[FM802]OSAKAN HOT 100 ~12/23付チャート振り返り!あいみょんV7も勢いはもうない。そして「スター誕生」公開でガガ様が猛追か?

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

どうもです。この週末、悪戦苦闘の末、サーバーを移転しました。そして気づいた方もいらっしゃるでしょうか、これに合わせてssl化も行いました。多少お金は付きましたが、これも未来への投資。いや凍死しないことを願わずにはいられません。

では今週のチャートを見てみましょう。先週16日付のポイントも発表になっているのでその辺りもグラフで表しております。

スポンサーリンク

12/23のチャート

これまでのOSAKAN HOT 100チャート1位獲得曲はこちらをご覧ください。

  1. LW:015870pt

    Apple Musicあいみょん

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  2. LW:094800pt

    Apple MusicRADWIMPS

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  3. LW:024310pt

    Apple MusicONE OK ROCK

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  4. LW:144220pt

    Apple Music星野源

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  5. LW:044140pt

    Apple Music米津玄師

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  6. LW:064050pt

    Apple Musicback number

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  7. LW:033770pt

    Apple Music星野源

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  8. LW:053480pt

    Apple Music[Alexandros]

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  9. LW:073380pt

    Apple Musicアリアナ・グランデ

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから
  10. LW:083280pt

    Apple MusicSEKAI NO OWARI

    OSAKAN HOT 100での推移はこちらから

あいみょんがまだ1位ですね。これで7週連続ですか。RADWIMPSは「ANTI ANTI GENERATION」のポイントが入りましたが、チャートインしている3曲で票割れを起こしたのが痛かった。「IKIJIBIKI feat.Taka」をもってしても1000ポイント以上開けられた2位、あと「そっけない」が15位、「泣き出しそうだよ feat.あいみょん」も14位とTOP20入りしています。

TOP10入りは今週は1曲のみ。星野源の新アルバムのタイトル曲「Pop Virus」が入ってきました。いよいよ次週はそのアルバムのセールスポイントが加算されますが、どうですかね?

今週のサヨナラHOT100

では今回は今週、OSAKAN HOT 100のチャートから姿を消した楽曲を紹介します。今週はチャートアウトしたのは7曲でした。

Apple MusicMy Hair is Bad

Apple MusicTHE YELLOW MONKEY

Apple MusicBackstreet Boys

Apple Musica flood of circle

Apple MusicUVERworld

Apple Musicエリー・ゴールディング, Diplo & Swae Lee

さて次週からは2018年最後のレギュラーチャート。この1年1位が取れなかった洋楽勢、その最後のチャンスはなんと言ってもレディー・ガガ。アカデミー賞でもノミネートされるであろう「アリー/スター誕生」がこの日本でも21日より公開となっております。これを受けてオンエアも、デジタルセールスもうなぎ登りになること確実。このポイントが加算されるのが12月30日、最終週ということになります。すべてはガガ様にかかっています。チャートの女王の片りんを見せつけることが出来るのでしょうか。

これに対しては19日にアルバム「POP VIRUS」がリリースされた星野源ということになります。が、今週4位のタイトル曲、7位の「Hello Song」をはじめ、どうも収録曲全体でオンエアがばらついている、かなり票割れを起こす可能性が高いですね。なので思ったほどポイントを伸ばせないかもしれません。絶対的に1位を獲れるかと言えば、厳しいかもしれない。ガガ様がその隙をつく可能性は十分ありそうです。何とか一矢報いるかどうか。2018年ラストのチャートも注目です。