[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/09/29付チャート振り返り。あきれて言葉が出ません。

スポンサーリンク

FM802「OSAKAN HOT 100」2019/09/29付のチャートを振り返ります。ポスト・マローンが、カミラ・カベロが、アリアナ・グランデが急上昇。混戦のTOP10を制するのは?これを見れば一目瞭然。ぜひ確認ください。

どうもです。今週も配信リリースされた新曲、アルバムを一挙に紹介しています。マルーン5の「Memories」が秋にしっぽりと聴きたい曲と書いていましたが、今週も秋に聴きたいバラードが届きました。しかもZEDDの曲です。R&Bシンガー、ケラーニをフィーチャーした「Good Thing」。あまりにもケラーニ色が出まくっていて、逆にZEDDの曲なの?と問いたくなるようなサウンドですが、いやあしっぽりと聴きたいですねえ。歌詞も生き方に関する前向きなバイブスを送る曲なのでぜひ聴いてみてください。

9月21日から9月27日までに配信でリリースされたアルバム・新譜のまとめです。ビートルズの「アビー・ロード」リリース50周年を記念したスペシャルエディションのアルバム楽曲が全曲配信開始、また、Zedd、Galantisの新曲、BABYMETALのニューアルバムからの先行配信が今週から始まりました。

ということで糞チャートのTOP10サラッと行きましょうか。

OSAKAN HOT 100、今週のチャート

ABEMAプレミアムABEMAプレミアムU-NEXTU-NEXT
  1. LW:034450pt8090pt
    イエスタデイ by Official髭男dism
    Official髭男dism
  2. LW:026340pt6380pt
    空の青さを知る人よ by あいみょん
    あいみょん
  3. LW:016850pt6340pt
    馬と鹿 by 米津玄師
    米津玄師
  4. LW:044240pt4690pt
    Circles by Post Malone
    Post Malone
  5. LW:054120pt3940ptありがとさんスピッツ
  6. LW:12圏外3690pt
    Liar by Camila Cabello
    Camila Cabello
  7. LW:103250pt3470pt
    ヤングアダルト by マカロニえんぴつ
    マカロニえんぴつ
  8. LW:-圏外3450pt
    Challenger by Perfume
    Perfume
  9. LW:15圏外3380pt
    Simmer (feat. Burna Boy) by Mahalia
    Mahalia
  10. LW:073680pt3160pt
    lovin’ by Mrs. GREEN APPLE
    Mrs. GREEN APPLE

今週のTOP10入り

今週のTOP10入りは3曲。まずはカミラ・カベロの「Liar」が2週目で6位までつけてきました。散々このブログでも書いているので割愛しますが情熱的なラテンポップス。年内リリースが囁かれているアルバム「Romance」に向けて弾みをつけたいですね。個人的には「Shameless」推しですけどね。

Camila Cabello - Liar

10位はサマソニで来日していた、今月の・マヘリアの「Love And Compromise」からの1曲が4週目で入ってきました。あと1週、どこまで上げてくるかな?

Mahalia - Simmer (feat. Burna Boy)

そして8位で初登場は…もう3週連続の初登場TOP10入りかよ…。先週ベストアルバム「Perfume The Best “P Cubed”」をリリースしたPerfume、3か月前の「ナナナナナイロ」が息切れして戦略ミスったかと思いきや、このアルバムからもう1曲の新曲が入ってきました。とは言ってもこの曲、純粋な新曲じゃないんですね。16年前から元の曲があったという。Perfumeというキャリアの歴史を感じますね。10年前なんて、802でPerfumeってそんなにかかっていたか?っていう話になるわけですが。

ちなみに現在この曲のMV企画案を募集中ということですね。さらに来週10月頭には来阪プロモで802の番組にも出演、リリースから少しして活動が積極的になっている。これはひょっとして茶番2トップを引きずりおろすことになるのかな?

今週のTOP20入り

今週は9月11日リリースのアルバムがらみでのTOP20入りが目立ちますね。12位にはアルバム「Savage」がリリースされた向井太一のリード曲「ICBU」、18位は「Aftermixtape」リリースのKREVA、20位は映画「王様になれ」のサントラからのピロウズの「ハイブリッド レインボウ(30th version)」が入ってきました。

このほか、14位にはチャートイン2週目のGreen Day「Father Of All…」がオンエアの好調さで早くもこの位置に。アルバムリリースは来年ですけどね。そして19位にはSaucy Dog、10月からの「MUSIC FREAKS」DJ担当も決まりましたね。ちなみにもう1組のビッケブランカは「Ca Va?」がチャートイン19週目、先週の95位という瀬戸際から62位まで回復してきました。

今週の初登場曲

今週のニューエントリーは豪華絢爛?、12曲も入ってきました。なお今週のニューエントリー曲はすべて配信済みです。プレイリストを日付でソートすれば今週ニューエントリーの曲から先に聴くこともできます。

17位の「Don’t Call Me Angel」は口酸っぱく言ってきたので順当ですね。ただ意外と全米全英のアクションが芳しくない。どうもこのコンビでケミストリーを起こすどころかミスマッチだったという声もちらほらと…。

43位はWEEZER。2020年5月にニューアルバム「VAN WEEZER」をリリースしますが、そこからのリードトラックとなっています。今作ではメタルロックを軸にしたサウンドを展開しているということで、この曲でもエレキの速弾きがあったりとメタル色が出ていますね。

そして60位に初登場のFall Out Boy、11月15日に2枚目となるベストアルバム「Greatest Hits: Believers Never Die – Volume Two」をリリース。ここからのリード曲となっており、フージーズのワイクリフ・ジョンをフィーチャーしたサーフロックナンバーに仕上がっています。

ちなみにこのWEEZER、Fall Out Boy、そして今週14位のGreen Dayは”Hella Mega Tour”と題したジョイントツアーを行うことになっていて、この発表に合わせて新曲を同じ日にリリースしたわけですが、Green Dayだけが1週先にチャートインするという。やはり来日公演を行うというのが大きかったのでしょうか。というかWEEZERもFOBも今年サマソニに出てたやん。

51位はTOP20有力候補のマルーン5「Memories」、先週リリースしたばかりした新曲。カノン進行のメロディが秋にしっぽり聴くのにピッタリ合いそうですね。

57位はシンガーソングライター・カネコアヤノの9月18日にリリースしたアルバム「燦々」から2曲目のチャートイン。先行配信もされていますね。今年のMINAMI WHEEL 2019にも出演するということです。

60位はジョナスブルーの9月6日にリリースされた新曲。イギリスの新鋭シンガー・ハーヴェイをフィーチャーしたトロピカルハウス回帰な1曲ですね。

70位はOKAMOTO’Sの「新世界」がようやくチャートイン。映画「Hello World」のサントラからいち早く配信リリースされ、しかもサントラ制作のハブ役となったのにも関わらず、TOP3に初登場した某と違って待遇が悪すぎ。酷い。

74位はTOKYO No.1 Soul Setの渡辺俊美のプロジェクト、THE ZOOT16。8月21日に7インチ盤でリリースされた新曲がなぜ1か月たった今になって入ってきたのかが謎なんですが何かあったのか?

81位は斉藤和義が音楽監督を務めた映画「アイネクライネナハトムジーク」のサントラからの1曲。ちなみに”クライネ”は小さな、”ナハト”は夜という意味があるようですよ。

82位は福岡のロックバンド・Attractionsが7月17日にフィジカルリリースした1stシングル。しかも7月12日に先行配信してる曲が、なぜ2か月半もたった今チャートインしたのか。とよく考えるとこれもMINAMI WHEEL 2019出演組でした。

88位は北海道出身の女性ブルースロックバンド・Drop’s。グループとしては初のチャートインになりますね。若手ながら10年というキャリアを誇り渋いブルージーなロックを展開しています。Superfly好きにはもってこいかもしれません。というのもこの曲、9月20日にリリースされたフルアルバム「Tiny Ground」からの1曲でプロデュースと共作はSuperflyのメンバーとしても活躍していた多保孝一さん。これまでにないキャッチーさが出ている感じが新鮮ですね。

ちなみに余談ですが、Drop’sの曲で個人的に「え?」という曲があって、それがミニアルバム「trumpet」収録の「ムーン・ライト」。この曲、若干ヨレヨレでカスカスの口笛ソロが長めに入っているんです。それも間奏とアウトロの2か所。なぜそのパートをわざわざ入れたの?という謎な曲でもあるので興味ある方はぜひ聴いてみてはどうでしょうか?いやホントに謎。

今週のサブスクでのチャートまとめ

今週チャートインした楽曲のプレイリストをこちらにまとめております。日本国内で聴ける曲は、日本国内では聴けないが、国外で聴くことが出来る場合は、まだ楽曲がストリーミングで配信されていない曲はをつけております。ぜひフォローお願いします。

先週までにチャートインしている曲ではフレデリックの「Vision」が9月25日に先行での配信が始まっています。あと補足ですが、どうもあいみょんの楽曲がSpotifyでは国内で聴けても海外で聴けなかったり、その逆があったりすることが判明したため、国内外2パターン入れております。そのほかでは14位の阿部真央、52位のUNICORN、98位sumika、99位GLAYは日本国内だけで聴くことが出来ます。この辺り日本以外では聴ける米津玄師やRADWIMPSとは対照的ですね。

RANK
TitleArtist
On Chart
1
イエスタデイOfficial髭男dism
2週
2
空の青さを知る人よあいみょん
3週
3
馬と鹿米津玄師
6週
4
CirclesPost Malone
3週
5
ありがとさんスピッツ
3週
6
LiarCamila Cabello
2週
7
ヤングアダルトマカロニえんぴつ
9週
8
ChallengerPerfume
NEW ENTRY
9
SimmerMahalia feat.Burna Boy
4週
10
lovin’Mrs. GREEN APPLE
5週
11
君の隣にいたいからSHISHAMO
8週
12
ICBU向井太一
3週
13
usmilet
7週
14
Father Of All…Green Day
2週
15
You Need To Calm DownTaylor Swift
15週
16
リブートmiwa
7週
17
Don’t Call Me Angel (Charlie’s Angels)Ariana Grande,Miley Cyrus,Lana Del Rey
NEW ENTRY
18
敵がいない国KREVA
3週
19
スタンド・バイ・ミーSaucy Dog
3週
20
ハイブリッド レインボウ(30th version)the pillows
5週
21
バッドパラドックスBLUE ENCOUNT
8週
22
宿命Official髭男dism
14週
23
モスサカナクション
14週
24
どうしますか、あなたなら阿部真央
6週
25
AuroraBUMP OF CHICKEN
28週
26
愛にできることはまだあるかいRADWIMPS
10週
27
SenoritaShawn Mendes, Camila Cabello
14週
28
兵、走るB’z
18週
29
忘れられないのサカナクション
18週
30
PretenderOfficial髭男dism
24週
31
Don’t you think(feat.ロザリーナ)THE ORAL CIGARETTES
2週
32
飛行艇King Gnu
9週
33
ICE CREAM SUNDAEInhaler
2週
34
新世界BUMP OF CHICKEN
11週
35
FuzzySCANDAL
3週
36
愛はスローにちょっとずつサザンオールスターズ
8週
37
LoverTaylor Swift
5週
38
OKAY OKAYAlessia Cara
4週
39
Lost GameNulbarich
3週
40
ECHOLittle Glee Monster
4週
41
Dance MonkeyTones and I
2週
42
リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)東京スカパラダイスオーケストラ
9週
43
The End of the GameWeezer
NEW ENTRY
44
優しいあの子スピッツ
18週
45
VISIONフレデリック
3週
46
愛を叫んでみたKarin.
8週
47
Sweet Dreams feat.藤原さくらSANABAGUN.
2週
48
One feat.JQ from NulbarichKREVA
8週
49
はじめましての気持ちをDAOKO
3週
50
まちがいさがし菅田将暉
22週
51
MemoriesMaroon 5
NEW ENTRY
52
チラーRhythmUNICORN
2週
53
真夏の夜の匂いがするあいみょん
11週
54
朝顔折坂悠太
5週
55
グランドエスケープfeat.三浦透子RADWIMPS
8週
56
パプリカFoorin
15週
57
ぼくら花束みたいに寄り添ってカネコアヤノ
NEW ENTRY
58
SUMMER ENDiri
3週
59
雨とカプチーノヨルシカ
4週
60
Dear Future Self(Hands Up)Fall Out Boy feat.Wyclef Jean
NEW ENTRY
61
CauliflowerJak Lizard
8週
62
Ca Va?ビッケブランカ
19週
63
Younger feat. HRVYJonas Blue
NEW ENTRY
64
光の方へカネコアヤノ
5週
65
月色ホライズン(chill out ver.)[ALEXANDROS]
8週
66
Teeth5 Seconds Of Summer
4週
67
僕らの出会った場所Salyu
2週
68
Paper RingsTaylor Swift
4週
69
幻影列車SIX LOUNGE
2週
70
新世界OKAMOTO’S
NEW ENTRY
71
DREAMERSGENERATIONS from EXILE TRIBE
4週
72
Summer GirlHAIM
7週
73
Savage向井太一
7週
74
HAPPY ISLAND~Pacific Ocean45 version~渡辺俊美 & THE ZOOT16
NEW ENTRY
75
BoyfriendAriana Grande & Social House
7週
76
Montage04 Limited Sazabys
8週
77
でんでんUNICORN
4週
78
Continue木村カエラ
8週
79
Puzzle04 Limited Sazabys
6週
80
I Don’t CareEd Sheeran & Justin Bieber
20週
81
小さな夜斉藤和義
NEW ENTRY
82
SatisfactionAttractions
NEW ENTRY
83
VARIETYTENDRE
2週
84
Small TalkKaty Perry
6週
85
まんげつの夜ナオト・インティライミ
6週
86
Beautiful Journey平井大
11週
87
Wasted NightsONE OK ROCK
34週
88
毎日がラブソングDrop’s
NEW ENTRY
89
Breathe Again清水翔太
6週
90
Pop Virus星野源
42週
91
VSポルノグラフィティ
11週
92
LEMON米津玄師
84週
93
Beautiful PeopleEd Sheeran feat.Khalid
13週
94
I Warned MyselfCharlie Puth
4週
95
イエスズーカラデル
12週
96
ナナナナナイロPerfume
14週
97
夏のどこかへWANIMA
14週
98
イコールsumika
18週
99
JUST FINEGLAY
13週
100
夏が続くから9mm Parabellum Bullet
3週

今週のサヨナラHOT100

今週、OSAKAN HOT 100のチャートから姿を消したのは12曲でした。

entrydate
TitleArtist
On Chart
2019/09/01
PeopleThe 1975
4週
2019/08/25
MOIL須田景凪
5週
2019/07/21
GreenGreenゆず
10週
2019/07/28
インフェルノMrs. GREEN APPLE
9週
2019/08/18
マジックアワーSTUTS,BIM,RYO-Z
6週
2019/08/18
南国電影 (feat. 横山剣)VIDEOTAPEMUSIC
6週
2019/08/25
Summer daychelmico
5週
2019/09/01
Tiny LoveMIKA
4週
2019/07/14
Hypersonic MissilesSam Fender
11週
2019/08/04
LOSTEnd of the World feat.Clean Bandit
8週
2019/06/30
HAPPY HAPPYTWICE
13週
2019/07/07
ハローフィクサー10-FEET
12週

MIKAは来週アルバムがリリースされるんですが、1曲もチャートインしていない状況に。果たして次に入ってくるのは?

Perfumeとマルーン5、アリアナに1位の目が見えてきたかも?

さて次週ですがやっぱり不気味なのはPerfumeになりそうですね。普通はアルバムがリリースされて1週間たつのでオンエアは減るはずなんだけど、来週に来阪プロモを仕掛けてくるということもあり、依然としてオンエアは高値で推移しています。これでアルバムのポイントも重なれば…。

更にデジタルセールスとオンエアを伸ばしているのが今週初登場で入ってきた「Don’t Call Me Angel」とマルーン5「Memories」の2曲。この2つはもうTOP10どころかその上まできてもおかしくない感じがします。あわよくば1位も狙えるでしょう。この3曲の動きには要注意しておいてね。