[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/02/24付チャート展望。これは1位を獲らせるための忖度が働いたのか?あいみょん VS ワンオク対決。

スポンサーリンク

どうもです。ではオンエアの傾向に参りましょうか。

あいみょん VS ワンオク、アルバム対決ですが…

さて、今週のチャートからあいみょんのアルバム「瞬間的シックスセンス」とONE OK ROCKのアルバム「Eye Of The Storm」のセールスポイントがそろって加算されます。その前にオンエアの傾向。の2曲ですが、先週20位に上がってきたルディメンタル「Walk Alone」のオンエア数は43回。対して先週28位のEve「僕らまだアンダーグラウンド」のオンエアは39回です。Eveもさすがに今週あたりでTOP20入りでしょうが、ルディメンタルが先に15位辺りまで上がって来そうな感じです。

さてあいみょんとワンオクの話題へと戻ります。先週13日にリリースされた両者ですが、セールス的にはワンオクがあいみょんを上回りました。どちらも高得点となりそうですが、とりわけワンオクは最高得点を記録しそうな状況です。さらに先週2位の「Wasted Nights」には総合7位のデジタルセールスも加算されます。

とまあここまで言えばワンオク有利という見方もできますが、肝心のオンエア数がどうなったか。まずはあいみょんは先週5位の「ら、のはなし」がオンエアを伸ばしてきて…15回。ちなみにこのアルバムからはMVが公開された「夢追いベンガル」が10回、あと「今夜このまま」と「あした世界が終わるとしても」がそれぞれ6回、「マリーゴールド」と「GOOD NIGHT BABY」が3回などと続いております。要するに若干オンエアでは票割れが起きているということですね。

変わってワンオク。オンエアはどうだったのかというと「Wasted Nights」のオンエア数が…26回。これ以外では断トツです。つまりオンエアポイントも最高得点をたたき出すことが確定でしょう。そのほかでは「Stand Out Fit In」が5回、「Change」が4回、「Push Back」が4回…などとアルバムが出てからは他の曲もオンエアされたものの、大勢に全く変化はなかった模様です。

というか、おかしくないか?このオンエア数の差…

そもそも、あいみょんの今作で最もかかっている楽曲が公式なMVが公開されておらず。おまけに映画の”挿入歌”に過ぎない「ら、のはなし」というのも非常に不可解な印象ですが、それに対抗するワンオクで一番かかっているのが、MVが公開されているとはいえ、まだ2か月先の映画の主題歌というのも不可解な感じがします。先週末から「In the Stars」が主題歌に使われた映画「フォルトゥナの瞳」が大ヒット上映中ですが、この曲、まだ802では1回しかかかっておりません。なぜなのでしょうか?

という明らかに不可解なオンエアの傾向から察するに、もうワンオクの「Wasted Nights」を1位にしようという魂胆が見え見え、バレバレですよね。ただでさえ、この3週間のオンエア数の推移が19回→26回→26回。星野源じゃあるまいし、ここまでオンエアされる必要性あるの?と言わざるを得ませんが、それもこれも1位を獲らせるための忖度が働いているということなのでしょうか。

ちなみにこのワンオクが802でこれまでに1位を獲得しているのが、前回のアルバムリード曲だった「We Are」。で、この曲が初の1位を獲得した2017年1月29日付のチャートでは、マニアには忘れられないある”事件”があったんですよ。それが”[ALEXANDROS] 「SNOW SOUND」3位から29位へ謎の急降下問題“。

オンエア数も非常に多く、1位を狙えそうだったこの曲が突然TOP3から26ランクも降下。で、この次の週にはTOP10に戻りその後5位まで上がるなど、なんで突然下がったの?という不可解な動きを見せたのが前回ワンオクが1位を獲った時の出来事でした。あの時はチャートの動きが不可解でしたが、今回はオンエアの傾向がかなり不自然。逆に言えばワンオクに1位を獲らせようとしているわけですから、1位予想する側としては気が楽ですよね。つべこべ言わずにワンオクにすればドコモダケに手が届くわけですからね。正解率100%を目指してワンオクと書けばいいのかもしれません。ある意味サービス問題という意味で。

上位陣のオンエアは?

さて上位陣のオンエアです。先週初の1位に到達したsumika「ホワイトマーチ」は今週もオンエア数17回と若干ペースが落ち着いたとはいえ、好調でした。ただ60ポイント差だったワンオクが爆上げを起こしそうな状況の中、伸び負けする可能性が高いです。ましてやデジタルセールスが降下しておりポイントの上積みは厳しいかもしれません。あいみょんとの2位争いかな?あ、でもsumikaのこの曲って「SNOW SOUND」と同じくスキーのCMソングでしたよね。突然29位まで下がる…なんてことはないよね、ないよね…。

先週TOP3入りしたNulbarich「Sweet and Sour」は11回とまだオンエアは安定しています。ポイントを大きく下げるということはなさそうですね。一方で先週6位だったアリアナ・グランデ「7 rings」はオンエア数が4回、対して「thank u, next」が9回とアルバムがリリースされてから立場が逆転しております。あいみょんは票割れ、アリアナは立場逆転、ワンオクは一極集中。ホントどういうつもりなんでしょうかね?

また先日紹介した1位を狙える洋楽曲2曲、Zedd & Katy Perry「365」(読み方はスリー・シックス・ファイブだそうです)は4日間でオンエア9回。さらにCARDI B & BRUNO MARS「PLEASE ME」は4日間でオンエア数12回を稼いでいるのですが、実はこの曲、最初の3日間では5回だったのが、月曜日1日だけで7回オンエアされています。10番組中、「802 Moringscape」「ROCK KIDS 802」「REDNIQS」以外の番組ですべてかかるという並みの急騰ぶりを演じていますね。洋楽曲は解禁直後の週末よりも週が明けてからの方がオンエアの伸びが異常に高くなるという傾向にあります。この2曲の今後の動きに要注目してください。

どうもです。今回は65週以上続く邦楽1位の連鎖に歯止めがかからない状況ということで、これを打破する洋楽曲を原則毎週取り上げていきます。第1弾...

今週以降チャートインしそうな注目曲

やたらとかかりまくる和製SIA

まずは最近”やたらと”シンクロ…じゃない、やたらとかかりまくるのがmilet(ミレイ)というシンガーソングライター。といっても桐谷でもなければ北原でもない。 イブサンローランの「YSL BEAUTY HOTEL」のイベントで期待のネクストブレイクアーティストとしてライブを行ったりするなど注目されているシンガーのようです。歌声は女声としてはかなりハスキーでかつ重い感じ。今年のフジロックにやってくるSIA、あのような印象をかなり受けます。3月4日に満を持してのリリースとなるEP「inside you EP」からのタイトルトラックはすでに先行配信でも人気となっており、レコチョクのデジタルセールスでは総合2位発進するなどおそらく今週のチャートでもTOP30くらいかな?結構な位置につけて来そうです。

というかこの曲も含め”やたらと”ドラマやら映画やらのタイアップが決まっており、なんだかなあと言った感じもしますけどね。「やたらとシンクロニシティ」が主題歌のあのドラマにも使われていますし。

Chara、スウィートなコラボ

2月13日にリリースされたCharaと韻シストのMC、BASIとのコラボ。2014年に「I DON'T KNOW」という曲でCharaと韻シストがコラボして以来5年ぶりのタッグとなりますね。Charaのウィスパーボイスが甘くとろける1曲となっています。

アブリル、意地を見せるか?

かつて年間チャートで2度頂点に立ったアブリルラヴィーン。ライム病との闘病を経て5年ぶりにリリースされるアルバム「Head Above Water」からラッパーのニッキー・ミナージュをフィーチャーしたポップナンバーが到着しました。ちなみにタイトルの意味は「おバカな金髪」。「おバカな金髪でも人形でもない。私はやるわよ。見てなさい」という歌詞、重い曲が続いていたのでやっとパブリックイメージのアブリルっぽい曲だなあという印象を受けました。ちなみに現時点でアブリルの曲、チャートインしておりません。チャートインさせてやるわよ。見てなさい。

アリシア・キーズ、サプライズな新曲

Raise a Man by Alicia KeysAlicia Keys

さて、今年のグラミー賞の司会者だったアリシア・キーズがショーの最中に発表した新曲がリリースとなっています。作家陣にElla Maiの「Boo'd Up」を手掛けたLarrance Levar Dopsonが参加するなどピアノを基調としつつもシンセの音を強調したR&Bチューン。「RAISE A MAN」とは子育てという意味もありますが、この場合は理想の旦那様にするという意味も込められているようで、ある意味アリシア・キーズ、という感じもしますね。

最後に、今週のオンエア上位20曲を載せておきますので、是非とも予想の参考に。

今週のオンエア上位20曲

Title
Artist
オンエア回数
Walk Alone(feat.Tom Walker)
Rudimental
43回
僕らまだアンダーグラウンド
Eve
39回
Wasted Nights
ONE OK ROCK
26回
ホワイトマーチ
sumika
17回
ら、のはなし
あいみょん
15回
白日
King Gnu
15回
ニガツノナミダ
クリープハイプ
12回
PLEASE ME
CARDI B & BRUNO MARS
12回
Sweet and Sour
Nulbarich
11回
inside you
milet
10回
夢追いベンガル
あいみょん
10回
thank u, next
Ariana Grande
9回
ブルーベリー・ナイツ
マカロニえんぴつ
9回
Sweet Night Fever
Chara × BASI
9回
365位
Zedd & Katy Perry
9回
Who Do You Love
The Chainsmokers & 5 Seconds of Summer
8回
Pop Virus
星野源
7回
This Is America
Childish Gambino
7回
フリーズドライplease
ましのみ
7回
HAPPY BIRTHDAY
back number
6回
Slumberland
King Gnu
6回
No.999
go!go!vanillas
6回
今夜このまま
あいみょん
6回
あした世界が終わるとしても
あいみょん
6回
WHAT IS LOVE?
TWICE
6回
美しく燃える森
VIVA LA J-ROCK ANTHEMS FEAT.TERU(GLAY)
6回
RAISE A MAN
ALICIA KEYS
6回