[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/09/15付チャート振り返り、テイラー・スウィフトを1位にしないのかい?鎖国状態で孤立した802チャートに未来はあるの?

スポンサーリンク

FM802「OSAKAN HOT 100」2019/09/15付のチャートを振り返ります。テイラー・スウィフトを1位にしないのかい?鎖国状態で孤立した802チャートに未来はあるの?これを見れば一目瞭然。ぜひ確認ください。

どうもです。さて今週もサブスクリプションサービスでの配信がリリースされた新譜を紹介しております。

9月7日から9月13日までに配信でリリースされたアルバム・新譜のまとめ第2弾です。「チャーリーズ・エンジェル」リブート版の主題歌となるアリアナ・グランデ、ラナ・デル・レイ、マイリー・サイラス「Don't Call Me Angel」がリリース、またホールジー、ウィーザー、Fall Out Boyがアルバムからのリードトラックを配信しています。

何と言ってもアリアナ・グランデ、マイリー・サイラス、ラナ・デル・レイのコラボによる「Don't Call Me Angel」がリリースされています。11月に公開される(日本ではまだ未定)映画「チャーリーズエンジェル」リブート版の主題歌となっている、パッキパキのトラックに、3人の持ち味を生かしたボーカルが映える、正に”神”な仕上がりの1曲。もともと楽しみにしていたのですが、これを聴いた瞬間に「これは大ヒットするぞ」と確信しましたね。リサネムの番組でもオンエアされていましたし、来週以降、かなりのオンエアを稼いでくることはまず間違いないでしょう。先週リリースされ、おそらく来週のチャートで高位置につけるカミラ・カベロの曲とともに上位をにぎわせてやりましょうよ。

おそらく802のことだ。また9月29日付のチャートであいみょんとヒゲダンのワンツーなんていう茶番、下らんシナリオを企てているでしょうが、もう誰も見たくないでしょ?見たくないでしょ?だったらアリアナとカミラにリクエスト送りまくってやりましょうよ。

ということでTOP10行きましょうか。

OSAKAN HOT 100、今週のチャート

DoCoMoDoCoMo

当ブログでは各々楽曲のAPPLE MUSIC及びiTunes Storeへのリンクを貼っております。

曲名の後ろにが付いている場合はAPPLE MUSICへのリンク、が付いている場合はiTunes Storeへのリンク(APPLE MUSIC未対応)となっておりますので、ぜひご利用ください。

  1. LW:025270pt5720pt

    馬と鹿 by 米津玄師米津玄師OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  2. LW:016770pt5650pt

    宿命 by Official髭男dismOfficial髭男dismOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  3. LW:034910pt5050pt

    You Need To Calm Down by Taylor SwiftTaylor SwiftOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  4. LW:–圏外3800pt

    空の青さを知る人よ by あいみょんあいみょんOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  5. LW:17圏外3660pt

    リブート by miwamiwaOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  6. LW:–圏外3450ptありがとさんスピッツ

  7. LW:13圏外3430pt

    lovin' by Mrs. GREEN APPLEMrs. GREEN APPLEOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  8. LW:044850pt3410pt

    飛行艇 by King GnuKing GnuOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  9. LW:063940pt3380pt

    どうしますか、あなたなら by 阿部真央阿部真央OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

  10. LW:093870pt3280pt

    モス by サカナクションサカナクションOSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら、試聴もできます

意固地にも「非サブスク派」を貫く米津玄師が「Lemon」以来となる5曲目の1位ですね。レコチョクのダウンロードポイントっていうのが良くも悪くも影響した感じでしょうか?

今週のTOP10入りは?

全体的にポイントが下がったということもあり、今週は4曲がTOP10入り、うち2曲が初登場という荒れた展開となりました。ちなみに先週の第10位のポイントは3680ポイントだったので、今週の5位よりも高かったんですね。よって本来TOP10に入りそうもない曲がポツポツと入ってきました。

まず4位から紹介しないといけないですかね。紹介したくもないんですけどね。またオンエアの暴力でもってあいみょん「空の青さを知る人よ」が初登場TOP10入り、しかもこれまでの記録だった「今夜このまま」の初登場5位を更新する4位に付けました。初登場でのTOP10入りは前作の「真夏の夜の匂いがする」に続いて3曲目となりますかね。ちなみにポイントだけで言うと「今夜このまま」の初登場時が4100ポイント、「真夏の夜の匂いがする」が3900ポイントなので、それよりかは若干低かったが、上位のハードルが下がったためにこの位置となったようです。

タイトル通り10月公開となる映画「空の青さを知る人よ」の主題歌となっており、10月2日にエンディング曲「葵」との両A面シングルとしてリリースされるそうです。ちなみに、一昨日13日よりこの曲の先行配信が始まっており、ダウンロードのセールスポイントが入るのが9月29日付からとなりますね。まあ「MUSIC FREAKS」の最終回という、偶然にしては出来過ぎているタイミングで反映されることになります。

あいみょん – 空の青さを知る人よ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

5位には結婚おめでとう、miwaのニューシングル「リブート」が5週目にしてこの位置。ちなみにTOP10入りは2014年の「君に出会えたから」以来5年ぶりとなりますね。こちらもデジタルセールスが好調なようでドラマ人気もあるんですかね。「なぎのおいとま」っていうみたいですね。ちなみにこのドラマの主演の黒木華(くろきはる)さんは、以前はFM802を愛聴していたらしいとのことで、今のすっかり堕落した802をどう思うか…。

miwa 『リブート』Music Video

6位はスピッツの10月リリースのアルバム「見っけ」からのリードトラックが初登場。初登場でのTOP10入りは前作「優しいあの子」に続き5曲目ですが、いわゆる「HOTTEST ENTRY」でないのは今回が初。このところアルバムリード曲が1位になっていますが、今作はどうでしょうか?

7位はMrs.Green Appleのこちらも10月リリースとなるアルバム「Attitude」からクイーンやMIKAを彷彿とさせるミュージカルチックな先行配信曲「lovin'」が入ってきています。

Mrs. GREEN APPLE – lovin'

今週の11位以下は?

20位にはきましたよ。ポストマローンの6日にリリースされたアルバム「Hollywood's Bleeding」から1週前に先行配信されていた「Circles」が入ってきました。このアルバムには先行シングルだった「Sunflower」や「Wow」「Goodbyes」などのヒット曲のほかに、メタル界の大御所、オジーオズボーンがゲストに加わった「Take What You Want」も収録。トラップ、ヒップホップといったジャンルを超越した、歌モノとしても前作からのキャリアアップを感じさせるスケールの1枚になっていますね。この曲もTOP10入りの可能性がかなりありそうですよ。

Post Malone – Circles

46位には去年5月のになっていたSaucy Dogの「スタンド・バイ・ミー」。10月2日リリースのアルバム「ブルーピリオド」からの先行トラックとして、9月4日に配信が始まっております。

75位には向井太一の18日リリースのアルバム「Savage」から9月4日に先行配信された「ICBU」がチャートイン。読み方はそのまま「アイシービーユー」と読んで、「It Could Be You」=あなたかもしれないという意味になるようです。ちなみにプロデュースは2017年のグラミー賞でもノミネートされた日本人プロデューサー、starRoが手掛けています。それから99位には”9″mm Parabellum Bulletの”9″日にリリースされたばかりのアルバム「DEEP BLUE」から5曲目に収録されている「夏が続くから」が入ってきました。いやもう、夏も終わりですけどね。

個性的女性アーティストの楽曲も3曲入ってきましたね。47位にはDAOKOの9月4日リリースの配信シングル「はじめましての気持ちを」。6日に公開が始まった映画「かぐや様は告らせたい」の挿入歌として起用されています。ちなみにこの曲のアレンジと作曲は神山羊という、ボカロPとしても活躍する新進気鋭のシンガーソングライターだそうで、ボカロPがフィーチャーされるこのパターン、増えてきてますね。

同じ9月4日に配信リリースとなったのが、65位に入ったiriの「SUMMER END」。こちらもリアリティ番組の主題歌として起用されております。クールなR&Bのトラックにハスキーな歌声が唯一無二の存在感を出しております。

とまあ9月4日のリリース楽曲が入る中、62位のSCANDAL「Fuzzy」は8月7日に配信リリースされたナンバー。「ROCK KIDS 802」で解禁され、MVも作られたのに、なぜか1か月もかかってのチャートインとなっています。なぜか?それは802が主催する「大阪文化芸術フェス2019 DREAM LIVE」に出演するから。当日はその一環としてSCANDALのパフォーマンス、更には学生とのコラボ企画も行うそうです。進行役は鬼頭由芽さんですね。

一方でアルバムリリース前の楽曲もチャートイン。42位フレデリックは10月リリースのEP「VISION」からのタイトルトラックがチャートイン、55位KREVAも来週18日リリースのアルバム「AFTERMIXTAPE」から「ONE feat.JQ from Nulbarich」に続くチャートイン、その曲でフィーチャーされていたJQ率いるNulbarichは11月6日にリリースされるアルバム「2ND GALAXY」からのリード曲「LOST GAME」がチャートイン、ちなみにこの曲、映画「HELLO WORLD」の主題歌のうちの1曲で、来週リリースされるサウンドトラックにも映画バージョンで収録されます。

そういえばこのアルバムってOKAMOTO'Sが中心になってるんですよね。それなのにOKAMOTO'Sの「新世界」は入らず、Nulbarichは簡単に入る。そしてもう1曲、ヒゲダンのあの曲がねえ、THE BEATLESみたいなタイトルの曲がねえ、来週とんでもない位置で入ってくるんでしょう。なぜそういう差別的なことを平気でやるのかという。これで真っ当なチャートが成り立つと本気で思ってるの?

今週のサブスクでのチャートまとめ

今週チャートインした楽曲のプレイリストをこちらにまとめております。日本国内で聴ける曲は、日本国内では聴けないが、国外で聴くことが出来る場合は、まだ楽曲がストリーミングで配信されていない曲はをつけております。ぜひフォローお願いします。

1位の曲が非サブスクだと見栄えが悪いですね。しかも決め手になったのがダウンロードのポイントなのでなおさら。さて先週までにリリースされた曲では、19位に上がってきた今月の、マカロニえんぴつ「ヤングアダルト」がEP「season」のリリースを受けて配信を開始しました。また、先週初登場だったLittle Glee Monsterの「Echo」も先行配信が始まっております。

今週チャートインしている曲では未配信の曲が割とありますね。スピッツとフレデリックはリリースが10月ということで今のところ先行配信の予定はなさそうですね。KREVAは来週18日にアルバムがリリース、Nulbarichはその前日である17日に先行配信が予定されているため、この2曲は来週にはプレイリストに加わることになりそうです。

RANK
Title / Artist
On Chart
1位
馬と鹿 / 米津玄師
4週
2位
宿命 / Official髭男dism
12週
3位
You Need To Calm Down / Taylor Swift
13週
4位
空の青さを知る人よ / あいみょん
NEW ENTRY
5位
リブート / miwa
5週
6位
ありがとさん / スピッツ
NEW ENTRY
7位
lovin' / Mrs. GREEN APPLE
3週
8位
飛行艇 / King Gnu
7週
9位
どうしますか、あなたなら / 阿部真央
4週
10位
モス / サカナクション
12週
11位
忘れられないの / サカナクション
16週
12位
Lover / Taylor Swift
3週
13位
Senorita / Shawn Mendes, Camila Cabello
12週
14位
us / milet
5週
15位
君の隣にいたいから / SHISHAMO
6週
16位
愛にできることはまだあるかい / RADWIMPS
8週
17位
真夏の夜の匂いがする / あいみょん
9週
18位
愛はスローにちょっとずつ / サザンオールスターズ
6週
19位
ヤングアダルト / マカロニえんぴつ
7週
20位
Circles / Post Malone
NEW ENTRY
21位
Summer Girl / HAIM
5週
22位
Cauliflower / Jak Lizard
6週
23位
リボン feat.桜井和寿(Mr.Children) / 東京スカパラダイスオーケストラ
7週
24位
Simmer / Mahalia feat.Burna Boy
2週
25位
愛を叫んでみた / Karin.
6週
26位
I Don't Care / Ed Sheeran & Justin Bieber
18週
27位
雨とカプチーノ / ヨルシカ
2週
28位
Teeth / 5 Seconds Of Summer
2週
29位
Montage / 04 Limited Sazabys
6週
30位
OKAY OKAY / Alessia Cara
2週
31位
グランドエスケープfeat.三浦透子 / RADWIMPS
6週
32位
Boyfriend / Ariana Grande & Social House
5週
33位
月色ホライズン(chill out ver.) / [ALEXANDROS]
6週
34位
優しいあの子 / スピッツ
16週
35位
Pretender / Official髭男dism
22週
36位
One feat.JQ from Nulbarich / KREVA
6週
37位
ハイブリッド レインボウ(30th version) / the pillows
3週
38位
まちがいさがし / 菅田将暉
20週
39位
Puzzle / 04 Limited Sazabys
4週
40位
Breathe Again / 清水翔太
4週
41位
DREAMERS / GENERATIONS from EXILE TRIBE
2週
42位
VISION / フレデリック
NEW ENTRY
43位
Summer day / chelmico
4週
44位
でんでん / UNICORN
2週
45位
People / The 1975
3週
46位
スタンド・バイ・ミー / Saucy Dog
NEW ENTRY
47位
はじめましての気持ちを / DAOKO
NEW ENTRY
48位
GreenGreen / ゆず
9週
49位
兵、走る / B'z
16週
50位
パプリカ / Foorin
13週
51位
VS / ポルノグラフィティ
9週
52位
I Warned Myself / Charlie Puth
2週
53位
インフェルノ / Mrs. GREEN APPLE
8週
54位
ECHO / Little Glee Monster
2週
55位
敵がいない国 / KREVA
NEW ENTRY
56位
Paper Rings / Taylor Swift
2週
57位
新世界 / BUMP OF CHICKEN
9週
58位
Beautiful Journey / 平井大
9週
59位
朝顔 / 折坂悠太
3週
60位
LOST / End of the World feat.Clean Bandit
7週
61位
ハローフィクサー / 10-FEET
11週
62位
Fuzzy / SCANDAL
NEW ENTRY
63位
マジックアワー / STUTS,BIM,RYO-Z
5週
64位
Small Talk / Katy Perry
4週
65位
SUMMER END / iri
NEW ENTRY
66位
Hypersonic Missiles / Sam Fender
10週
67位
Aurora / BUMP OF CHICKEN
26週
68位
南国電影 (feat. 横山剣) / VIDEOTAPEMUSIC
5週
69位
JUST FINE / GLAY
11週
70位
HAPPY HAPPY / TWICE
12週
71位
ナナナナナイロ / Perfume
12週
72位
Continue / 木村カエラ
6週
73位
MOIL / 須田景凪
4週
74位
Pop Virus / 星野源
40週
75位
ICBU / 向井太一
NEW ENTRY
76位
光の方へ / カネコアヤノ
3週
77位
イエス / ズーカラデル
10週
78位
夏のどこかへ / WANIMA
12週
79位
Lost Game / Nulbarich
NEW ENTRY
80位
Ca Va? / ビッケブランカ
17週
81位
バッドパラドックス / BLUE ENCOUNT
6週
82位
タイムリミット / MACO
2週
83位
Tiny Love / MIKA
3週
84位
LEMON / 米津玄師
82週
85位
All Day Long / Chance The Rapper feat.John Legend
5週
86位
Beautiful People / Ed Sheeran feat.Khalid
11週
87位
MUKANJYO / Survive Said The Prophet
3週
88位
3 Nights / Dominic Fike
3週
89位
Savage / 向井太一
5週
90位
Wasted Nights / ONE OK ROCK
32週
91位
BLOW with Chris Stapleton & Bruno Mars / Ed Sheeran
10週
92位
イコール / sumika
16週
93位
ゴールデンタイム / フジファブリック
7週
94位
まんげつの夜 / ナオト・インティライミ
4週
95位
SCARLET feat. Afrojack / 三代目JSOULBROTHERSfromEXILETRIBE
5週
96位
Old Town Road(Remix) / Lil Nas X feat. Billy Ray Cyrus
22週
97位
キスだけで / 菅田将暉 feat.あいみょん
11週
98位
愛のままに feat.唾奇 / BASI
8週
99位
夏が続くから / 9mm Parabellum Bullet
NEW ENTRY
100位
Traveling / sumika
14週

今週のサヨナラHOT100

今週、OSAKAN HOT 100のチャートから姿を消したのは12曲でした。

entrydate
Title/Artist
On Chart
2019/07/21
いちご / 木村カエラ
8週
2019/07/21
LILLY / Hump Back
8週
2019/07/21
Summer Time Magic / 雨のパレード
8週
2019/05/26
Ambitious / Superfly
16週
2019/08/18
q / 中村佳穂
4週
2019/07/28
My Line / ベリーグッドマン
7週
2019/07/07
月色ホライズン / [ALEXANDROS]
10週
2019/05/05
Pool / SIRUP
19週
2019/07/21
bad guy (with Justin Bieber) / Billie Eilish
8週
2019/08/11
Mood 4 Eva / Beyonce,JAY-Z & Childish Gambino
5週
2019/07/14
Call / ちゃんみな
9週
2019/07/14
LINDY / 中村佳穂
9週

「bad guy」がJBバージョンもチャートアウトしてしまいましたね…。他には年間チャート入りが見込めそうな「Ambitious」や「Pool」というミザワビ絡みの曲もチャートアウトしています。

迫りくる茶番の圧力に我々はどう立ち向かうべきか。

さて次週ですが、ヒゲダン「宿命」に変わる新曲「イエスタデイ」が暴力的なオンエアを稼いでおり、またも初登場でトンデモな位置につけることが予想されます。もう「宿命」は完全に終了でしょう。一方の非サブスク・米津玄師は今週がリリース週だったということでオンエアの上積みが期待できそうでまだポイントが伸ばせるかもしれません。逆にテイラー・スウィフトはもう、伸びても1位になることは無いのかな…。

しかし気になるのは、というより気がかりなのはあいみょんの2週目ですね。「今夜このまま」が2週目で6540ポイント、「真夏の夜の匂いがする」が2週目で6340ポイントをたたき出しており、単純にこのポイントで行くともう1位になってしまうんですよ。常軌を逸した単なるオンエアポイントだけで。そんなことが2度も3度も繰り返されたらたまったもんじゃないですよ。さすがに今回はそんなことがないと願うしかない。

最悪このままでいくと、9月29日の「MUSIC FREAKS」あいみょん回のラストを前に、ヒゲダンとあいみょんの新曲のマッチレースという、また作られたシナリオを見せられるという恐れがあります。「茶番を受け入れろ」という圧力に対し、我々は毅然とした態度で「ノー」を突きつけてやりましょう。ヒゲダンとあいみょんのファンのためだけのチャートではないということを。そのためにも、「Don't Call Me Angel」や、カミラの新曲「Liar」「Shameless」にリクエストを送りまくって、1位を獲らせるように仕向けたいと思います。やられる前にやり返せ。