[FM802]OSAKAN HOT 100 ~ワンオクの独走はいつまで続く?そしてあの二人がTOP5へ!2019/03/03付チャート振り返り!

スポンサーリンク

どうもです。3月になったということで、最近自分以外の人間がチャート予想のブログをしているのを発見しました。

やわかさんさんのブログです。最近の記事は「3月3日」です。

なんでも2012年からデータの記録を始めているというつわものらしく、チャート分析も毎週行っている。過去のチャートイン楽曲の紹介も行うなどブログの開設した2018年10月以降、当ブログを脅かす存在となっている。

あとはツイッターで毎回データをアップしていたりするリスナーも少数ながらいるなど、ごくわずかなチャートマニアがこうしてデータを分析をしています。ぜひともこうしたブログを参考にして予想屋サンデーに応募してみるのも手だと思いますよ。

では今週のチャート結果です。

OSAKAN HOT 100、今週のチャート

DoCoMo DoCoMo
FM802「OSAKAN HOT 100」で1位を獲得した楽曲のリスト。チャート予想と懐かしの楽曲検索にぜひご活用ください。
  1. LW:018090pt

    Apple MusicONE OK ROCK

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  2. LW:055110pt

    Apple Musicあいみょん

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  3. LW:024740pt

    Apple Musicsumika

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  4. LW:564460pt

    Apple MusicCardi B & ブルーノ・マーズ

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  5. LW:044440pt

    Apple MusicNulbarich

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  6. LW:064340pt

    Apple Musicアリアナ・グランデ

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  7. LW:103880pt

    Apple Musicルディメンタル

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  8. LW:153780pt

    Apple MusicKing Gnu

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  9. LW:123740pt

    Apple MusicEve

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]
  10. LW:053650pt

    Apple Music星野源

    OSAKAN HOT 100でのチャート推移はこちら[試聴できます]

ワンオク「Wasted Nights」が余裕のV2でした。さすがに正解率は上がるかなと思ってたんだが、まだ57%ですか。もうリクエストはsumikaでもいいけど、1位予想はワンオクにしろとあれほど書いたんですけどねえ。

今週のTOP10入りは3曲。4位にジャンプアップしたのはカーディBとブルーノマーズの再タッグ「Please Me」。ちなみに「Finesse(Remix)」は2週目で4620ポイントを獲得して3位。ほぼ同じような感じのペースですね。ここからどこまで伸ばしてくるでしょうか?

8位は「REQUESTAGE 2019」に出演するKING GNUの新曲が初のTOP10入り。よくブラックミュージックを軸にしたオルタナティブな曲調ということでSuchmosやCero、Nulbarich辺りと同列に語られることが多いらしいが、おいおい、全然違うだろうと。売れ線感バリバリのJ-POPといった感じ。さすがにドラマの主題歌になっているからでしょうか?

9位にはEveの「僕らまだアンダーグラウンド」がTOP10入り。おそらく今週でTOP10最後な感じです。

今週の11位から20位は?

さてウルフルズの新曲「リズムをとめるな」が83位→79位→77位と来て突如19位までジャンプアップ。これは2月20日に配信リリースされたということで全国でオンエアが急増。特にここ、大阪エリアではオンエアを稼ぎまくったということです。かつては「ええねん」の9週連続1位を始め面白いようにチャート上位に入りまくったウルフルズですが、最近はどちらかというとFM COCOLOの印象があります。この曲も「Got You Osaka」で初解禁されたわけですし。

今週、2019年2月27日発表のラジオ・オンエアチャート(集計期間:2019年2月18日〜2月24日プランテック調べ)では、ウルフルズ「リズムをとめるな」が1位を獲得。先週12位から一気に頂点へと上りつめた。

その他の楽曲は以下の通り。13位にはSEKAI NO OWARIのアルバム「Eye」からのリードトラック「LOVE SONG」が早速チャートイン。次週に向けかなり動きがありそうです。あとは和製SIAなMillet、今年のサマソニに出るZEDDが新たにTOP20入り。TOP10入りあると思ったback numberとガガ様が意外と伸びなかったですね。

RANK
Title
Artist
11位
HAPPY BIRTHDAY
back number
12位
アゲイン
WANIMA
13位
LOVE SONG
SEKAI NO OWARI
14位
thank u, next
Ariana Grande
15位
Shallow
Lady Gaga,Bradley Cooper
16位
Dance With Me
SHE’S
17位
ニガツノナミダ
クリープハイプ
18位
inside you
milet
19位
リズムをとめるな
ウルフルズ
20位
365
Zedd & Katy Perry

今週のNew Entry

現在「7 rings」が6位、「thank u, next」が14位と上位に入っているアリアナ・グランデですが、このアルバムから更にもう1曲がチャートイン。こちらは先述した2曲に次ぐアルバムからのシングル曲となっていて、収録順でも一番最後の曲になっています。「7 rings」が来て「thank u, next」が来て、ラストは「今の彼女と別れてよ、アタシ退屈よ」というまあすごい並びの濃いアルバムですね。

そのほかの楽曲は以下の通り。セカオワ同時リリースとなるもう一方のアルバム「Lip」からは「YOKOHAMA blues」が40位にランクインしております。

RANK
Title
Artist
36位
10時の方角
sumika
40位
YOKOHAMA blues
SEKAI NO OWARI
44位
Dumb Blonde
Avril Lavigne feat.Nicki Minaj
46位
Shade
iri
59位
Touch off
UVERworld
65位
美しく燃える森
VIVA LA J-ROCK ANTHEMS feat.TERU(GLAY)
70位
break up with your girlfriend, i’m bored
Ariana Grande
75位
雨のように泣いてやれ
NakamuraEmi
87位
Center Of The Earth
a flood of circle

今週のサヨナラHOT100

では今回は今週、OSAKAN HOT 100のチャートから姿を消した楽曲を紹介します。今週はチャートアウトしたのは10曲でした。

entrydate
Title
Artist
2019/02/03
遠い夜明け
スガシカオ
2019/02/10
Flame
Base Ball Bear
2019/01/20
からだ
岡崎体育
2019/01/20
草木
長谷川白紙
2019/01/20
一緒にいこう
GReeeeN
2018/10/28
予感
SUPER BEAVER
2018/12/30
Memories
DedachiKenta
2018/12/09
かわE
ヤバイTシャツ屋さん
2019/01/20
Love of History
EXILE
2019/01/06
万歳千唱
RADWIMPS

ワンオクを止めるのはセカオワか?

さて次週はワンオク「Wasted Nights」が依然8000ポイント越えをキープし1位を独走する中、待ったをかける曲が出るのかが焦点となりそうです。最有力だったあいみょんがポイントを落とし、sumikaは新曲の「10時の方角」にオンエアが切り替わったということでアルバムリリースまで逆転は厳しそうですね。あと4位急上昇の「Please Me」はオンエアで何とか持っていますが、デジタルセールスが「Finesse」ほどの伸びではなく、更にポイントを積みそうな曲にやられる可能性がありそうです。逆にデジタルセールスが高い「7 rings」や「Shallow」はポイントを上げるためにはもう少しオンエアの後押しが欲しいですね。

そんな中、アルバム「Eye」と「Lip」を同時リリースしたSEKAI NO OWARIは来週付からアルバムセールスのポイントが加算されます。オンエアはかなり伸ばしてくるはずなのでどこまでワンオクに迫れるか、あるいは逆転はあるのか?

また、8位のKING GNU「白日」にはデジタルセールスのポイントが次週から加算。これもポイントを伸ばしてきそうでTOP5入りなるでしょうか?そのほかには今週の返り咲きはならなかった11位のback number「HAPPY BIRTHDAY」の動きも不気味、デジタルセールスが総合1位の上、リリース週でオンエアが増していることを考えると…。などワンオク包囲網、逆転を狙う布陣が出来上がりつつあります。果たしてワンオクのV3は達成されるのか?