[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/09/22付チャート振り返り。私たちが見たいのは純粋で真っ当な100曲のカウントダウンです。出来レースなど見たくもありません。

スポンサーリンク

FM802「OSAKAN HOT 100」2019/09/22付のチャートを振り返ります。ポスト・マローンが、カミラ・カベロが、グリーンデイが急上昇。混戦のTOP10を制するのは?これを見れば一目瞭然。ぜひ確認ください。

どうもです。今週も配信リリースされた新曲、アルバムを一挙に紹介しています。今週はMaroon 5の「カノン」をネタに用いた1年4か月ぶりの新曲「Memories」を始め、リアムギャラガーのOASIS節炸裂のオリジナルアルバム「Why ME? Why Not.」など盛りだくさんとなっていますのでぜひこちらもご覧ください。

2019年9月14日から20日までのサブスクリプションサービスでの配信が始まった楽曲のまとめ。リアム・ギャラガーのフルアルバム、Perfumeのベストアルバム、映画「Hello World」のサントラなど話題作が配信されています。

ということでTOP10サラッと行きましょうか。

OSAKAN HOT 100、今週のチャート

ABEMAプレミアムABEMAプレミアムU-NEXTU-NEXT
  1. LW:015720pt6850pt
    馬と鹿 by 米津玄師
    米津玄師
  2. LW:043800pt6340pt
    空の青さを知る人よ by あいみょん
    あいみょん
  3. LW:-圏外4450pt
    イエスタデイ by Official髭男dism
    Official髭男dism
  4. LW:20圏外4240pt
    Circles by Post Malone
    Post Malone
  5. LW:063450pt4120ptありがとさんスピッツ
  6. LW:035050pt4070pt
    You Need To Calm Down by Taylor Swift
    Taylor Swift
  7. LW:073430pt3680pt
    lovin’ by Mrs. GREEN APPLE
    Mrs. GREEN APPLE
  8. LW:14圏外3380pt
    us by milet
    milet
  9. LW:025650pt3290pt
    宿命 by Official髭男dism
    Official髭男dism
  10. LW:19圏外3250pt
    ヤングアダルト by マカロニえんぴつ
    マカロニえんぴつ

ドーピングなしでV2の米っちゃん、カッコいいぞ。というかこのブログのコンセプトでもある推進に逆行してるのに、なぜか応援してる自分がいる。それもこれも露骨なインチキをやってる下2組のせいなんですけどね。

今週のTOP10入りは?

引き続き全体的にポイントが低調ということもあり、今週も4曲がTOP10入りです。

まず3位から紹介しないといけないですかね。紹介したくもないんですけどね。今回限りですよ。二度とこの曲の話題には触れないですからね。Official髭男Dismの10月9日にリリースされるアルバム「Traveler」からのリード曲「イエスタデイ」。この曲は映画「HELLO WORLD」の主題歌として起用されていますが、同じく主題歌であるNulbarichやこのアルバム制作のハブ役となったOKAMOTO’Sの曲になどほとんど目もむけず、各々DJがせっせと集中オンエアするという暴挙に出た結果、初登場でこの位置となっています。ちなみに初登場TOP10入りは「Pretender」に次ぎ2曲目。初登場3位というのはOSAKAN HOT 100史上では星野源「アイデア」と並んでの最高記録になります。もっとも、「アイデア」のポイントは5800ポイントでしたけどね。しかもデジタルセールス込みでの3位。意味不明な大量オンエアだけで3位になったわけではないんだよね(というかこの曲のオンエア数も意味不明過ぎたけど)。

ちなみに、先週11日よりこの曲の先行配信が始まっており、レコチョクのダウンロードのセールスポイントが入るのが9月29日付からとなりますね。しかも本日は「MUSIC FREAKS」担当のラスト、来週は「MUSIC FREAKS」のあいみょんのラスト、必然的にオンエアが増える。しかもどちらも先行配信のダウンロードのポイントが加算。これだけ見てもあまりに出来過ぎているタイミングですよね。まるでワンツーフィニッシュさせるためにグルになってスケジュール決めたんじゃないのか?と疑う余地のない、「ノーダウト」な出来レースを見せつけられる気がして大いに不愉快ですね。曲も売れ線狙いの最悪な出来栄えで、今年のクソ曲候補に入れようと思っています。

Official髭男dism - イエスタデイ[Official Video]

4位にはポスト・マローンのニューアルバム「Hollywood’s Bleeding」からの「Circles」がオンエアを稼いで2週目でこの位置に。初のTOP10入りです。今作はオジーオズボーンをフィーチャーした曲などトラップやヒップホップと多ジャンルをクロスオーバーさせた歌物のアルバムと言うことで、ある意味進化した、これが完成型じゃないかと思わせる仕上がりとなっていますね。「BEAT EXPO」を中心にオンエアを稼いでおり、まだまだポイントを伸ばしてくるのではないでしょうか。というか、「BEAT EXPO」おわっちゃうんですよねえ。

Post Malone - Circles

そして8位、うわぁ…。入っちゃったよ。私、この曲、大っ嫌い。というmiletの3枚目のEP「us」がデジタルセールスを稼ぎ6週目でこの位置。なんでもやデジタルがかなり好調らしいのですが、ドラマの影響とかなんとか。ドラマを見ていない人からしたら単に気持ち悪いだけの曲ですけどね。持ち味のダークさが見られず、中途半端にポップになってるというのが最悪ですね。これも今年のクソ曲候補に入れようと思っています。

milet「us」MUSIC VIDEO

10位は今月のとなっているマカロニえんぴつ、EP「SEASON」からの1曲「ヤングアダルト」。先々週末にOTODAMAに出演していてそのライブ音源効果もあったようですね。10月にはMINAMI WHEELにも出演が決まっています。今年はBIGCATでトリを務めるようですね。なお、今月のヘビーローテーションが予想通りでこの流れで「MUSIC FREAKS」のDJになるんじゃないのと予想していた方、残念でした。Saucy Dogの石原慎也とビッケブランカでしたね。

マカロニえんぴつ「ヤングアダルト」MV

今週の11位以下は&初登場曲

12位に初登場なのが今後のTOP5候補と言ってもいい、カミラ・カベロの「Liar」。9月4日に「あ、もう戻れない」でおなじみの「Shameless」とともにリリースされた新曲(このネタが流行らない上に曲がかかりません)。アルバム「Romance」からの先行トラックとなっています。ちなみに、この曲の作者にソウルミュージックのトップスター、ライオネル・リッチーの名前がクレジットされていたことに皆さんお気づきでしょうか?実はこの曲の出だしのフレーズ、リッチーの大ヒット曲「All night long」の「Fiesta,Forever」の部分をそっくり使っているんですねえ。まさに温故知新と言った感じでしょう。

このほか、TOP20入りとなったのが、今月のである、マヘリア。今年のサマーソニックにも出演していました。9月3日にリリースされたアルバム「Love And Compromise」からの1曲。10月からはこういったアーティストを重宝する番組がどんどん減っていきそうな懸念がありますね。

逆にラジ友が好きそうなのが20位にジャンプアップしてきたBLUE ENCOUNTじゃないですかねえ。先日のリリース日のフリーライブが雷雨で中止となったのは残念でしたが、その後で会場のファンとROCK KIDS 802のために2曲ほど演奏したようで。こういうバンドをもっと802は大事にしないといけないですよって大事にしているか。うん。

京セラドーム大阪でのライブがあったBUMP OF CHICKENは「Aurora」が24位、「新世界」が26位と大きく上げてきましたね。

以降は初登場の曲を中心に。まず28位はグリーンデイの来年2020年の2月にリリースされるアルバム「Father Of All…」からのタイトルトラック。このアルバムを引っ提げて3月には8年ぶりとなる来日公演が行われます。大阪は3月25日にレディクレでおなじみ、インテックス大阪です。

33位は先週末にイベント「parasite dejavu」を泉大津フェニックスで開催したTHE ORAL CIGARETTESの9月6日配信リリースとなった新曲。女性シンガーソングライターのロザリーナをフィーチャリングアーティストに迎えた何とも神秘的なバラードとなっています。

48位にはストリートヒップホップにジャズなどさまざまな要素を取り入れた楽曲で話題のSANABAGUNと書いてサナバガン。現在のSuchmosの一部にも以前はSANABAGUNにいたというメンバーもいるくらい、現在の音楽シーンに影響を与え続けていると言っても過言じゃないでしょう。10月リリースのアルバム「Ballads」からの先行トラックが入ってきました。

60位はアイルランド出身のオルタナティブロックバンド・インヘイラーのメジャーデビューシングル。なぜ海外アーティストのメジャーデビュー曲がここまでオンエアされたのか。それはボーカルのイーライ・フューソン。彼が世界的ロックバンド・U2のフロントマン・BONOことポール・デイヴィッド・フューソンの息子であるからに他ならないでしょう。日本だと尾崎豊さんの息子・尾崎裕哉もそうだし、本国だとTHE 1975のマシューもそういわれるらしいですね。だれだれの息子さんと言われることが避けられない。これが2世の「宿命」ってやつでしょうか。

64位はユニコーン。10月リリースのアルバム「UC100W」からの先行配信トラック。実はOSAKAN HOT 100の記念すべき第1回目の1位はユニコーン「大迷惑」だったんですよ。あの頃のチャートは面白かったんでしょうねえ。

66位は来ました。オーストラリア出身、ヨーロッパでバズっている女性シンガーソングライター、TONES AND I。EP「THE KIDS ARE COMING」が先月リリースされていますが、じわじわとオンエアを伸ばして入ってきました。チャートはこうでないと面白くないですって。このハスキーで濁点が入ったような声質。へごちんを彷彿とさせますね。

78位は「MUSIC FREAKS」のDJでもありました、Salyu。こちらにも書いていましたが映画「いなくなれ、群青」の主題歌として、9月6日に配信リリースとなっています。もちろん楽曲のプロデュースは盟友・小林武史氏ですね。

2019年8月31日から9月6日までに配信でリリースされたアルバム・楽曲のまとめです。カミラ・カベロが新曲「Shameless」と「Liar」を同時リリース。そのほかMahalia、Post Maloneのアルバム、「オッケーオッケー」が話題のアレッシア・カーラのEPなどがリリースされました。

93位には大分出身のバンド・SIX LOUNGEの9月11日にリリースされたシングル。同郷の深町絵里DJが推していることでも有名ですね。全国的にはこっちをにしているFM局が割と多いですね。ROCK KIDS 802の月曜企画・New Discoveryアーティストにも選ばれています。

98位はTENDREの10月2日リリースのEP「IN SIGHT」からのリード曲が入ってきました。リリース前と言うことで初登場の曲ではこの曲だけが未配信となっています。

今週のサブスクでのチャートまとめ

今週チャートインした楽曲のプレイリストをこちらにまとめております。日本国内で聴ける曲は、日本国内では聴けないが、国外で聴くことが出来る場合は、まだ楽曲がストリーミングで配信されていない曲はをつけております。ぜひフォローお願いします。

1位の曲が非だと見栄えが悪いですね。

さて先週までにリリースされた曲では、18日にアルバムがリリースされたKREVA、その前日である17日に先行配信が始まったNulbarichに加え、Perfumeがベストアルバムリリースでメジャーデビュー後の全楽曲の配信を解禁した、という3曲が配信スタートとなりました。

RANK
TitleArtist
On Chart
1
馬と鹿米津玄師
5週
2
空の青さを知る人よあいみょん
2週
3
イエスタデイOfficial髭男dism
NEW ENTRY
4
CirclesPost Malone
2週
5
ありがとさんスピッツ
2週
6
You Need To Calm DownTaylor Swift
14週
7
lovin’Mrs. GREEN APPLE
4週
8
usmilet
6週
9
宿命Official髭男dism
13週
10
ヤングアダルトマカロニえんぴつ
8週
11
リブートmiwa
6週
12
LiarCamila Cabello
NEW ENTRY
13
モスサカナクション
13週
14
どうしますか、あなたなら阿部真央
5週
15
SimmerMahalia feat.Burna Boy
3週
16
君の隣にいたいからSHISHAMO
7週
17
飛行艇King Gnu
8週
18
忘れられないのサカナクション
17週
19
SenoritaShawn Mendes, Camila Cabello
13週
20
バッドパラドックスBLUE ENCOUNT
7週
21
愛にできることはまだあるかいRADWIMPS
9週
22
LoverTaylor Swift
4週
23
愛はスローにちょっとずつサザンオールスターズ
7週
24
AuroraBUMP OF CHICKEN
27週
25
OKAY OKAYAlessia Cara
3週
26
新世界BUMP OF CHICKEN
10週
27
ICBU向井太一
2週
28
Father Of All…Green Day
NEW ENTRY
29
リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)東京スカパラダイスオーケストラ
8週
30
愛を叫んでみたKarin.
7週
31
雨とカプチーノヨルシカ
3週
32
CauliflowerJak Lizard
7週
33
Don’t you think(feat.ロザリーナ)THE ORAL CIGARETTES
NEW ENTRY
34
真夏の夜の匂いがするあいみょん
10週
35
ハイブリッド レインボウ(30th version)the pillows
4週
36
スタンド・バイ・ミーSaucy Dog
2週
37
VISIONフレデリック
2週
38
敵がいない国KREVA
2週
39
優しいあの子スピッツ
17週
40
グランドエスケープfeat.三浦透子RADWIMPS
7週
41
はじめましての気持ちをDAOKO
2週
42
FuzzySCANDAL
2週
43
Teeth5 Seconds Of Summer
3週
44
Summer GirlHAIM
6週
45
BoyfriendAriana Grande & Social House
6週
46
月色ホライズン(chill out ver.)[ALEXANDROS]
7週
47
I Don’t CareEd Sheeran & Justin Bieber
19週
48
Sweet Dreams feat.藤原さくらSANABAGUN.
NEW ENTRY
49
Paper RingsTaylor Swift
3週
50
ECHOLittle Glee Monster
3週
51
PretenderOfficial髭男dism
23週
52
DREAMERSGENERATIONS from EXILE TRIBE
3週
53
まちがいさがし菅田将暉
21週
54
でんでんUNICORN
3週
55
Montage04 Limited Sazabys
7週
56
Puzzle04 Limited Sazabys
5週
57
Lost GameNulbarich
2週
58
パプリカFoorin
14週
59
One feat.JQ from NulbarichKREVA
7週
60
ICE CREAM SUNDAEInhaler
NEW ENTRY
61
SUMMER ENDiri
2週
62
兵、走るB’z
17週
63
Breathe Again清水翔太
5週
64
チラーRhythmUNICORN
NEW ENTRY
65
まんげつの夜ナオト・インティライミ
5週
66
Dance MonkeyTones and I
NEW ENTRY
67
Small TalkKaty Perry
5週
68
VSポルノグラフィティ
10週
69
朝顔折坂悠太
4週
70
夏が続くから9mm Parabellum Bullet
2週
71
Beautiful Journey平井大
10週
72
Pop Virus星野源
41週
73
Continue木村カエラ
7週
74
I Warned MyselfCharlie Puth
3週
75
ナナナナナイロPerfume
13週
76
PeopleThe 1975
4週
77
夏のどこかへWANIMA
13週
78
僕らの出会った場所Salyu
NEW ENTRY
79
MOIL須田景凪
5週
80
イコールsumika
17週
81
GreenGreenゆず
10週
82
インフェルノMrs. GREEN APPLE
9週
83
マジックアワーSTUTS,BIM,RYO-Z
6週
84
南国電影 (feat. 横山剣)VIDEOTAPEMUSIC
6週
85
Summer daychelmico
5週
86
Tiny LoveMIKA
4週
87
Wasted NightsONE OK ROCK
33週
88
JUST FINEGLAY
12週
89
Hypersonic MissilesSam Fender
11週
90
LEMON米津玄師
83週
91
LOSTEnd of the World feat.Clean Bandit
8週
92
光の方へカネコアヤノ
4週
93
幻影列車SIX LOUNGE
NEW ENTRY
94
HAPPY HAPPYTWICE
13週
95
Ca Va?ビッケブランカ
18週
96
Savage向井太一
6週
97
ハローフィクサー10-FEET
12週
98
VARIETYTENDRE
NEW ENTRY
99
Beautiful PeopleEd Sheeran feat.Khalid
12週
100
イエスズーカラデル
11週

今週のサヨナラHOT100

今週、OSAKAN HOT 100のチャートから姿を消したのは11曲でした。

entrydate
TitleArtist
On Chart
2019/09/08
タイムリミットMACO
2週
2019/08/18
All Day LongChance The Rapper feat.John Legend
5週
2019/09/01
MUKANJYOSurvive Said The Prophet
3週
2019/09/01
3 NightsDominic Fike
3週
2019/07/14
BLOW with Chris Stapleton & Bruno MarsEd Sheeran
10週
2019/08/04
ゴールデンタイムフジファブリック
7週
2019/08/18
SCARLET feat. Afrojack三代目JSOULBROTHERSfromEXILETRIBE
5週
2019/04/21
Old Town Road(Remix)Lil Nas X feat. Billy Ray Cyrus
22週
2019/07/07
キスだけで菅田将暉 feat.あいみょん
11週
2019/07/28
愛のままに feat.唾奇BASI
8週
2019/06/16
Travelingsumika
14週

年間入りが見込めそうなところでは「Old Town Road」がチャートアウトしてしまいましたね…。全米で19週連続1位を記録し、802でもじわじわと地味に20位まで上がり続けたのになあ。ちなみに現在全米No.1なのはLizzoの「Truth Hurts」なんですが、チャートインする気配があまりしないですね…。

茶番の2曲は完全無視!

さて次週ですがいきなり12位につけてきたCamila Cabello「Liar」、そして2週目でTOP10入りのPost Malone「Circles」が依然勢いが続いており、この2曲の動向は要注目となります。またMaroon 5「Memories」は現時点で非アルバム曲と言うことになりますが、再来週以降加算されるデジタルセールスは伸ばしそうなので、来週50位くらいに入ってきて、2週目での飛躍に期待しましょう。

あとはPerfumeのベストアルバムのポイントも来週から入りますね。アルバムのリリースとともに新曲の「Challenger」がかなりかかっているようですが、早速来週どれくらいまで上げてくるでしょうかね?10月に入ってからは来阪プロモも連発とのことで上位争いのカギを握る曲であることに間違いはないでしょう。

それと、FM802のライブサーキット、MINAMI WHEEL出演のアーティストや、「MUSIC FREAKS」のDJに選ばれたSaucy Dog、ビッケブランカのオンエア数が増えてきそうな感じなのでこの辺りのアクションにも注目ですよ。