[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/04/28付展望。平成ラストチャート。あいみょんの独走は続くのか?そして洋楽勢に勢い?形勢は変わる?

スポンサーリンク

どうもです。2019/04/28付FM802・OSAKAN HOT 100チャートの展望です。V2のあいみょん、新曲をリリースしたBeck、Aviciiのオンエア数はどうだったのか。これを見ると分かります。ぜひご覧ください。

さて大型連休の話題があちこちで出てきていますね。FM802でも連休中のオンエア予定が一部発表されています。5月3日金曜…もう”令和”になるわけですが、この日は12時から16時まで「FUNKY MARKET SPECIAL」が放送されます。毎年恒例のファンマ会場からの生放送ということで、ファンマは1回だけ行ったことがありますね。あの時は土井コマキさんが自分のおススメのCDを周りがドン引きするくらいに紹介してたり、マーキーさんのゲーム企画が失敗してじゃんけん大会に切り替わったりとまあいろいろありました。

毎年恒例のフリーマーケット!G.W.は万博へGO!「FM802 FUNKY MARKET」

それから同じ日の19時からの2時間は絢香をDJに迎えたJ-WAVE制作の番組「JFL SPECIAL NIHON SAFETY AYAKA MUSIC TRIP」を放送するとのことです。

絢香と共に2時間の音楽旅

スペシャルの紹介をしたところでギフトカード2000円分とアーティストグッズが欲しいあなたへ、今回のオンエアの傾向を見ていきましょう。もうこれを見たら今週の1位がすぐ分かっちゃうから。

あいみょんの大量オンエアが続いているが…何やら異変が?

オンエア上位

4/15から4/21までのオンエア数

Title
今週
先週
メロンソーダ / RADIO DARLINGS
51回
53回
Someone You Loved / Lewis Capaldi
41回
41回
HURRICANE / REN
41回
38回
ハルノヒ / あいみょん
28回
20回
Pretender / Official髭男dism
19回
22回
Saw Lightning / Beck
16回
0回
SOS FEAT.ALOE BLACC / Avicii
14回
9回
bad guy / Billie Eilish
12回
7回
Wasted Nights / ONE OK ROCK
10回
8回
OH! / SHISHAMO
10回
2回
ロマンチシズム / Mrs. GREEN APPLE
9回
10回
Aurora / BUMP OF CHICKEN
9回
9回
10時の方角 / sumika
8回
9回
パラノーマルワンダーワールド / go!go!vanillas
8回
5回
BOY WITH LUV FEAT.HALSEY / BTS(防弾少年団)
8回
1回
I don’t know / THE YELLOW MONKEY
7回
6回
Cakes / Homecomings
7回
6回
Eve Of Destruction / The Chemical Brothers
7回
2回
Prime Numbers / 家入レオ
7回
2回
Dororo / ASIAN KUNG-FU GENERATION
7回
0回

はい、リリース週で映画公開週でもあったあいみょんが断トツでした。以上。今回がピークでしょう。

と、まだここでは終わらない。問題はその下。Official髭男dismも相変わらずオンエアを稼ぐ中で、その次に洋楽勢がポンポンポンと顔を出しているじゃないですか。

まずは76週前、洋楽としては最後の1位となっているBECKの新曲が日本時間では火曜日に解禁となっており、6日間で16回ものオンエアを記録しています。アルバム「Hyperspace」からのシングルとなる曲ですが、まだリリース日程は明らかになってないんですよね。どこまでオンエアが持つかでしょう。あとはデジタルが伸びることを期待。

逆にデジタルセールスが期待できそうなのが、Aviciiの「SOS」、こちらはいきなり洋楽2位につけています。4/20に亡くなって1年ということもあり、オンエア数も14回と伸びています。合わせ技でポイントをかなり上げてくる見込みで、TOP10入りの可能性十分と言えるでしょう。

更にBillie Eilish「bad guy」もじわじわとオンエアを伸ばし今回は12回まで上げてきました。アルバムが相変わらず好調なところでこの数字。これもTOP10入りあるでしょうか?

上位陣のオンエアは?

では上位陣のオンエアです。「ハルノヒ」、「Pretender」、「メロンソーダ」は上記の通り、2位のback number「HAPPY BIRTHDAY」は3回まで減っています。完全に息切れですね。4位BUMP OF CHICKEN「Aurora」は9回、5位sumika「10時の方角」は8回、6位Mrs. GREEN APPLE「ロマンチシズム」が9回、7位aiko「愛した日」は3回、9位King Gnu「白日」は5回、10位秦基博「仰げば青空」が2回、ということでaiko、King Gnu、秦基博の3曲がTOP10ピンチと言った感じですね。

なお、今週反映されるデジタルセールス上位曲は以下のようになっています。

今週のデジタルセールス上位曲

デジタルセールス・総合(4/10~4/16)

RANK
Title
Artist
1位
Lemon
米津玄師
2位
BLUE SAPPHIRE
HIROOMI TOSAKA
3位
ハルノヒ
あいみょん
4位
HAPPY BIRTHDAY
back number
6位
アイデンティティ
いきものがかり
8位
Prime Numbers
家入レオ
11位
Wasted Nights
ONE OK ROCK
13位
Aurora
BUMP OF CHICKEN
16位
白日
King Gnu
17位
THE GIFT
平井大
18位
Flamingo
米津玄師
20位
BOY WITH LUV FEAT.HALSEY
BTS

デジタルセールス・洋楽(4/10~4/16)

RANK
Title
Artist
1位
BOY WITH LUV FEAT.HALSEY
BTS
2位
SOS FEAT.ALOE BLACC
Avicii
3位
SHAPE OF YOU
ED SHEERAN
6位
Bohemian Rhapsody
Queen
11位
Here With Me
MARSHMELLO FEAT.CHVRCHES
17位
Sucker
Jonas Brothers
18位
Shallow
Lady Gaga,Bradley Cooper

今週以降チャートインしそうな注目曲

ではここからは今週以降チャートインしそうな注目曲紹介です。

BTS – BOY WITH LUV FEAT.HALSEY

今週付の全米、全英チャートで1位になることが確定しているBTSのニューアルバム「MAP OF THE SOUL : PERSONA」収録曲でデジタルセールスも洋楽1位につけているこの曲から。ソロ作「Without Me」が大ヒットしているHalseyをフィーチャーした作品で、原題は「작은 것들을 위한 시」(“小さなものたちのための詩”という意味らしい)。

このアルバムにはエド・シーランが提供した「MAKE IT RIGHT」などヒップホップを軸にバラエティーに富んだサウンドとなっている中で、一貫して全曲歌詞が母国語(ハングル)なんですよね。普通海外進出となると英語詞にしたくなるところを最小限に抑えているところ。これがある意味海外で成功するためのモデルになるんでしょうね。

The Chemical Brothers – Eve Of Destruction

Eve of Destruction by ケミカル・ブラザーズケミカル・ブラザーズ

約4年ぶりとなるニューアルバム「No Geography」を4月12日にリリースしたThe Chemical Brothers。この曲はアルバムの1曲目に入っています。曲の途中で日本語のラップが入っていることにお気づきでしょうか。実はこれ、ゆるふわギャングのNENEが参加しているということです。こういう化学反応ってあるんですねえ。

Anderson .Paak – Make It Better(feat.Smokey Robinson)

Make It Better (feat. Smokey Robinson) by アンダーソン・パークアンダーソン・パーク

歌心あるヒップホップ、というよりネオソウルアーティストと言った方がいい、アンダーソンパークの新しいアルバム「Ventura」が早くもリリースされました。この曲は2曲目に入っているスモーキーロビンソンをフィーチャーした甘い曲ですね。アルバム全体を通してドライブにピッタリなゆるい曲が並んでいます。

Ellie Goulding – SIXTEEN

Sixteen by エリー・ゴールディングエリー・ゴールディング

4月12日にリリースされたエリー・ゴールディングの新曲。「16歳の頃」を懐かしんでいる曲ですが、なんだかんだ曲の中で二人はうまく行ってるみたいですね。曲はよくあるEDM調のサウンドになっています。

Mark Ronson – LATE NIGHT FEELINGS FEAT. LYKKE LI

Late Night Feelings (feat. Lykke Li) by マーク・ロンソンマーク・ロンソン

ラストは6月にアルバム「Late Night Feelings」をリリースするマーク・ロンソンからタイトル曲がリリースされています。Lykke Liをフィーチャーしたトロピカルな要素もあるディスコポップ。Lykke Liの歌声が美しい。

まとめ

平成最後のチャートなので、洋楽を1位にしたいんですが、どうせあいみょん「ハルノヒ」で決まりなんでしょう。あんだけオンエアする必要あるんでしょうかね?