[FM802]OSAKAN HOT 100 ~もはやチャートの常連。Perfumeのチャート成績を振り返る。

OSAKAN HOT 100

小説

スポンサーリンク

どうもです。今回も1アーティストをピックアップして、そのアーティストがこれまでOSAKAN HOT 100にどのようにチャートインしたかを見ることで、当時を懐かしんだり、ブレイクのきっかけを知ったり、はたまた今後のチャートの傾向にも役立てようという企画です。今回は8/15にアルバム「Future Pop」がリリースされるPerfumeを取り上げます。

広島のアクターズスクール出身のメンバーで構成されたPerfume。誰も知らないと思いますが、実は当時はローカルアイドルとして活動していたんですね。今でいう、Negiccoみたいなものでしょうか。

そんな中、2003年に上京し、2005年にシングル「リニアモーターガール」でメジャーデビュー。CAPSULEのクリエイターとして活動する中田ヤスタカが楽曲制作(作詞、作曲、アレンジ等)とプロデュースに全面的に関わり、今でいうテクノポップ路線へと踏み出したわけです。

そして2007年9月にリリースした「ポリリズム」が世間一般に知れ渡るようになり、以降の活躍はもう分かりますよね。近年ではテクノから更に幅を広げてEDM、もっと言うとフューチャーベースといった世界基準のサウンドにアプローチしているのが特徴です。

またライブを重視しているグループとしても知られており、俗にいうアイドルが夏フェスでパフォーマンスする走りになった、とも言われていますね(ホントか?)。そのため、アイドルなんだかアーティストなんだか線引きが微妙なところでもあります。

スポンサーリンク

チャートイン楽曲一覧

チャートイン楽曲一覧

Perfumeのチャートイン楽曲は26曲。うち半数の13曲がTOP10入り。1位獲得楽曲は5曲となっています。

一番最初にチャートインした楽曲はもちろん「ポリリズム」、なんですがチャートインした日付に注目すると、これ、2008年の4月になっています。2007年9月に出した曲がなぜ次のシングル「Baby cruising Love/マカロニ」がリリースされた後に入ってきたのか?これは多分にアイドルNGの802にとっては「アイドルなのに、サウンドとパフォーマンスはアーティスト」という微妙な立ち位置で、「かけるかかけないか」喧々諤々とした、と推測されますね(あくまで推測です)。それで2008年になって重い腰を上げたのではないでしょうか。

このようにPerfumeに関しては後発となってしまった802、後れを挽回すべく、REQUESTAGEでは積極的にキャスティングしまくります。現在女性アーティストでは出演回数が最多の5回(ちなみにもっとも多く出演しているのはASIAN KUNG-FU GENERATIONで10回!)となっています。それでも朝の番組DJだった重鎮、H・T氏が一貫してかけなかったりと、局内でも対応が割れていたりしました。ただ2013年にH・T氏が番組を卒業してからはそのようなこともなくなりましたね。この年からREQUESTAGEが「ROCK KIDS 802」のイベントから局全体のライブへと昇格するんですが、その背景にはこれがあったんじゃないかなと。802全体で盛り上げるイベントなのに、そのアーティストの曲を絶対かけないDJがいるのはおかしい、みたいな。だから待ってた、みたいな。

で、意外に最初に1位を獲った曲を知らない人が多いんではないでしょうか。多くの人が「FLASH」だろうと思うかもしれません。なんと「ワンルーム・ディスコ」なんですね。確かコブクロが連続1位だったときに1週だけアクシデント的に1位を奪っちゃったという、謎に満ちた推移でした。でそれ以降はTOP10止まりというのが多かったですが、2013年に「1MM」が2週連続1位、2016年には「FLASH」が8週連続1位、さらに「TOKYO GIRL」「IF YOU WANNA」と2週連続1位が続きました。

特徴としてはアルバムリリース時や配信リリース時になると特にオンエアが意味不明なくらい、急激に跳ね上がります。それこそ1週間のオンエア数が20回を超える、ヘビロに次ぐオンエア数になることがざらにあります。そのうえでアルバムのセールスやデジタルのセールスも入るため、高得点になる、ということが多いようです。

アルバムのリード曲はこのところ、「1MM」「FLASH」と1位を獲得しているため、今回のアルバム「Future Pop」のリードとなる「Let Me Know」も同じようになるのか。しかしデジタルセールスは伸びておらず、またこの週にはAriana Grande待望のアルバムのリリースもあり、話題がかき消されそうですね。しかも802的にはサマソニにも力を入れていますし、今回はさすがに厳しいのではないでしょうか。

チャートイン楽曲一覧

Apple MusicPerfume

Apple MusicPerfume

Apple MusicPerfume

Apple MusicPerfume

Apple MusicPerfume

Apple MusicPerfume