[OSAKAN HOT 100]過去チャート振り返り~今から17年前の6/2付チャートはどうなっていた?あのピアノ弾き語りシンガーがNo.1に。

スポンサーリンク

どうもです。FM802「OSAKAN HOT 100」の過去チャートを振り返る新シリーズ。今回は2002/06/02付のチャートを振り返ります。17年前のこの時期にヒットしていたのが何かを知りたいあなた、ぜひご覧ください。

さて、明日更新予定の今週6/2付のチャート展望の前に、同じ”6/2″付のチャートを紐解いていくと、こんな曲がヒットしていたんだという懐かしい思いと新たな出会いに気づくものです。今回は”6月2日”が日曜日だった2002年、今から17年前の同じ日のチャートを振り返ってみます。

2002年6月の出来事

2002年はスポーツの大型イベントで非常に盛り上がった年でした。特に6月はまさに日韓ワールドカップが行われていた期間でもあり、日本のあちこちで盛り上がった方もいらっしゃるのではないでしょうか。ちなみに自分はこの時、市民ボランティアをやってましたね。スタジアムまでの観客誘導を。世界各国からものっそい人だかりが一堂に集まる、あの時の景色はホント壮観でしたね。いまでも忘れられない思い出となっています。

OSAKAN HOT 100、2002年6月2日付の1位は?

初めに、2002年6月2日付のチャートで1位になった曲を紹介しましょう。この曲でした。

A Thousand Miles by Vanessa Carlton
Vanessa Carlton
Vanessa Carlton - A Thousand Miles (Official Video)

いやあ、超懐かしい。このピアノイントロ。ヴァネッサ・カールトンの”三千枚”こと「A Thousand Miles」が2002年の6月2日に1位を獲得していました。当時22歳の女性シンガーソングライターで、曲やMVの通り、ピアノを弾きながら歌うアーティストだったのが印象に残っていますね。

この曲、当時結構ラジオで聴いたことあるなあと思っていたら、なんと2002年5月のだったんですね。ホント、今でも色あせない名曲ですよ。なんたって、ONE OK ROCKもカバーしているくらいですからね。

Amazon.co.jp | ONE OK ROCK 2014 “Mighty Long Fall at Yokohama Stadium" DVD・ブルーレイ - ONE OK ROCK

OSAKAN HOT 100、2002年6月2日付のチャート

RANK
TitleArtist
On Chart
1
A THOUSAND MILESVANESSA CARLTON
7週
2
蘇生MR. CHILDREN
8週
3
SAKURA ドロップス宇多田ヒカル
6週
4
ホワイトビーチHY
10週
5
アシンメトリースガシカオ
5週
6
SAYONARA SAYONARAKICK THE CAN CREW
3週
7
THEME FROM SPIDER-MANAEROSMITH
5週
8
CAN’T GET YOU OUT OF MY HEADKYLIE MINOGUE
8+10WKs
9
熱き鼓動の果てB’z
5週
10
WITHOUT MEEMINEM
4週
11
HAPPY VALLEYORANGE PEKOE
8週
12
あなたと握手AIKO
8週
13
君をさがしてた~NEW JERSEY UNITED~CHEMISTRY
5週
14
SONS OF THE SUN麻波25
5週
15
楽園ベイベーRIP SLYME
2週
16
STRAWBERRY SEX平井堅
3週
17
君ヲ想フ元ちとせ
5週
18
DOPE NOSEWEEZER
11週
19
心拍数 -近畿編-山崎まさよし
3週
20
まもなく、晴れMISS MONDAY FEAT. 玲葉奈
5週
21
THE HINDU TIMESOASIS
10週
22
SOAK UP THE SUNSHERYL CROW
14週
23
PARTY HARDANDREW W.K.
16週
24
七色の風キンモクセイ
4週
25
DOWN BEAT STOMP東京スカパラダイスオーケストラ
4週
26
2020TRICERATOPS
6週
27
FEEL FINE!倉木麻衣
7週
28
RING MY BELL矢井田瞳
11週
29
HOW YOU REMIND MENICKELBACK
20週
30
SEXY, SEXYTHE BRIAN SETZER ORCHESTRA
11週
31
SMILEELVIS COSTELLO
7週
32
キラキラ小田和正
17週
33
コブクロ
20週
34
ミラージュGOING UNDER GROUND
10週
35
JUST LIKE WATERLAURYN HILL
3週
36
HERE IS GONEGOO GOO DOLLS
11週
37
MUGENポルノグラフィティ
3週
38
木綿のハンカチーフ椎名林檎 & 松崎ナオ
2週
39
YOU SHOWED MELUTRICIA McNEAL
4週
40
NO SUCH THINGJOHN MAYER
6週
41
FOOLISHASHANTI
10週
42
THE LONG GOODBYEMIRANDA LEE RICHARDS
7週
43
あなたにMONGOL 800
24週
44
散歩しようBIRD
6週
45
LOOKING FOR A PLACE TO LANDDAKOTA MOON
12週
46
BLZMONDO GROSSO
5週
47
DON’T KNOW WHYNORAH JONES
11週
48
WE ARE ALL MADE OF STARSMOBY
11週
49
BEEN AROUND THE WORLDTINA NOVAK
7週
50
EVERYDAYDAVE MATTHEWS BAND
4週
51
FOREVER TO ME ~終わりなき悲しみ~THE BRILLIANT GREEN
4週
52
HOME AND DRYPET SHOP BOYS
15週
53
HERE TO STAYNEW ORDER
4週
54
HATE TO SAY I TOLD YOU SOTHE HIVES
8週
55
FANTASISTADRAGON ASH
14週
56
I’M NOT A GIRL, NOT YET A WOMANBRITNEY SPEARS
6週
57
FOOTBALLING WEEKENDERSカジヒデキ
2+5WKs
58
ONE TWO THREEMR. CHILDREN
3週
59
SO, THE CIRCUS IS BACK IN TOWNCATO SALSA EXPERIENCE
NEW ENTRY
60
ドモアリガトミスターロボットPOLYSICS
8週
61
プリズムYUKI
14週
62
DON’T LET ME GET MEPINK
5週
63
ロック ステディ ガール小島麻由美
12週
64
ファスナーMR. CHILDREN
3週
65
WAY OF DIFFERENCEGLAY
19週
66
A TOMORROWSONGSKOOP ON SOMEBODY
11週
67
THE PEOPLETHE MUSIC
6週
68
HEROCHAD KROEGER FEAT. JOSEY SCOTT
2週
69
WHEREVER YOU WILL GOTHE CALLING
9+3WKs
70
微笑みのひと今井美樹
3週
71
ワダツミの木元ちとせ
21週
72
君に会いに行きましょうつじあやの
3週
73
シャロンROSSO
9週
74
FUNKASTICRIP SLYME
16週
75
GIRLS OF SUMMERAEROSMITH
NEW ENTRY
76
BOY HOOD ~ADOLESCENT RIDE~DOMINO 88
4週
77
CALIFORNIA DREAMIN’MAMAS & THE PAPAS
5週
78
グリーン グリーンIN THE SOUP
2週
79
SHE IS BEAUTIFULANDREW W.K.
2週
80
DIVING INTO YOUR MIND畠山美由紀
6週
81
この街のどこかにTHE BOOM
5週
82
I CAN’T HELP YOU NOWBONNIE RAITT
7週
83
BEAUTIFUL WORLDTAKE 6
NEW ENTRY
84
YUMEGIWA LAST BOYSUPERCAR
5+9WKs
85
ナツノヒカリGRAPEVINE
NEW ENTRY
86
PRECIOUS ILLUSIONSALANIS MORISSETTE
2週
87
男の子と女の子くるり
3週
88
ACROSS THE UNIVERSERUFUS WAINWRIGHT
RE-ENTRY
89
AMERICAN GIRLSCOUNTING CROWS FEAT. SHERYL CROW
NEW ENTRY
90
SEED ~ひまわりの種MIO
2週
91
宇多田ヒカル
13週
92
アイボリースネオヘアー
NEW ENTRY
93
L’OMBRE ET LA LUMIERECORALIE CLEMENT
4週
94
I WON’T LAST A DAY WITHOUT YOU椎名林檎 & 宇多田ヒカル
NEW ENTRY
95
I’M LIKE A BIRDNELLY FURTADO
14週
96
MISCASTHIDE
NEW ENTRY
97
WATERS OF MARCHAKIKO DUET WITH CORINNE DREWERY
NEW ENTRY
98
SLOW BURNDAVID BOWIE
NEW ENTRY
99
STEVE MCQUEENSHERYL CROW
NEW ENTRY
100
HANDS CLEANALANIS MORISSETTE
20週

この日の上位100曲はこのようになっています。2位にはその前の週まで1位を獲得していたミスチルの「蘇生」。3位が宇多田ヒカルの「SAKURA ドロップス」。4位はこちらも2002年5月のだったHYの「ホワイトビーチ」と続きます(HYは翌2003年に「AM11:00」で年間チャート1位を獲得しています)。

7位にはエアロスミスの歌う「スパイダーマンのテーマ」のカバー。これは当時公開されていた実写版の「スパイダーマン」のサントラに入っていました。8位のカイリーミノーグ、「ラッキー・ラブ」のサウンドから一転したハウステイストのナンバーが人気でしたねえ、邦題は「熱く胸を焦がして」、懐かしい。後は10位にはのちに802でも1位を獲るEMINEM「WITHOUT ME」が入ってきています。

11位以下では、2週目で15位まで上がってきたのがRIP SLYMEの「楽園ベイベー」、この年の年間チャート1位となる曲です。そのほかロングヒットしていた「ワダツミの木」(71位)とか「WAY OF DIFFERENCE」(65位)とかモンパチ「あなたに」(43位)とかアンドリュー W.K.(23位)とか小田和正「キラキラ」(32位)とか「Don’t Know Why」(47位)など今でも結構ラジオで流れる曲が入ってきています。

32位にエルヴィス・コステロの歌う「SMILE」が入ってきていますね。あとなぜか77位にママス&パパスの「夢のカリフォルニア」が。しかもこれで5週目。これって1960年代の曲ですよね。なんで入ってるんだ?もしや映画とかでのリバイバルかな?

ちなみにこの年の年間チャートでは1位が先述した「楽園ベイベー」で、「A THOUSAND MILES」が5位、「WITHOUT ME」が6位、「WAY OF DIFFERENCE」が7位、「蘇生」が9位、「ワダツミの木」が10位に入っています。

まとめ

この週は前の月のだった曲がTOP5に2曲入る結果となりました。2019年現在ではもはやTOP10に入ってくるのも難しくなっており、時代の変化を感じる、というかヘビロ以外の楽曲の大量オンエアが増えてきて、相対的にヘビロが目立たなくなっている印象ですね。

ここはもう一度、アーティスト、ヘビーローテーション楽曲に光を当てて、しっかりとTOP5に入れるような、その後も印象に残るような体制を作って行かないといけないと思います。