[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/06/02付展望。髭男 VS テイラー VS エド。熾烈な首位争いは今週も続く。

スポンサーリンク

どうもです。2019/06/02付チャートの展望です。先週1位のOfficial髭男dism「Pretender」が逃げ切るか?それともTaylor Swiftの「ME!」、Ed Sheeran「I Don’t Care」か?オンエア数はどうだったのか、これを見ると一目瞭然。ぜひご覧ください。

それではギフトカード2000円分とアーティストグッズが欲しいあなたへ、今回のオンエアの傾向、の前にまずはデジタルセールスから確認してみましょう。

今週のデジタルセールス上位曲

デジタルセールス・総合(5/15~5/21)

RANK
Title
Artist
1位
まちがいさがし
菅田将暉
2位
Remember Me
MAN WITH A MISSION
3位
Pretender
Official髭男dism
4位
Lemon
米津玄師
6位
ハルノヒ
あいみょん
7位
Ambitious
Superfly
9位
紅蓮華
LiSA
10位
白日
King Gnu
12位
Wasted Nights
ONE OK ROCK
13位
HAPPY BIRTHDAY
back number
14位
Pray
[Alexandros]
18位
BLUE SAPPHIRE
HIROOMI TOSAKA

デジタルセールス・洋楽(5/15~5/21)

RANK
Title
Artist
1位
I Don’t Care
Ed Sheeran & Justin Bieber
3位
A WHOLE NEW WORLD
ZAYN & ZHAVIA WARD
4位
SHAPE OF YOU
ED SHEERAN
5位
ME! feat. Brendon Urie of Panic! At The Disco
TAYLOR SWIFT
8位
Earth
Lil Dicky
12位
Now That I Found You
Carly Rae Jepsen
15位
If I Can’t Have You
Shawn Mendes
16位
SOS FEAT.ALOE BLACC
Avicii
17位
bad guy
Billie Eilish

先週1位だった髭男「Pretender」がデジタルでも上がって来ました。映画公開効果が出ております。また、先週3位のエド&ジャスティン「I Don’t Care」も依然デジタルは絶好調。さて、オンエアはどうだった?

スピッツのオンエアがやばすぎる。

5/20から5/26までのオンエア数

Title
今週
先週
switch / chelmico
41回
42回
ZORA / JAMILA WOODS
39回
40回
メロンソーダ / RADIO DARLINGS
35回
38回
優しいあの子 / スピッツ
35回
0回
Pretender / Official髭男dism
17回
27回
I Don’t Care / ED SHEERAN & JUSTIN BIEBER
16回
23回
ME! / Taylor Swift feat.Brendon Urie
15回
14回
Summer Magic / AI
15回
1回
イコール / sumika
15回
0回
Ambitious / Superfly
13回
19回
HELP / flumpool
13回
13回
Pray / [ALEXANDROS]
10回
12回
If I Can’t Have You / Shawn Mendes
10回
9回
Ca Va? / ビッケブランカ
9回
5回
Boy With Luv / BTS feat.Halsey
8回
16回
まちがいさがし / 菅田将暉
8回
13回
Pool / SIRUP
8回
7回
18? / NICO Touches the Walls
8回
4回
CAPTURE / EGO-WRAPPIN’
8回
1回
パラノーマルワンダーワールド / go!go!vanillas
7回
13回
舞台をおりて / My Hair is Bad
7回
5回
兵、走る / B’z
7回
0回

さあにとってTOP10入りラストチャンスとなりそうな今週。現在13位のchelmico「switch」が41回、現在16位のJamila Woods「ZORA」は39回となっています。

さあそして問題はその次。5月20日にオンエアが解禁となった朝ドラ主題歌、スピッツの「優しいあの子」ですが、各々DJがオンエア予告をSNSでやっていたように、すさまじいオンエア数となっております。その数35回。のJamila Woodsと4回しか違いません。Radio Darlingsの「メロンソーダ」とは同数となっています。正直ここまでやる必要があるのかとは思いますねえ。

着々とチャートを上げる魅力が失われるので「”やりすぎぐらい”は、ちょうど良くない」とブログで散々言ってるんですがねえ。残念なことにこれだけでTOP10どころかTOP5入りは確定かと思われます。クリープハイプの「」みたいにオンエアポイントを削る可能性もなくはないですが、あっちは独占オンエアだったので事情が違いますもんね。

上位のオンエアは?

では先週の上位陣のオンエア数です。V2を狙うOfficial髭男dism「Pretender」はオンエア数17回と引き続き好調。6月2日に「Radio Magic」に出演することでオンエアをキープしています。更にデジタルセールスは先述の通り3位まで上がって来ました。この時点でポイントの大幅ダウンはなさそう、むしろ上げてくるかもしれませんね。

これを追う展開となった2位テイラー・スウィフト「ME!」はオンエア数が15回と前週から微増。デジタルセールスが5位に下がるもこちらも安定していると言っていいかもしれません。

3位に上がってきたエド&ジャスティン「I Don’t Care」はオンエア数16回で、デジタルは洋楽1位。まだポイントの上積みはありそう。「Cross me」との票割れが始まる前に何とか髭男を追い抜くことが出来るか?

以下4位バニラズ「パラノーマルワンダーワールド」はオンエア数7回と落ち着いてきました。6位に浮上した菅田将暉「まちがいさがし」はオンエア数8回とダウン、デジタルセールスは依然総合1位爆走中、7位BTS「Boy With Luv」はオンエア数8回、8位[ALEXANDROS]「Pray」はオンエア数10回のデジタル14位、9位あいみょん「ハルノヒ」はオンエア数6回のデジタル総合6位、10位KANA-BOON「まっさら」もオンエア数6回。あいみょんとKANA-BOONがTOP10落ちピンチな感じがしますね。

TOP10圏外を見ると、先週11位で止まってしまったShawn Mendes「If I Can’t Have You」はオンエア数が10回と再び二桁に、デジタルセールスが若干ダウンしていますが今度こそのTOP10入りはあるかな?そして12位のFlumpool「HELP」がオンエア数を13回とキープしているほか、先週20位初登場のSuperfly「Ambitious」はオンエア数13回、こちらは「Meet The World Beat」出演もありまだオンエアは安定しそうですね。デジタルセールスも総合7位まで上がってきており、これもTOP10入りの可能性がある?

とヘビーローションを含めてTOP10入りしそうな曲が5曲くらいあるのですが、そのうち実質状態だったスピッツが確定的として、あと何曲入れるか。そもそもTOP10落ちしそうな曲って5曲もないよなあ。

今週以降チャートインしそうな注目曲

ではここからは今週以降チャートインしそうな注目曲紹介です。今回はすべて、だったアーティストの新譜で行きます。

Ed Sheeran – Cross Me feat.Chance the Rapper & Pnb Rock

まずは2012年1月のだったエド・シーラン。7月12日リリースとなるEP「No.6 Collaborations Project」から「I Don’t Care」に続く新曲。チャンスザラッパーとPnB ROCKをフィーチャーしたヒップホップ寄りの楽曲。「I Don’t Care」とは違ってエッジが聴いたクールでカッケーナンバーになっています。歌詞は恋のバトル、友達の彼女に恋をしたという状況を歌っています。

Charli XCX – Blame It On Your Love feat.Lizzo

2015年2月のだった、Charli XCXの新譜。「Juice」がOSAKAN HOT 100でもチャートインしているラッパー、Lizzoをフィーチャーしたトロピカルハウスな1曲。先週のBlink-182の曲のタイトルと若干かぶっていますが、こちらは「あなたへの愛のせいで自分が止められない」という、あなたに恋しちゃいました的な歌詞になっていますね。

Kygo Feat. Chelsea – Not Ok

Apple MusicへのリンクKygo & Chelsea Cutler

2016年6月の、Kygoの新曲。低音ボーカルのチェルシーカトラーをフィーチャーした、「Stay」を彷彿とさせるトロピカルナンバー。でも歌詞は結構切ない。別れてしまった彼のことを思い、「自分は大丈夫じゃない」と歌う1曲になっています。

Sigala, Becky Hill – Wish You Well

Apple MusicへのリンクSigala & ベッキー・ヒル

2017年8月のだった、Sigalaの新譜。Becky Hillをフィーチャーした「Came Here For Love」を彷彿とさせるアゲアゲトロピカル。でも歌詞はこれも「あなたの幸運を祈る」って別れの詩じゃないの?

5 Seconds Of Summer – Easier

Apple Musicへのリンクファイヴ・セカンズ・オブ・サマー

2014年7月の、5 seconds of summerの新曲。だからと言って「Don’t Stop」を彷彿とさせ…ないダンス系のクールなトラックにつややかなボーカルが乗ったナンバー。「ここは居心地がいいのか、そんなことはどうでもいい。今まで何も変わらなかった。これからもそうだろ?」と問いかける、変わりたいのか、変わるべきでないのか、そのはざまで悩む男の歌となっています。

Jess Glynne & Jax Jones – One Touch

Apple Musicへのリンクジェス・グリン & ジャックス・ジョーンズ

極めつけは2017年4月の、Jax Jonesと2015年9月のヘビロ、JESS GLYNNEとのコラボレーション。Jax Jonesのトロピカルなトラックに乗ったJESS GLYNNEの力強いボーカルが気持ちいい1曲になっていますね。