[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2020/3/22付振り返り、上位4曲のポイント差わずか100。大混戦を制したのは誰だ?

スポンサーリンク

FM802「OSAKAN HOT 100」2020/3/22付振り返り、上位4曲のポイント差わずか100。大混戦を制したのは誰だ?

どうもです。相変わらずphpをいじるとエラーが出る始末。Wordpress そのものの仕組みを勉強し直さないとやばいですね。

では今週のTOP10です。展望で1位になりそうな曲が4,5曲はあると書いていたのですが、すごいことになってます。

OSAKAN HOT 100、2020/3/22付

  1. LW:0349905340
    スターマーカー by KANA-BOON
    KANA-BOON
  2. LW:0940005310
    Stupid Love by Lady Gaga
    Lady Gaga
  3. LW:0449805260
    I LOVE... by Official髭男dism
    Official髭男dism
  4. LW:0155305240
    FM802_Freaks
    BirthdayMr.Children
  5. LW:0742804980
    Good Morning~ブルー・デイジー feat.aiko by 東京スカパラダイスオーケストラ
    東京スカパラダイスオーケストラ
  6. LW:0841504740
    花咲ク街 by ゆず
    ゆず
  7. LW:0644604560
    ON by BTS
    BTS
  8. LW:0546904430
    センス・オブ・ワンダー by sumika
    sumika
  9. LW:0254604230
    青空 by aiko
    aiko
  10. LW:19-3410
    アイスクリーム by Rude-α
    Rude-α

KANA-BOONが2015年の「スノーグローブ」以来となる通算3曲目の1位ですね。ベスト未収録のナンバーですが、キャンペーンが功を奏したというか、苦境においてもプッシュし続けた802の姿勢が表れた形ですね。うん。

それにしてもKANA-BOONから4位のミスチル「Birthday」まででポイント差は100ポイントという超大混戦。30ポイント差で2位のガガ様「Stupid Love」、そこから50ポイント差で3位のヒゲダン「I LOVE…」が上げてきていますね。特にガガ様は2週目でこの位置なので、4月10日のアルバム前で1位を獲れるめどが立った感じもする…かな?結局今週はガガがポイントを大きく上げたほかは、極端に上げた曲がなく、かといって極端に下げたのもaikoくらいでしたが、そのわずかな動きが混戦を生んだことになります。

そんな上位の喧騒をよそにひっそりと10位に入ってきたのが、今月のになっている沖縄出身のラッパー、Rude-α「アイスクリーム」。3月4日にはこの曲も収録された「23」もリリースされており、そのポイントも加算されています。さあどこまで上がってくるでしょうか?

Rude-α 『アイスクリーム』

TOP10の入れ替わりとは対照的に11位から20位がかなり変わった。まず11位はベストアルバム「REVIEW II」がリリースとなったGLAY、その新曲となる「Into the wild」がアップ。さらに12位には13日に配信リリースされたイエモンの新曲「未来はみないで」がオンエアを稼いで50ランクアップ。同じく13日に配信リリースのサンボマスター「花束」が2週目で19位に、20位には4日にリリースされた木村カエラのEPよりタイトルトラックの「ZIG ZAG feat.BIM」がアップしてきました。そしてCeleste「Stop This Flame」は返り咲き3週目で15位、あと2週でTOP10まで行けるでしょうか?

初登場

今週は初登場曲が10曲。すべてサブスクリプションでの配信がすでに行われています。チェックも是非。

18位といきなりTOP20入りしてきたのがm-floの12年ぶりとなる”Lovesシリーズ”再始動の1曲「tell me tell me」で、3月6日より配信リリース。フィーチャリングにはシンガーソングライターのeill、向井太一、韓国のラッパー・Sik-Kを迎えています。最近トレンドのR&B色が濃いですね。

この「m-flo loves」というのはそもそも、ボーカルのLISAが脱退して2人組になった際、海外のプロデューサーチームであるネプチューンズをヒントに立ち上げたプロジェクトで、YOSHIKAやMINMI、BoAに野宮真貴にCKBの横山剣に和田アキ子さん(怖いのでここだけさん付け)など多彩なアーティストとのコラボを行っていました。その締めくくりとしてLISAがlovesされる形の曲もありましたね。今回は3人体制に戻って初の”Lovesシリーズ”となるわけですが、今後は3人が揃っての”Loves”や3人のうちどれか2人による”Loves”もあるかも?ということで楽しみにしておきましょう。

tell me tell me

31位に初登場はWANIMAが3月12日に緊急配信リリースした新曲「春を待って」。元はライブで披露されていた曲で音源予定はなかったそうですが、新型肺炎「COVID 19」の感染拡大防止の措置として2月29日以降のアルバムツアーが中止されたことを受け、中止が決定した当日より急遽レコーディングを行ったということです。そこから2週間弱で新曲が聴けるというのがストリーミング配信の素晴らしいところでもあります。サブスクだとこういうこともできるわけです。でもライブ命のバンドでしょうから、早く完璧な形でライブが出来るといいですね。

42位は3姉妹バンド、ハイムの4月24日リリースとなるアルバム「Women In Music, Pt. III」の先行配信楽曲「The Steps」が入ってきました。ブルージーなロックでいい感じですね。さてどこまで上がってくることやら。

48位はケイティ・ペリーの新曲「Never Worn White」ですね。妊娠していることが話題となったケイペリ、この曲は旦那様のオーランド・ブルームに宛てたラブバラードということで、直訳すると「私は白を着たことがない」と言うことですが、歌詞は純白のドレスを着る、つまり結婚することを決めたという意思表示を示しています。

51位、先週13日にリリースされた「Trolls World Tour」のサントラより、2曲目のランクイン。アンダーソンパークをフィーチャーしたゴリゴリのソウルナンバー「Don’t Slack」。サントラにはこういったR&Bやヒップホップから、カントリー、替え歌まで入っておりバラエティに富んだ賑やかなアルバムになっています。

59位は秋山黄色の3月4日にリリースのアルバム「From DROPOUT」から先行配信もされていた楽曲「モノローグ」。某ブログ的に言うとドラマ「10の秘密」主題歌とか書くでしょうね。個人的にはアンチドラマ主題歌派なので書きたくはないけど。曲もどっかで聴いたような感じ、例えば…「まちがいさがし」みたいな。

65位は3月6日よりリリースされたPELICAN FANCLUB「Amulet Song」。そして66位はオフィスオーガスタ期待のシンガーソングライター、見た目は高橋優、歌声は秦基博な松室政哉のEP「ハジマリノ鐘」よりタイトル曲がランクイン。随分前から先行配信されてたんですけどね。sakura「君のために」を彷彿とさせるようなスケールの大きいバラード。この人だから歌える曲ですね。

71位、マカロニえんぴつの4月1日にリリースされるアルバム「HOPE」より3月13日より先行配信されている「ボーイズ・ミーツ・ワールド」が入ってきました。まあTOP20当確なんでしょうね。

そして83位はちょっと聴くとK-POPアーティストと間違ってしまいそうなmiwaの新曲、”miwa”だけに3月8日に配信リリースされた「Look At Me Now」。”私をよく見て”って曲ですね。これも某ブログ的に言うと「ルック」のCMソングとか書くでしょうね。個人的にはアンチCM派なので書きたくはないけど。

で某ブログをオマージュして初登場の曲の個人的に好きな順で行くと、「Don’t Slack」「The Steps」「tell me tell me」ですね。

今週のプレイリスト

今週のプレイリストはこちらからどうぞ。

RANK
TitleArtist
On Chart
1
スターマーカーKANA-BOON
7週
2
Stupid LoveLady Gaga
2週
3
I LOVE…Official髭男dism
11週
4
BirthdayMr.Children
5週
5
Good Morning~ブルー・デイジーfeat.aiko東京スカパラダイスオーケストラ
4週
6
花咲ク街ゆず
3週
7
ONBTS
4週
8
センス・オブ・ワンダーsumika
7週
9
青空aiko
7週
10
アイスクリームRude-α
10週
11
Into the WildGLAY
5週
12
未来はみないでTHE YELLOW MONKEY
5週
13
Shekebon!ビッケブランカ
5週
14
Intentions feat.QuavoJustin Bieber
5週
15
Stop This FlameCeleste
8週
16
素晴らしき嘘flumpool
10週
17
Jumper04 Limited Sazabys
4週
18
tell me tell mem-flo loves Sik-K & eill & 向井太一
NEW ENTRY

19
花束サンボマスター
2週
20
ZIG ZAG feat.BIM木村カエラ
2週
21
エンドロールsumika
3週
22
Teenager ForeverKing Gnu
15週
23
SMILE~晴れ渡る空のように~桑田佳祐
7週
24
Sparkleiri
4週
25
さよならの今日にあいみょん
6週
26
bad guyBillie Eilish
23週
27
ユースレスマシンハンブレッダーズ
7週
28
yummyJustin Bieber
10週
29
I My Me Myself竹内アンナ
3週
30
Closer(Tokyo Remix)The Chainsmokers feat.Mackenyu Arata
6週
31
春を待ってWANIMA
NEW ENTRY

32
The Other Side(from Trolls World Tour)SZA,Justin Timberlake
2週
33
卒業コブクロ
4週
34
パプリカ米津玄師
6週
35
STAYIN’ ALIVEJUJU
3週
36
HappyOh Wonder
7週
37
未完成家入レオ
7週
38
Getting To Love Youさかいゆう
2週
39
PretenderOfficial髭男dism
49週
40
Saucy Dog
2週
41
Graffitiストレイテナー
2週
42
The StepsHaim
NEW ENTRY

43
イエスタデイOfficial髭男dism
27週
44
永遠の不在証明東京事変
2週
45
Why Can’tSIRUP
3週
46
Tonight the silence kills me with your fireTHE ORAL CIGARETTES
5週
47
PhysicalDua Lipa
6週
48
Never Worn WhiteKaty Perry
NEW ENTRY

49
Blinding LightsThe Weeknd
15週
50
フレアSuperfly
24週
51
Don’t SlackAnderson.Paak & Justin Timberlake
NEW ENTRY

52
STARTING OVERLittle Glee Monster
7週
53
UnderdogAlicia Keys
9週
54
マーブルKANA-BOON
2週
55
Me & You Together SongThe 1975
9週
56
愛すクリープハイプ
17週
57
恋人ごっこマカロニえんぴつ
6週
58
大東京万博Tempalay
3週
59
モノローグ秋山黄色
NEW ENTRY
60
Bad DecisionsThe Strokes
3週
61
水色MIZU
4週
62
SymphonyLittle Glee Monster
6週
63
どろんKing Gnu
10週
64
Amulet SongPELICAN FANCLUB
NEW ENTRY

65
ROOFTOPS feat.藤原聡(Official髭男dism)KERENMI
2週
66
ハジマリノ鐘松室政哉
NEW ENTRY

67
まちがいさがし菅田将暉
47週
68
Nights (feat.OZI & eill)さなり
2週
69
Same Thing (feat.Superorganism)星野源
23週
70
パプリカFoorin
40週
71
ボーイズ・ミーツ・ワールドマカロニえんぴつ
NEW ENTRY
72
What A Man Gotta DoJonas Brothers
8週
73
MemoriesMaroon 5
26週
74
CHEERSMrs. GREEN APPLE
25週
75
Provermilet
4週
76
No Time To DieBillie Eilish
4週
77
見っけスピッツ
25週
78
GDREAMS COME TRUE
4週
79
Black SwanBTS
8週
80
LEMON米津玄師
109週
81
Oh Yeah!Green Day
7週
82
Dance MonkeyTones and I
27週
83
Look At Me Nowmiwa
NEW ENTRY

84
Fdfcero
6週
85
Ami藤原さくら
5週
86
心予報Eve
6週
87
Easy Breezychelmico
12週
88
ばらの花 × ネイティブダンサーyui(FLOWER FLOWER) × ミゾベリョウ(odol)
12週
89
GodzillaEminem feat.Juice WRLD
7週
90
楽しい蹴伸びChara+YUKI
10週
91
東京タワーNakamuraEmi
6週
92
TonightSCANDAL
5週
93
Not Youth But YouTHIS IS JAPAN
4週
94
SWINGTWICE
5週
95
馬と鹿米津玄師
31週
96
Meet Me On The RoofGreen Day
5週
97
Only The YoungTaylor Swift
6週
98
19FAITH
11週
99
Philosophy(18祭Mix)[Alexandros]
10週
100
週刊少年ゾンビサイダーガール
13週

サヨナラHOT100

entrydate
TitleArtist
On Chart
2020/03/01
To Die ForSam Smith
3週
2020/03/01
ジュブナイルに捧ぐ神はサイコロを振らない
3週
2019/11/03
あまりにも素敵な夜だから[Alexandros]
20週
2019/12/22
ひっちゃかめっちゃかSHISHAMO
13週
2019/10/13
Baby You Can CryAI
23週
2020/01/19
お前が求める私なんか全部壊してやる阿部真央
9週
2020/02/02
まだいけます阿部真央
7週
2019/11/17
Into The UnknownPanic! At The Disco
18週
2020/01/05
冷めない夢キュウソネコカミ
11週
2020/01/05
BORDERLESS雨のパレード
11週

次週プチ展望

さて次週はスカパラにとっては初の1位となるビッグチャンスが到来です。ベストアルバムのセールスが加算されるほか、リリース週だった今週のオンエアも加味すると大きくポイントを伸ばす可能性がありますね。今週は5位ですがこれでも1位との差は360ポイントしかありません。一気に飲み込む可能性があるでしょう。

そのほか今週はフジロックの第1弾アーティストが発表されたということで、ヘッドライナーとなるストロークスの楽曲のオンエアも結構増えてきています。この辺りの動きにも注目でしょう。

ただ世界的にはCOVID 19禍によりエンタメシーンは完全に停滞しております。ライブ開催どころか、外出もままならない状況になった国も出てきています。アメリカなどでは「ソーシャル・ディスタンシング(日本で言うところのすごもり状態)」をアーティストが発信していて、今週2位のレディー・ガガなども自主的にソーシャル・ディスタンシングを送っているとのことです。このままだとリリース予定やキャンペーンにも狂いが生じそうで、ランキングにもかなり影響を及ぼしかねないですね。何とかCOVID 19が収まって欲しいものですが…。