[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/10/27付チャート振り返り、ヒゲダン大ピンチ!スピッツとまさかまさかのあのバンドがやってきたぞ。

スポンサーリンク

FM802「OSAKAN HOT 100」2019/10/27のチャートを振り返ります。ヒゲダン大ピンチ!スピッツとまさかまさかのあのバンドがやってきたぞ。一体誰なのか、これを見れば一目瞭然。ぜひ確認ください。

どうもです。このところ朝晩が結構冷え込んで、その割に日中がまだ暑いので体調が変な感じになりそうですね。そんな中、サブスクリプション配信を開始した新譜の紹介は随時行っております。昨日はThe Mirrazのコラボアルバムが配信を開始したほか、今週はすさまじかったですね。セレーナゴメスとルイ・トムリンソン、それにカニエウェストが新譜を出すアナウンスをしていたのでそれに注目しておけばいいのかなあと思っていたら…、コールドプレイがアルバムリリースのアナウンスと新譜リリース、それからTHE 1975もアルバムからのリードを出し、セレーナゴメスは1曲だけじゃなく2日連続で新曲を出すという…どえらいことですわ。そんなリリースラッシュはこちらで確認できますので是非。試聴もできますよ。

今週は11月1日にデュア・リパが新譜を出すアナウンスをしていますが、またサプライズがありそうな感じがしますねえ。今年アルバムが出るアーティストと言えばカミラ・カベロとか、あとジャスティン・ビーバーとかが近日リリースしてくるんじゃないかなあと予想。逆にこれだけすごいメンツがそろうとおそらくチャートの勢力図もガラッと変わってきそうですね。特に11月後ろから12月以降にかけて、いつもの顔ぶれだとか邦ロック系しかいないとか愚痴をこぼすリスナーもようやく納得できそうなチャートになりそう…だといいんですが、RADIO CRAZYあるからどうかなあ。

さて今週のチャートです。ヒゲダンとスピッツの2強…と思いきやまさかのまさかがあった模様です。

OSAKAN HOT 100、今週のチャート

DoCoMoDoCoMo

当ブログでは各々楽曲のAPPLE MUSIC及びiTunes Storeへのリンクを貼っております。

曲名の後ろにが付いている場合はAPPLE MUSICへのリンク、が付いている場合はiTunes Storeへのリンク(APPLE MUSIC未対応)となっておりますので、ぜひご利用ください。

  1. LW:016690pt6390pt
    イエスタデイ by Official髭男dism
    Official髭男dism
  2. LW:103570pt5500pt
    傘 by King Gnu
    King Gnu
  3. LW:026000pt5460pt
    見っけ by スピッツ
    スピッツ
  4. LW:063900pt5450pt
    Same Thing (feat. Superorganism) by 星野源
    星野源
  5. LW:093580pt4590pt
    フレア by Superfly
    Superfly
  6. LW:035850pt4560pt
    空の青さを知る人よ by あいみょん
    あいみょん
  7. LW:054640pt4440pt
    CHEERS by Mrs. GREEN APPLE
    Mrs. GREEN APPLE
  8. LW:18圏外4240pt
    君の隣にいたいから by SHISHAMO
    SHISHAMO
  9. LW:045090pt4100pt
    Memories by Maroon 5
    Maroon 5
  10. LW:19圏外3830pt
    Phantom Joke by UNISON SQUARE GARDEN
    UNISON SQUARE GARDEN

うーん…。King Gnu惜しかったなあ。でもRADIO CRAZY出演も決まったしまだまだ勢力は衰えないでしょう、きっと。

今週のTOP10入りは?

今週はTOP10入りが2曲、うち1曲は返り咲きとなります。まずは8位、SHISHAMO「君の隣にいたいから」が8週ぶりにTOP10に戻り、しかも12週目で最高位更新となりました。16日がフィジカルリリースだったということでこの週の「Your Radio 802」などに出演などプロモーションもありオンエアが好調でしたね。今年もRADIO CRAZY出演ということでまだまだオンエアの高い状態は続くでしょうか?

このバージョンのアレンジは小林武史氏が担当しているということもあり、うまく折り合いがついているような感じがしますね。

SHISHAMO「君の隣にいたいから」

10位は2週目でエントリーしてきたアニ…じゃないユニゾンの「Phantom Joke」。このジョーク自体がしつこい感じがしますが。10月8日リリース、11日からは初となるサブスクリプションサービスでの配信を開始しました。普通はシングルとかアルバムの形式で出すものですが、ユニゾンは配信楽曲をシングルタイトルとアルバムの代表曲にしぼったプレイリストという形で配信するという変わった形になりましたね。まあそのうちにカップリング曲なども配信されるんでしょう。そもそもユニゾンが今年サブスク配信に踏み切ったというのが個人的には驚きでしたね。

UNISON SQUARE GARDEN「Phantom Joke」ショートver.

今週の11位以下は?

まず惜しかったなあ。2週目で11位まで上がってきたのがDan+shayの「10,000 Hours」。JBパワーで次週TOP10入りなるかな?

18位はオンエアとデジタルが回復しているB’zの「兵、走る」が22週目で18位に戻ってきました。TOP20入りは15週ぶり。多分ラグビーワールドカップの恩恵でしょう。

今週の初登場

15位は秦基博の新曲「Raspberry Lover」。11月リリースのシングルから先日14日に先行配信が始まっています。年末ですね、12月にはこの曲も収録された約4年ぶりのオリジナルアルバム「コペルニクス」もリリースされるということで更なるランクアップ、「スミレ」以来の1位獲得はあるのか?

27位は星野源「さらしもの(feat.PUNPEE)」。先日14日にリリースされたEP「Same Thing」から2曲目のエントリーですね。某ブログで言うおまけ。ラッパー兼トラックメイカーのPUNPEEとのコラボレーションによるヒップホップソング。緩い感じのラップがいいですね。でここから3曲目にトムミッシュプロデュースによるアーバンR&Bナンバー「Ain’t Nobody Know」へと続く流れがいいんだ。いかに1曲目が悪目立ち?していることか。まあでもサブスク解禁を受けてリリースのされ方やコラボスタイルなど、世界で聴かれることやタイアップありきのリリーススケジュールに対して一石を投じるような今回のEPになっていると思います。

31位は1DのHarry Styles「Lights Up」。こちらは11日にリリースされた新曲。おそらくアルバムからのリードトラックでしょう。デビューアルバムでロック路線に走ったのに対して今作はポップ的な要素が強めです。個人的にはBメロに行く展開がたまらなくいいなと思います。それにしても先週はナイル・ホーランがチャートイン、で今週はルイ・トムリンソンとリアム・ペインが新曲リリースとアルバム出るよのアナウンス。ここにきて4人それぞれのソロワークが活発になっています。1D復活は…かなり厳しいだろうなあ。

42位は同じく11日に配信リリースとなったEveの新曲「レーゾンデートル」、46位は来月13日にアルバム「So kakkoii 宇宙」をリリースする小沢健二のリードトラックとなる「彗星」、こちらも11日から先行配信が始まっています。47位には先日活動休止を発表したグッドモーニングアメリカの休止前ラストシングルとなる「フルスロットル」、16日に配信リリースされました。

57位には9日にリリースされたEP「Blank Map」からストレイテナー「吉祥寺」がチャートイン、64位は16日に配信リリースされたウルフルズ「続けるズのテーマ」、同じく16日リリースのUVERWORLDの「ROB THE FRONTIER」が77位となっています。

そして飛ばしましたが、初登場の曲でこの曲だけがまだ未配信となっている、51位はBLUE ENCOUNTの11月リリースのシングル「ポラリス」、前作がドラマ主題歌で今作はアニソンですよアニソン。まあ「バッドパラドックス」のことを考えるとおそらく今週か来週辺りに先行配信が始まりそうな気もするんですけどねえ。ちなみに11月1日と2日にはZepp Osakaでライブ、さらに今年の「RADIO CRAZY」への出演も決定しており、おそらくここからオンエア爆増する可能性があります。TOP10入りを見込んだ方がいいかもしれません?

それにしてもKaty Perryの「Harleys in Hawaii」とかBECKの「UNEVENTFUL DAYS」あたりが入ってこなかったですねえ…。こちらがイメージしているチャート像とかなり食い違いが出てきています。

今週のサブスクでのチャートまとめ

今週チャートインした楽曲のプレイリストをこちらにまとめております。日本国内で聴ける曲は、日本国内では聴けないが、国外で聴くことが出来る場合は、まだ楽曲がストリーミングで配信されていない曲はをつけております。ぜひフォローお願いします。

先週まででエントリーしている楽曲では37位まであがってきたNulbarich「LOOK UP」が今週23日より先行配信を開始しています。。

RANK
TitleArtist
On Chart
1
イエスタデイOfficial髭男dism
6週
2
King Gnu
3週
3
見っけスピッツ
4週
4
Same Thing (feat.Superorganism)星野源
2週
5
フレアSuperfly
3週
6
空の青さを知る人よあいみょん
7週
7
CHEERSMrs. GREEN APPLE
4週
8
君の隣にいたいからSHISHAMO
12週
9
MemoriesMaroon 5
5週
10
Phantom JokeUNISON SQUARE GARDEN
2週
11
10,000 HoursDan + Shay, Justin Bieber
2週
12
Life LineDedachiKenta
3週
13
CirclesPost Malone
7週
14
Ain’t TogetherKing Princess
3週
15
Raspberry Lover秦 基博
NEW ENTRY
16
Cheating on YouCharlie Puth
3週
17
Dance MonkeyTones and I
6週
18
兵、走るB’z
22週
19
馬と鹿米津玄師
10週
20
VISIONフレデリック
7週
21
ありがとさんスピッツ
7週
22
ECHOLittle Glee Monster
8週
23
JUST FINEGLAY
17週
24
ChallengerPerfume
5週
25
ラジオデイズスピッツ
2週
26
PretenderOfficial髭男dism
28週
27
さらしもの(feat.PUNPEE)星野源
NEW ENTRY
28
ヤングアダルトマカロニえんぴつ
13週
29
You Need To Calm DownTaylor Swift
19週
30
Ca Va?ビッケブランカ
23週
31
Lights UpHarry Styles
NEW ENTRY
32
スタンド・バイ・ミーSaucy Dog
7週
33
Don’t Call Me Angel (Charlie’s Angels)Ariana Grande,Miley Cyrus,Lana Del Rey
5週
34
旅のつづき竹内まりや
2週
35
Good ThingZedd & Kehlani
3週
36
優しいあの子スピッツ
22週
37
Look UpNulbarich
2週
38
パプリカFoorin
19週
39
Father Of All…Green Day
6週
40
あゝ、無常GLAY
3週
41
宿命Official髭男dism
18週
42
レーゾンデートルEve
NEW ENTRY
43
愛にできることはまだあるかいRADWIMPS
14週
44
Dear Future Self(Hands Up)Fall Out Boy feat.Wyclef Jean
5週
45
LiarCamila Cabello
6週
46
彗星小沢健二
NEW ENTRY
47
フルスロットルグッドモーニングアメリカ
NEW ENTRY
48
lovin’Mrs. GREEN APPLE
9週
49
SenoritaShawn Mendes, Camila Cabello
18週
50
LoverTaylor Swift
9週
51
ポラリスBLUE ENCOUNT
NEW ENTRY
52
Story雨のパレード
2週
53
ShellyDEAN FUJIOKA
2週
54
Cry for MeCamila Cabello
2週
55
ICBU向井太一
7週
56
10/10Rex Orange County
3週
57
吉祥寺ストレイテナー
NEW ENTRY
58
りんどうWANIMA
4週
59
Wasted NightsONE OK ROCK
38週
60
GraveyardHalsey
4週
61
いつもの風景斉藤和義
2週
62
忘れられないのサカナクション
22週
63
Nice To Meet YaNiall Horan
2週
64
続けるズのテーマウルフルズ
NEW ENTRY
65
Baby You Can CryAI
3週
66
One LoveKeishi Tanaka
4週
67
まちがいさがし菅田将暉
26週
68
リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)東京スカパラダイスオーケストラ
13週
69
新世界BUMP OF CHICKEN
15週
70
usmilet
11週
71
Rat-tat-tat三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
4週
72
SatisfactionAttractions
5週
73
敵がいない国KREVA
7週
74
VARIETYTENDRE
6週
75
リブートmiwa
11週
76
LEMON米津玄師
88週
77
ROB THE FRONTIERUVERworld
NEW ENTRY
78
どうしますか、あなたなら阿部真央
10週
79
ぼくら花束みたいに寄り添ってカネコアヤノ
5週
80
海辺に咲くばらのお話Cocco
4週
81
モスサカナクション
18週
82
AuroraBUMP OF CHICKEN
32週
83
take a chanceフレンズ
4週
84
SWAG & PRIDETHE RAMPAGE from EXILE TRIBE
3週
85
イコールsumika
22週
86
バッドパラドックスBLUE ENCOUNT
12週
87
SimmerMahalia feat.Burna Boy
8週
88
ユラレルみゆな
2週
89
チラーRhythmUNICORN
6週
90
飛行艇King Gnu
13週
91
Younger feat. HRVYJonas Blue
5週
92
Do you remember?宮本浩次
4週
93
雨とカプチーノヨルシカ
8週
94
I Don’t CareEd Sheeran & Justin Bieber
24週
95
朝顔折坂悠太
9週
96
Pop Virus星野源
46週
97
ハイブリッド レインボウ(30th version)the pillows
9週
98
さわれないのにOGRE YOU ASSHOLE
4週
99
ハナヒカリリーガルリリー
4週
100
愛はスローにちょっとずつサザンオールスターズ
12週

今週のサヨナラHOT100

今週、OSAKAN HOT 100のチャートから姿を消したのは10曲でした。

entrydate
TitleArtist
On Chart
2019/09/15
はじめましての気持ちをDAOKO
6週
2019/09/22
ICE CREAM SUNDAEInhaler
5週
2019/08/11
One feat.JQ from NulbarichKREVA
11週
2019/07/14
イエスズーカラデル
15週
2019/09/29
毎日がラブソングDrop’s
4週
2019/09/15
FuzzySCANDAL
6週
2019/09/29
小さな夜斉藤和義
4週
2019/09/15
Lost GameNulbarich
6週
2019/09/29
The End of the GameWeezer
4週
2019/09/22
Don’t you think(feat.ロザリーナ)THE ORAL CIGARETTES
5週

初来日公演が決まったインヘイラーがタイミング悪くチャートから消えました。次の曲に期待しましょう。今のところはU2ボノの息子のバンドという認識しか持ってない人も多いでしょうから何とかアルバム出してプッシュしてこれだけいいバンドがいるということをアピった方がいいと思いますがね。

次週展望

さて次週以降、BECKやコールドプレイ辺りが勢いを増してきそうな感じがします。チャート勢力図も間違いなく変わるんじゃないでしょうか?ということに期待しつつ今週の反省会。TOP20の想定とその結果をまとめました。順番は今回想定した1位から20位の順、数字は今週の順位。

TOP20想定と結果

RANK
Title
Artist
1
イエスタデイ
OFFICIAL髭男DISM
3
見っけ
スピッツ
2
King Gnu
4
Same Thing (feat.Superorganism)
星野源
9
Memories
MAROON 5
6
空の青さを知る人よ
あいみょん
7
CHEERS
Mrs. GREEN APPLE
5
フレア
SUPERFLY
12
Life Line
DEDACHIKENTA
10
Phantom Joke
UNISON SQUARE GARDEN
14
Ain’t Together
King Princess
17
Dance Monkey
TONES AND I
8
君の隣にいたいから
SHISHAMO
13
Circles
POST MALONE
16
Cheating On You
Charlie Puth
15
Raspberry Lover
秦 基博
18
兵、走る
B’z
11
10,000 Hours
Dan + Shay, Justin Bieber
21
ありがとさん
スピッツ
19
馬と鹿
米津玄師

「傘」が予想以上に上がってきた…というか「見っけ」がかなり下げた印象、実際には4位の「Same Thing」まで超僅差でしたね。あと何を思ったかSHISHAMOは13位と見てたんですがさすがに無理がありましたかね。逆に「10,000 Hours」はかなり低く見過ぎてしまった。あれだけデジタルを稼いでいるのだったらここまで来ても不思議ではなかった。それとやっぱりフレデリックはTOP20に入ったなあ。