に聴くとヒリヒリするようなロックサウンドに乗って、突き刺さるような女性ボーカルが印象的なナンバー。暑さをしのぐのにうってつけかもしれません。

Barrie – Geology

Apple MusicへのリンクBarrie

今月のExpo Hitsの1曲みたいですね。NYブルックリンを拠点に活動するポップバンドで「バリー」と読むそうです。メンバーはボルチモア、ボストン、ニューヨーク、ロンドン、ブラジル出身と多国籍のバンドでアルバム「Happy To Be Here」は5/3に既にリリースされています。この曲も含め、緩くてポップな曲が心地よい、眠くなりそう。

Halsey – NightMare

Apple Musicへのリンクホールジー

夢見心地になった後は、”悪夢”というタイトルの曲を。「WITHOUT ME」が全米1位となったHalseyの続く新曲は元カレへの恨みつらみをパワフルなボーカルで歌ったロックナンバー。今までとは少し違ったテイストの曲となっています。

DJ Khaled – Higher feat. Nipsey Hussle, John Legend

ラストはDJキャレドのニューアルバム「Father Of Ashad」から。「俺たちは高みへと進んでいく」というメッセージをソウルフルなボーカルで歌い上げるジョン・レジェンド、そしてラッパーのニプシー・ハッスル。ニプシー・ハッスルは先日、ロサンゼルスで何者かに銃殺されるという悲劇的な最期を迎えてしまったのですが、この新曲の収益が全額、ニプシー・ハッスルの残された子供に寄付されることが発表されています。

MVも公開されており、冒頭とラストにはニプシー・ハッスルへの哀悼のメッセージが添えられており、特にラストには経営していた衣料品店の名前を取り入れて”THE MARATHON CONTINUES”という言葉で締めくくられています。ニプシー・ハッスルの魂が後世に引き継がれることを願わずにはいられません。