[FM802]OSAKAN HOT 100 ~2019/11/10付展望。COLDPLAY爆オンエアで上位進出? そして初の1位が見えた?あのバンドも

スポンサーリンク

OSAKAN HOT 100、2019/11/10付チャートの展望です。COLDPLAY爆オンエアで上位進出? そして初の1位が見えた?あのバンドも。これを見ると一目瞭然、ぜひご活用を。

どうもです。いやあ、寒すぎっす。おかげで心身ともに参ってる状態。そんな中で展望はいつも通り行いましょう。まずはチャートインしそうな楽曲をピックアップ。

今週チャートインしそうな曲

The 1975 – FRAIL STATE OF MIND

まずは先々週、10月25日にリリースとなったTHE 1975の「FRAIL STATE OF MIND」がオンエア数を12回と伸ばしており、TOP30辺りで入って来そうな感じ。来年2月リリースのアルバム「Notes on a Conditional Form」の4曲目に入る楽曲で先行配信第3弾となりますね。ハードロックな「People」から一転して、こちらはエレクトロポップの楽曲となっています。社交的になれない、不安を持った若者を歌った楽曲と言われています。サマソニではあれだけプッシュしてたわけですし、さてこの楽曲ではTOP20入りなるのでしょうか?

LIZZO – Good As Hell

これも10月25日だったかな、リリースされたリゾの新曲、というかリミックスですね。アリアナ・グランデが参加した「Good As Hell」。もともとはオリジナルアルバムではなく、アイス・キューブ主演の映画「バーバーショップ3」のサントラ用に制作された楽曲で、ポップ的な要素を取り入れたリゾにとってターニングポイントになった楽曲だとのこと。今年はアルバムはヒットするわ、シングルも全米1位になるわで一気にブレイクしましたが、この曲も上位に入ってくるのでしょうか?

Pentatonix – Pretender

さて10月25日にベストクリスマスアルバム「The Best of Pentatonix Christmas」をリリースしたばかりのアメリカの人気アカペラグループ・ペンタトニックスが、日本デビュー5年を記念したベストアルバムを11月13日にリリース。そこから先行で配信されているのが「Pretender」です。あの「Pretender」です。今年の年間チャートTOP3確実なあの曲です。グッバイ!な曲です。この曲をもろ日本語でカバーしています。日本語のうまさと最新ヒット曲をくまなくカバーする、人呼んで”人力NOWシリーズ”の実力のすばらしさをぜひ聴いてみては?ちなみにこの曲、デジタルセールスもいいので今後TOP10入りの可能性もあるかもしれない?

Dua Lipa – Don't Start Now

今後チャートをかなり上げてきそうなのが久々のデュアリパですね。今年はグラミーで最優秀新人賞も獲りましたし、春先にはBLACKPINKとのコラボナンバーも出したりしていましたが、満を持して11月1日に新曲をリリース。かなり踊れる曲になっていますね。デュアリパ=TOP20というイメージもあるだけに今後のチャートアクションが注目されます。

そのほかの注目曲

そうそう、セレーナ・ゴメスが「Lose You To Love Me」をリリースしたその次の日にまた新曲「Look At Her Now」をサプライズで出した結果、オンエアがこっちに流れるという事態になりました。「Lose You To Love Me」は評判がいいようでSpotifyの人気度数も97とか行ってましたからねえ。ちょっともったいないような気がします。

もったいないと言えばCOLDPLAYは今回のオンエア集計で「Orphans」がオンエア数を20回と倍以上に大きく伸ばしてきており、TOP5くらいまで上がって来そうな勢いです。ただ問題はデジタルセールスがさほどは伸びていないということと、11月4日に次の先行配信となっている「Everyday Life」がリリースされたことでオンエアが流れそうな感じになっているということ。ちなみにこの曲も”Sunset”サイドに収録されており、一人しっぽりと聴きたくなるバラード。朝一出かける前に聴いたのですがあまりの重さに気持ちが沈んでしまった…。これは夜聴いた方が断然よさそうですね。

そのほかチャートインしそうな曲以外では、マイケミが再始動するということで、このチャートでも1位を獲得した「WELCOME TO THE BLACK PARADE」にオンエアが集まっています。あと今月からJFL恒例のライブイベント「FOR THE NEXT」が始動するということで、そのテーマソングとなったAI「Baby You Can Cry」が今後オンエアをかなり伸ばしてくるでしょう。さすがに補正が入ってくるとは思いますが、11月にはアルバム「感謝!!!」もリリースされるので、そのセールスも加味するとかなり上位に入ってくる可能性が高いので、こちらも要注意です。

ということで、最後に集計対象となる先週1週間のオンエア数上位とデジタルセールス上位をまとめました。はっきり言います。あのバンド、初の1位大チャンスです。もう確実と言っていいかもしれません。あの「SNOW SOUND」現象が起きない限りは…。

10/28から11/3までのオンエア数

月をまたいでいるため、楽曲が途中で変わっていることに注意が必要です。

Title
今週
先週
Life Line / DEDACHIKENTA
35回
44回
Ain't Together / King Princess
29回
43回
あまりにも素敵な夜だから / [ALEXANDROS]
27回
21回
Orphans / COLDPLAY
20回
9回
10/10 / Rex Orange County
17回
3回
決戦前夜 / Sano ibuki
16回
2回
傘 / KING GNU
15回
16回
イエスタデイ / OFFICIAL髭男DISM
15回
11回
Baby You Can Cry / AI
15回
1回
Raspberry Lover / 秦 基博
12回
11回
FRAIL STATE OF MIND / The 1975
12回
5回
空の青さを知る人よ / あいみょん
11回
8回
Pretender / Pentatonix
11回
2回
続けるズのテーマ / ウルフルズ
9回
12回
Good As Hell / LIZZO
9回
2回
DANDAN / THE YELLOW MONKEY
8回
10回
Same Thing (feat.Superorganism) / 星野源
8回
9回
見っけ / スピッツ
8回
7回
Look Up / Nulbarich
7回
5回
Uneventful Days / BECK
6回
10回
CHEERS / Mrs. GREEN APPLE
6回
9回
Dance Monkey / TONES AND I
6回
7回
Memories / MAROON 5
6回
6回
かむかもしかもにどもかも! / MONO NO AWARE
6回
3回
WELCOME TO THE BLACK PARADE / MY CHEMICAL ROMANCE
6回
2回
Don't Start Now / Dua Lipa
6回
0回
STAR / 佐藤千亜妃
6回
0回
浪漫と算盤 LDN ver. / 椎名林檎と宇多田ヒカル
6回
0回

今週のデジタルセールス上位曲

デジタルセールス・総合(10/23~10/29)

RANK
Title
Artist
1位
馬と鹿
米津玄師
2位
#302
平井堅
3位
Pretender
Official髭男dism
4位
兵、走る
B'z
5位
Lemon
米津玄師
6位
unlasting
LiSA
7位
パプリカ
Foorin
8位
マリーゴールド
あいみょん
9位
白日
King Gnu
10位
イエスタデイ
Official髭男dism
11位
Funky Girl
DA PUMP
12位
宿命
Official髭男dism
13位
Q-vism
Who-ya Extended
14位
紅蓮華
LiSA
15位
Phantom Joke
UNISON SQUARE GARDEN
16位
星が降るユメ
藍井エイル
17位
残酷な天使のテーゼ
Toshl
18位
優しいあの子
スピッツ
19位
ECHO
Little Glee Monster
20位
TIT FOR TAT
MYTH & ROID

デジタルセールス・洋楽(10/23~10/29)

RANK
Title
Artist
1位
So What
P!nk
2位
I Want It That Way
Backstreet Boys
3位
Pretender
Pentatonix
4位
Shape of You
Ed Sheeran
5位
I Was Born To Love You
QUEEN
6位
HandClap
Fitz & The Tantrums
7位
Memories
Maroon 5
8位
Livin' on a prayer
Bon Jovi
9位
Lose You To Love Me
Selena Gomez
10位
2002
Anne-Marie

まとめ

11/10付TOP20想定

RANK
Title
Artist
1位
あまりにも素敵な夜だから
[ALEXANDROS]
2位
イエスタデイ
OFFICIAL髭男DISM
3位
King Gnu
4位
Orphans
Coldplay
5位
Raspberry Lover
秦 基博
6位
見っけ
スピッツ
7位
Same Thing (feat.Superorganism)
星野源
8位
空の青さを知る人よ
あいみょん
9位
Life Line
DEDACHIKENTA
10位
続けるズのテーマ
ウルフルズ
11位
フレア
SUPERFLY
12位
Memories
MAROON 5
13位
Ain't Together
King Princess
14位
CHEERS
Mrs. GREEN APPLE
15位
Dance Monkey
Tones and I
16位
Look Up
Nulbarich
17位
Uneventful Days
Beck
18位
DANDAN
THE YELLOW MONKEY
19位
FRAIL STATE OF MIND
The 1975
20位
Pretender
Pentatonix

はっきり言ってこれはもう[ALEXANDROS]で1位間違いないでしょう。デジタルセールスもアルバムセールスも入りませんが、オンエア数が今回27回と断トツなのでこれはもう取らせようとしているといっても過言ではないですね。ちなみにあいみょんの「空青」が2週目で6340pt、「真夏の夜~」も同じく2週目で6340ptですが、今回の[ALEXANDROS]はこの週間のオンエア推移がこれと同等かもしくはそれ以上になっているので6500ptは行くだろうと推測。KING GNUもヒゲダンもオンエアは安定して高いですし、ヒゲダンに至ってはデジタルとアルバムもまだ好調ですが、さすがにここから6500ptまで上げるのは厳しいでしょう。

逆に[ALEXANDROS]がこれで1位になれなかったらもうそれこそ抗議ものですよ。ねつ造ですよ。かの「SNOW SOUND急降下問題」の前科がある番組だけに、関係悪化につながりかねないですよ。

COLDPLAYの「Orphans」はオンエアだけで4位くらいまで行くと見ました。Maroon 5「Memories」を物差しに考えると、2週目のオンエアがMaroon 5が多く、かつデジタルセールスが入っていました。それで4500pt。なのでCOLDPLAYは4200ポイントくらいと見ると、スピッツと星野源が先週の4300ないし4600pt台からかなり下げそうなので、このポイントでも4位まで行けそうだと考えています。ただオンエアが安定している秦基博が4位になる可能性も十分考えられますね。

そのほかTOP10入りはウルフルズになりそうですね。レディクレ出演もありますし。

TOP20入りは先週エントリーしたBECKとイエモンが順当に2週目で入って来そう。あとはひねりました。オンエア的に先週入ってきてもおかしくなかったTHE 1975が2週目だったらこのオンエア数でどこまで上がるかという考え方をした結果、この位置に入れました。もう1曲はペンタトニックスの「Pretender」。これはデジタルセールス込みで考えてこの位置に。この先ダークホースになりそうな1曲でもあるので要注目。