[FM802]OSAKAN HOT 100 ~星野源の背中が見えてきた。誰がとらえるのか?2019/01/27付チャート振り返り!

スポンサーリンク

どうもです。この週末はずいぶんと冷え込みましたね。そんな私はあちこちと通院。薬代が高くついてどうしようもありませんが、体ばっかりはしっかりと治さなければなりません。ということで今週のチャートを振り返ってみましょう。

OSAKAN HOT 100、今週のチャート

ABEMAプレミアムABEMAプレミアムU-NEXTU-NEXT
  1. LW:015370pt
    Pop Virus by 星野源
    星野源
  2. LW:025110pt
    WE DO by いきものがかり
    いきものがかり
  3. LW:064750pt
    No.999 by go!go!vanillas
    go!go!vanillas
  4. LW:054660pt
    僕のこと by Mrs. GREEN APPLE
    Mrs. GREEN APPLE
  5. LW:073790pt
    ワガママで誤魔化さないで by THE ORAL CIGARETTES
    THE ORAL CIGARETTES
  6. LW:043700pt
    Shallow by Lady Gaga & Bradley Cooper
    Lady Gaga & Bradley Cooper
  7. LW:103500pt
    Stand Out Fit In by ONE OK ROCK
    ONE OK ROCK
  8. LW:033350pt
    今夜このまま by あいみょん
    あいみょん
  9. LW:083340pt
    IKIJIBIKI (feat. TAKA) by RADWIMPS
    RADWIMPS
  10. LW:173320pt
    パレイドリア by 須田景凪
    須田景凪
    須田景凪「パレイドリア」MV

上位は取り立てて変わりありません。ただポイントがかなり下がっており、そろそろ入れ替えもありそうな感じがします。TOP10入りも今月のになっている須田景凪「パレイドリア」1曲のみでした。

また11位以降に目を向けるともう1曲のJain「Alright」は11位、12位にはアルバム「Sympa」のポイントが入ったKing Gnu「Slumberland」が、14位にはチャートイン2週目のAimer「I beg you」が、16位には「シュガー・ラッシュ:オンライン」の日本盤エンドソングになっている青山テルマ「In This Place~2人のキズナ」が、さらに19位にはLA在住、19歳のシンガーソングライター、DedachiKenta「Memories」がじわじわ上がって5週目でのTOP20入りとなりました。

また、注目の初登場曲としては30位に宇多田ヒカル & Skrillex「Face My Fears」がつけ、36位にSam Smith, Normani「Dancing With A Stranger」、38位にCalvin Harris,Rag’n’Bone Man「Giant」、43位にNulbarich「Sweet and Sour」とこの辺りTOP20有力候補がズラリと並んでおります。

今週のサヨナラHOT100

では今回は今週、OSAKAN HOT 100のチャートから姿を消した楽曲を紹介します。今週はチャートアウトしたのは11曲でした。

明日以外すべて燃やせ (feat.宮本浩次) by 東京スカパラダイスオーケストラ
東京スカパラダイスオーケストラ
Dead Leaf by 星野源
星野源
half of me by 平井 堅
平井 堅
1999 by 羊文学
羊文学
Sundress by エイサップ・ロッキー
エイサップ・ロッキー
COLOR by 木村カエラ
木村カエラ
Don’t Think Twice by 宇多田ヒカル
宇多田ヒカル
拝啓VAP殿マキシマム ザ ホルモン

次週のプチ展望

さて次週の展望ですが、星野源「POP VIRUS」が1位をキープも完全にペースは落ちています。次週よほどオンエアを伸ばさないともう1位はないと思います。ただしこれを追いかけるいきものがかりもペースが上がっておらず、逆転は難しいかもしれません。

となるとチャートインしてまだ間もない曲たちがどこまで迫れるのか。15位発進のback numberを始め、アルバムリリースが近い26位フレデリックや宇多田ヒカル、サムスミス、カルヴィン・ハリスなど。特に宇多田ヒカル「Face My Fears」には次週からデジタルセールスポイントがかなり加算されるため、この曲あたりが形成を一気に逆転する可能性があるかもしれません。この曲の動向には要注目でしょう。