[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/06/02付展望。髭男 VS テイラー VS エド。熾烈な首位争いは今週も続く。

スポンサーリンク

どうもです。2019/06/02付チャートの展望です。先週1位のOfficial髭男dism「Pretender」が逃げ切るか?それともTaylor Swiftの「ME!」、Ed Sheeran「I Don’t Care」か?オンエア数はどうだったのか、これを見ると一目瞭然。ぜひご覧ください。

それではギフトカード2000円分とアーティストグッズが欲しいあなたへ、今回のオンエアの傾向、の前にまずはデジタルセールスから確認してみましょう。

今週のデジタルセールス上位曲

デジタルセールス・総合(5/15~5/21)

RANK
Title
Artist
1
まちがいさがし
菅田将暉
2
Remember Me
MAN WITH A MISSION
3
Pretender
Official髭男dism
4
Lemon
米津玄師
6
ハルノヒ
あいみょん
7
Ambitious
Superfly
9
紅蓮華
LiSA
10
白日
King Gnu
12
Wasted Nights
ONE OK ROCK
13
HAPPY BIRTHDAY
back number
14
Pray
[Alexandros]
18
BLUE SAPPHIRE
HIROOMI TOSAKA

デジタルセールス・洋楽(5/15~5/21)

RANK
Title
Artist
1
I Don’t Care
Ed Sheeran & Justin Bieber
3
A WHOLE NEW WORLD
ZAYN & ZHAVIA WARD
4
SHAPE OF YOU
ED SHEERAN
5
ME! feat. Brendon Urie of Panic! At The Disco
TAYLOR SWIFT
8
Earth
Lil Dicky
12
Now That I Found You
Carly Rae Jepsen
15
If I Can’t Have You
Shawn Mendes
16
SOS FEAT.ALOE BLACC
Avicii
17
bad guy
Billie Eilish

先週1位だった髭男「Pretender」がデジタルでも上がって来ました。映画公開効果が出ております。また、先週3位のエド&ジャスティン「I Don’t Care」も依然デジタルは絶好調。さて、オンエアはどうだった?

スピッツのオンエアがやばすぎる。

5/20から5/26までのオンエア数

Title
今週
先週
switchchelmico
41回
42回
ZORAJAMILA WOODS
39回
40回
メロンソーダRADIO DARLINGS
35回
38回
優しいあの子スピッツ
35回
0回
PretenderOfficial髭男dism
17回
27回
I Don’t CareED SHEERAN & JUSTIN BIEBER
16回
23回
ME!Taylor Swift feat.Brendon Urie
15回
14回
Summer MagicAI
15回
1回
イコールsumika
15回
0回
AmbitiousSuperfly
13回
19回
HELPflumpool
13回
13回
Pray[ALEXANDROS]
10回
12回
If I Can’t Have YouShawn Mendes
10回
9回
Ca Va?ビッケブランカ
9回
5回
Boy With LuvBTS feat.Halsey
8回
16回
まちがいさがし菅田将暉
8回
13回
PoolSIRUP
8回
7回
18?NICO Touches the Walls
8回
4回
CAPTUREEGO-WRAPPIN’
8回
1回
パラノーマルワンダーワールドgo!go!vanillas
7回
13回
舞台をおりてMy Hair is Bad
7回
5回
兵、走るB’z
7回
0回

さあにとってTOP10入りラストチャンスとなりそうな今週。現在13位のchelmico「switch」が41回、現在16位のJamila Woods「ZORA」は39回となっています。

さあそして問題はその次。5月20日にオンエアが解禁となった朝ドラ主題歌、スピッツの「優しいあの子」ですが、各々DJがオンエア予告をSNSでやっていたように、すさまじいオンエア数となっております。その数35回。のJamila Woodsと4回しか違いません。Radio Darlingsの「メロンソーダ」とは同数となっています。正直ここまでやる必要があるのかとは思いますねえ。

着々とチャートを上げる魅力が失われるので「”やりすぎぐらい”は、ちょうど良くない」とブログで散々言ってるんですがねえ。残念なことにこれだけでTOP10どころかTOP5入りは確定かと思われます。クリープハイプの「栞」みたいにオンエアポイントを削る可能性もなくはないですが、あっちは独占オンエアだったので事情が違いますもんね。

上位のオンエアは?

では先週の上位陣のオンエア数です。V2を狙うOfficial髭男dism「Pretender」はオンエア数17回と引き続き好調。6月2日に「Radio Magic」に出演することでオンエアをキープしています。更にデジタルセールスは先述の通り3位まで上がって来ました。この時点でポイントの大幅ダウンはなさそう、むしろ上げてくるかもしれませんね。

これを追う展開となった2位テイラー・スウィフト「ME!」はオンエア数が15回と前週から微増。デジタルセールスが5位に下がるもこちらも安定していると言っていいかもしれません。

3位に上がってきたエド&ジャスティン「I Don’t Care」はオンエア数16回で、デジタルは洋楽1位。まだポイントの上積みはありそう。「Cross me」との票割れが始まる前に何とか髭男を追い抜くことが出来るか?

以下4位バニラズ「パラノーマルワンダーワールド」はオンエア数7回と落ち着いてきました。6位に浮上した菅田将暉「まちがいさがし」はオンエア数8回とダウン、デジタルセールスは依然総合1位爆走中、7位BTS「Boy With Luv」はオンエア数8回、8位[ALEXANDROS]「Pray」はオンエア数10回のデジタル14位、9位あいみょん「ハルノヒ」はオンエア数6回のデジタル総合6位、10位KANA-BOON「まっさら」もオンエア数6回。あいみょんとKANA-BOONがTOP10落ちピンチな感じがしますね。

TOP10圏外を見ると、先週11位で止まってしまったShawn Mendes「If I Can’t Have You」はオンエア数が10回と再び二桁に、デジタルセールスが若干ダウンしていますが今度こそのTOP10入りはあるかな?そして12位のFlumpool「HELP」がオンエア数を13回とキープしているほか、先週20位初登場のSuperfly「Ambitious」はオンエア数13回、こちらは「Meet The World Beat」出演もありまだオンエアは安定しそうですね。デジタルセールスも総合7位まで上がってきており、これもTOP10入りの可能性がある?

とヘビーローションを含めてTOP10入りしそうな曲が5曲くらいあるのですが、そのうち実質状態だったスピッツが確定的として、あと何曲入れるか。そもそもTOP10落ちしそうな曲って5曲もないよなあ。

今週以降チャートインしそうな注目曲

ではここからは今週以降チャートインしそうな注目曲紹介です。今回はすべて、だったアーティストの新譜で行きます。

Ed Sheeran - Cross Me feat.Chance the Rapper & Pnb Rock

まずは2012年1月のだったエド・シーラン。7月12日リリースとなるEP「No.6 Collaborations Project」から「I Don’t Care」に続く新曲。チャンスザラッパーとPnB ROCKをフィーチャーしたヒップホップ寄りの楽曲。「I Don’t Care」とは違ってエッジが聴いたクールでカッケーナンバーになっています。歌詞は恋のバトル、友達の彼女に恋をしたという状況を歌っています。

Charli XCX - Blame It On Your Love feat.Lizzo

2015年2月のだった、Charli XCXの新譜。「Juice」がOSAKAN HOT 100でもチャートインしているラッパー、Lizzoをフィーチャーしたトロピカルハウスな1曲。先週のBlink-182の曲のタイトルと若干かぶっていますが、こちらは「あなたへの愛のせいで自分が止められない」という、あなたに恋しちゃいました的な歌詞になっていますね。

Kygo Feat. Chelsea - Not Ok

Not Ok by Kygo & Chelsea Cutler
Kygo & Chelsea Cutler

2016年6月の、Kygoの新曲。低音ボーカルのチェルシーカトラーをフィーチャーした、「Stay」を彷彿とさせるトロピカルナンバー。でも歌詞は結構切ない。別れてしまった彼のことを思い、「自分は大丈夫じゃない」と歌う1曲になっています。

Sigala, Becky Hill - Wish You Well

Wish You Well by Sigala & Becky Hill
Sigala & Becky Hill

2017年8月のだった、Sigalaの新譜。Becky Hillをフィーチャーした「Came Here For Love」を彷彿とさせるアゲアゲトロピカル。でも歌詞はこれも「あなたの幸運を祈る」って別れの詩じゃないの?

5 Seconds Of Summer - Easier

Easier by 5 Seconds of Summer
5 Seconds of Summer

2014年7月の、5 seconds of summerの新曲。だからと言って「Don’t Stop」を彷彿とさせ…ないダンス系のクールなトラックにつややかなボーカルが乗ったナンバー。「ここは居心地がいいのか、そんなことはどうでもいい。今まで何も変わらなかった。これからもそうだろ?」と問いかける、変わりたいのか、変わるべきでないのか、そのはざまで悩む男の歌となっています。

Jess Glynne & Jax Jones - One Touch

One Touch by Jess Glynne & Jax Jones
Jess Glynne & Jax Jones

極めつけは2017年4月の、Jax Jonesと2015年9月のヘビロ、JESS GLYNNEとのコラボレーション。Jax Jonesのトロピカルなトラックに乗ったJESS GLYNNEの力強いボーカルが気持ちいい1曲になっていますね。