[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/05/19付展望。オンエアの潮目が変わった。歴史は動くか?Taylor Swift戴冠へGO!

スポンサーリンク

どうもです。2019/05/19付FM802・OSAKAN HOT 100チャートの展望です。V2の「メロンソーダ」、これを追う2位のTaylor Swift「ME!」のオンエア数はどうだったのか、一目瞭然。ぜひご覧ください。

それではギフトカード2000円分とアーティストグッズが欲しいあなたへ、今回のオンエアの傾向、の前にまずはデジタルセールスから確認してみましょう。今週はオンエアの潮目がはっきりと変わっています。それくらいの異変が起きています。

テイラー、メンデス、ビリーアイリッシュ…海外アーティストが軒並みオンエア好調

5/6から5/12までのオンエア数

Title
今週
先週
メロンソーダ / Radio Darlings
47回
51回
ZORA / JAMILA WOODS
41回
26回
switch / chelmico
37回
31回
Pretender / OFFICIAL髭男DISM
21回
18回
ME! / Taylor Swift feat.Brendon Urie
20回
27回
IF I CAN’T HAVE YOU / SHAWN MENDES
19回
1回
HELP / flumpool
17回
2回
bad guy / Billie Eilish
16回
9回
まっさら / KANA-BOON
14回
10回
Boy With Luv / BTS FEAT.HALSEY
12回
5回
パラノーマルワンダーワールド / go!go!vanillas
12回
12回
Pray / [ALEXANDROS]
12回
8回
ハルノヒ / あいみょん
11回
16回
I DON’T CARE / ED SHEERAN & JUSTIN BIEBER
11回
0回
まちがいさがし / 菅田将暉
9回
12回
Saw Lightning / Beck
9回
8回
君の唄(キミノウタ) / 阿部真央
9回
5回
This Life / Vampire Weekend
9回
4回
Wasted Nights / ONE OK ROCK
9回
7回
POOL / SIRUP
9回
8回

今回もRadio Darlingsの「メロンソーダ」がオンエアではトップとなっています。ところがオンエア数が減っている。集計期間では6日のホリデースペシャルでの8回オンエアを含んでいるというのに…。どうやらこれまでのほぼ全番組オンエアだったのが、一部の番組で間引きされる形になってきたようです。もうここからはオンエア数は徐々に減っていく一方でしょうね。。

ヘビーローテーションになっているJamila Woodsとchelmicoを挟み、髭男「Pretender」が21回と相変わらずの大量オンエア、リリース週となる今週は更にオンエアが増えそうで、次週のチャートでは首位争いに割って入りそうな気がします。

で、問題はここから。その次に先週2位まで上がってきたTaylor Swift「ME!」がオンエア数20回と引き続きかかりまくっています。これでオンエア解禁されてからの3週間の推移は11回(集計期間が3日間のみ)、27回、今週が20回とまるであいみょんか星野源でしか見られないようなオンエア推移になっています。更にデジタルセールスも洋楽1位が確定。ポイントを伸ばすのも間違いなく、もう1位の座は決まったかな?

SHAWN MENDES「IF I CAN’T HAVE YOU」もオンエア数19回と稼ぎまくり、いきなりのTOP20も見えたところ。5月3日の解禁直後の3日間では1回だったものの、週があけて一気にオンエアが増えるというパターンになっています。ネクスト・エドシーランの呼び声もあるイケメンデス、初のTOP10入りはなるのでしょうか。

エドシーランと言えば、5月10日午後にリリース、解禁となったジャスティンビーバーとのコラボ作「I DON’T CARE」も正味2日半で11回。テイラーの「ME!」と同じペースとなっています。今週は30回近いオンエアを稼ぎそうな感じもしますけどねえ。曲はエドちゃんぽい落ち着いた感じの曲です。

とまあ「海外のアーティストの曲のオンエアが少ないぞ」、という当ブログの指摘をスタッフが見た…わけではないでしょうが、なぜかここにきてオンエアの爆増。なぜこれを「LOOK WHAT YOU MADE ME DO」でやらなかったのか、なぜ「THIS IS ME」で、「SHALLOW」で、「thank u, next」でやってくれなかったのか。せめて15回ペースのオンエアをしてくれていたらなあ、と思う次第です。こんだけオンエアされれば、デジタルセールスもアルバムセールスも関係ないんですけどね。

上位のオンエアは?

では先週の上位陣のオンエア数です。1位の「メロンソーダ」は47回、2位テイラー「ME!」は20回。4位OFFICIAL髭男DISM「Pretender」は21回とここまでは先述の通りです。

それ以外では3位あいみょん「ハルノヒ」がオンエア数11回でデジタル総合3位、5位ワンオク「Wasted Nights」はオンエア数9回、デジタル総合5位、6位バクナン「HAPPY BIRTHDAY」はオンエア数2回、デジタルセールス総合10位、7位KING GNU「白日」はオンエア数が7回、デジタル総合9位、8位バニラズ「パラノーマルワンダーワールド」はオンエア数12回と安定しています。次週はアルバムのセールスポイントとリリース週のオンエア増で更なる上位を狙えるかもしれませんね。

そして10位のAvicii「SOS」はオンエア数4回のデジタル洋楽11位。後で述べますが新曲がリリースされていて、もう今週でお疲れ様な感じですね。一方、9位のビリーアイリッシュ「bad guy」はなんとオンエア数が16回まで伸びました。これ、TOP5の可能性がかなりありそうです。今週のチャートのみならず、年間チャートでもかなり上位に来ることでしょう。今年を代表するブレイクアーティストの仲間入りですね。

TOP10圏外を見ると、先週13位だった[ALEXANDROS]「Pray」は再びオンエアが12回と上向いてきており、TOP10入りの可能性も出てきましたね。あとはBECK「Saw Lightning」も4週目でオンエア数9回と安定しており、これもTOP10入りあるかな?

そのほか、BTS「Boy With Luv」がオンエア数12回と初のTOP20入りが見えてきました。この曲の日本語版を含むシングルを7月にリリースします。あとは5月10日に配信リリースとなったゆずの「SEIMEI」とか、flumpoolの活動再開後初となる新曲「HELP」とか、結構上位に入りそうな曲が続々と出てきそうですね。

今週のデジタルセールス上位曲

デジタルセールス・総合(5/1~5/7)

RANK
Title
Artist
1位
Remember Me
MAN WITH A MISSION
2位
Lemon
米津玄師
3位
ハルノヒ
あいみょん
4位
紅蓮華
LiSA
5位
Wasted Nights
ONE OK ROCK
9位
白日
King Gnu
10位
HAPPY BIRTHDAY
back number
11位
BLUE SAPPHIRE
HIROOMI TOSAKA
17位
Flamingo
米津玄師

デジタルセールス・洋楽(5/1~5/7)

RANK
Title
Artist
1位
ME! FEAT.BRENDON URIE OF PANIC! AT THE DISCO
TAYLOR SWIFT
2位
Bohemian Rhapsody
Queen
3位
SHAPE OF YOU
ED SHEERAN
11位
SOS FEAT.ALOE BLACC
Avicii
13位
Sucker
Jonas Brothers
16位
Here With Me
MARSHMELLO FEAT.CHVRCHES

今週以降チャートインしそうな注目曲

ではここからは今週以降チャートインしそうな注目曲紹介です。

Bastille – Joy

Apple Musicバスティル

「Pompeii」がヘビーローテーションになっていたバスティルの新曲ですね。「あなたが僕を呼ぶと僕は喜びを感じる」という、恋をした男のときめきを表現した1曲。サウンドもEDMチックなポップスとなっていて、喜びを表現したかのようなカラフルなナンバーです。

Avicii – Tough Love

これも5月10日リリースか。「SOS」がTOP10入りしているAvicii、6月リリースのアルバム「Tim」からスウェーデンのシンガー、Agnesに加え、Vargas&Lagolaをフィーチャーした新曲が公開されています。「丈夫な愛」というタイトルの通り、「あなたは僕の素敵なラッキーチャーム、あなたの腕の中に勝る場所はない」と深い愛を歌ったラブソング。王道のEDMサウンドが曲を一層重厚なものにしている印象です。

Noel Gallagher’s High Flying Birds – Black Star Dancing

Apple MusicNoel Gallagher’s High Flying Birds

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの6月にリリースされるEPからのリード曲も先週かな?先行で配信リリースされています。これがねえ、「マジでカッケー」んですよ。「Black Star」というタイトルから連想されるように、デヴィッド・ボウイからの影響を受けているという、ロックで踊れる1曲。70年代の人気番組の映像を使ったMVも見もの。

ZAYN, Zhavia Ward – A Whole New World

さて、これから間違いなく?オンエアが増えてくるであろう1曲、それが日本では6月に公開される実写版「アラジン」のテーマである名曲「A Whole New World」。今作ではゼイン・マリクと18歳の新星シンガーソングライター、ジャヴァイア・ワードがデュエットしています。オリジナルの熱唱とは違い、現代風のスタイリッシュで、それでいて民族的なにおいも漂わせたアレンジのサウンドをバックにしっとりと歌い上げる二人のハーモニーが聴きどころ。改めて、この曲の素晴らしさを実感します。今後のオンエア数の動向に注目してください。

まとめ

もう今週はテイラー・スウィフトの「ME!」で決まりでしょう。まだポイントを大きく伸ばしそうだし。これで「メロンソーダ」だったら「ええ?」ってなるだろうなあ、きっと。